2016年07月25日

競技規則改正でおきそうなこと

今回の競技規則の改正は量的にはかなりなものですが、改正の適用に関しては大会などにより時期の違いがあるので、しばらくの間は注意が必要ですね。

少年の大会などでは

競技規則:日本サッカー協会競技規則に準じる。 ・・・による。

とかで記載することが多いのですが。 地域・県・などの大会では現行2015/16 競技規則が当分の間は適用され、新競技規2016/2017は 217年4月以降となるようです。

しばらくは適用時期に注意が必要かもしれません。

念のためという意味では大会運営者は「この大会は2015/2106競技規則(改正前競技規則)に準じた競技規則」とかで明記しておくこともいいのではないでしょうか。


さて、表題の起きそうなことはいろいろあるんですが、単純な再開方法の間違いなどは多発するかもしれませんね。

さらに、いくつかの改正が関係して複雑化することもありそうです。

ではその一例:

今回の改正でペナルティ−キックの際にインプレーになる前にゴールキーパーがゴールラインから前方に動いた場合で、ゴールとならなかった場合は

従来はやり直し・・・だけでしたが。
今回からは競技規則で反スポーツ行為として「警告」が与えられることが明記されています。

試合中にまずPKの場面があり、GKが警告、もしくは上記の前方に動きPKのゴールを阻止した警告を処分を受けていたとします。GKが警告1の段階で試合が同点で終わり、ペナルティーマークからのキックが行われる場合が想定されます。

このPK戦 ペナルティーマークからのキックの時に再度、GKがインプレー前に動きゴールを阻止しとすれば、2枚目のY 警告で退場となることが考えられますよね。(?)

これは10条 試合の結果決定では・・・ 
ゴールキーパーの反則に関しては明記されていないので、10条の3 「他に規定されていない限り、競技規則の関係諸条項が適用される。」が関係し、・・・
JFAのQAに掲載されている「ペナルティーマークからのキックにおいてもキッカーが不正なフェイントを行った場合に得点は無効となり、警告が与えられる。」という扱いと同様のケ−スとして、GKの反則=警告とするという考え方ではないかと思われます。(再度確認は必要ですね)


さて上記の場合にもまた、改正された競技規則が絡んできます。仮にペナルティーマークからのキックの途中で2つ目の警告でGKであっても、キッカーであっても退場者がでた場合。さてどうしなければならなかったでしょうか?


従来はペナルティーマークからのキックは開始時どちらかのチームの競技者がもう一方のチームより少ない場合は、開始時に競技者の数が多いチームの競技者を減らし同数にするとなっており、上記のように開始後競技者の負傷、退場で一方のチームが少なくなってももう一方のチームのキックを行う競技者の数は減らさないとなってましたが・・・


今回の改正では数が減ったチームが優位になる可能性に言及し、・・

ペナルティーマークからのキックを行う前、または進行中に一方のチームが相手チームより多い場合は競技者の数を減らす。
になっていますね。 

ま逆ですからね。要注意です。

というように、一つの改正点だけでなく、その現象により他の改正された競技規則が関係してくるので、十分注意が必要ということですね。 適用前に十分頭の中に入れ、都度打合せとかしないといけませんね。 

今回取り上げた題材に関しては改正講習会など通じてまたいろいろ確認していきたいと思います。


posted by zutto4q at 18:02| Comment(0) | ルール改正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

競技者のフィールドへの復帰:ルール改正

今回のルール改訂で適用時期には色々と違いがあり、しばらくは混乱するかもしれませんね。 県サッカー協会でのこの競技規則改正に関して講習を行うので、来月にはそれを受講し、自チームや市協会レベルでの選手・指導者・4級審判への徹底を図ろうと考えています。

私など審判を行う競技会、リーグなどのは現在行われている試合はしばらく適用は先になると思いますが、新しいルールを既に頭の中に詰め込み始めると・「あれ? ドッチだったけ?}となることが発生してきてます。

先日の試合でも、競技者が負傷でのフィールドからの出入りと、用具の不備での出入りで瞬間  「新ルール」がよぎってしまいました。改訂前のルールでは 負傷者のフィールドへの復帰は主審の承認を得ることで「インプレー中」でもフィールドへの復帰が許されていました。

 ・インプレー中はタッチラインからのみの復帰
 ・アウトオブプレーの時はいづれの境界線からであっても復帰が可能

ですので、負傷者がゴールラインからフィールドから離れた場合、治療後などに早く復帰したい時は、タッチラインに移動して、インプレー中でも「主審の承認」を得てタッチラインから復帰していましたね。

その一方、用具の不備でフィールドを離れるように指示された競技者は 用具が正された事を確認し、承認された後、「アウトオブプレー」の時にフィールドへの復帰が認められる。   が >>>>>これが改正されました。

負傷者と同様の扱いになったのです。ですから新ルール改正後にはインプレー中でもフィールドへの復帰ができるということなのです。

先日は この改訂が頭にあり、用具を正すためにフィールドを出た選手が復帰する際に・・・あれ「インプレーでも??」違う違う!!まだ、変わっていないや。となった場面がありました。

たぶん、新ルールの適用試合がまだないので混乱はしてませんが、カテゴリーや 全国・地域・県などの試合で同時期に「新ルール」「改正前ルール」が混在していいる時期などは今回例に出したような改正内容は、混同してしまう可能がるので、気をつけなければならなと感じた次第です。・・・試合前打合せでも再確認が必要ですね。

なお 日本協会の解説では

用具の交換等のために主審の承認を得てフィールドの外へ出た競技者は、ボールがアウトオブプレーにならなければフィールド内へ復帰できないとしていたが、今回の改正により、負傷者のフィールドへの復帰と同様に、ボールがインプレー中であってもフィールドへ復帰できることが明確になった。これにより、副審や第4の審判員による用具等の確認が行われ、ボールインプレー中であっても主審の承認があればフィールドへ復帰できることになる。


となってますが。
負傷者のフィールドへの復帰と同様にとなってますので。
前出のように

 ・インプレー中はタッチラインからのみの復帰
 ・アウトオブプレーの時はいづれの境界線からであっても復帰が可能 となる扱いに。

ゴールラインからは負傷者同様・インプレー中は復帰出来ないということを・・・・しっかり覚えておこう。


bannar04_1_s.jpg

posted by zutto4q at 11:44| Comment(4) | ルール改正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner_3.jpg
情熱FX大陸