2017年04月24日

キックオフのハーフウェイライン越え

先日 「3級審判」さんからコメントいただた内容を題材にして記事を書きたいと思います。

いつも拝見させていただいております。
新ルールのキックオフについて疑問があり質問させてください。
キックオフ時どの方向に蹴ってもOKとなりましたが、後方へ蹴る場合、物理的にはハーフウェイラインを越えて足を振らなければ後方へ蹴り出すのは難しいと思います。ルール上インプレーになるまでハーフウェイラインを越えてはダメですし、問題無いプレーなのは分かっていても、なんだかスッキリしません。片足がラインに掛かっていればOKという意見もありますが、そうなれば他の選手もOKになってしまいますし。自分の見解としては、ハーフウェイラインを越えて地面に体の一部が付いているのはNGで、空中でラインを超えているのはOK。蹴り足がラインを超えていても、軸足がラインを越えていなければ、ボールを蹴る(インプレーになる)瞬間は空中でのみラインを超えている状態なのでOK。この考えだと他の競技者の件も説明がつきます。頭などが空中で超えていても足がラインを超えていなければOK。空中ならばOKというのが自信ありませんが。。。
分かり難い説明で申し訳ありませんが、回答お願いします。
これからも楽しみに拝見させて頂きます。

というコメントでした。

このご質問への応えの前提になるのは「ハーフウェイライン」の扱いがポイントだと思いました。

昨年の競技規則改正で
オフサイド 11.1に明記さてたことを考慮に入れる必要があると思い、コメントを書いたのですが、重要なハーフウェイラインの扱いに関して「誤審」(テレ笑)が一部あったので、改めて記事にいたしました。

追加コメントで 保護者3級さんから

ハーフウェイラインの件ですが、
対比表には、
「日本協会の解説
基本的にハーフウェーラインは、それぞれ相手または自分のハーフに含まれると解釈される。ただし、オフサイドの判断をする場合に限り、どちらのハーフにも含まれない(中立)と解釈する。」
となっています。

というコメントをいただきました。有難うございます。

キックオフはまず、すべての競技者が自分のハーフ内にいなければならない。とう前提があるので「ハーフウェイラインは」どうなの? ということに対してこのコメントです。

「ハーフウェイラインはオフサイドの判断する場合に限りどちらのハーフにも含めまれない。」

それ以外の「基本的には」で・・・相手のハーフでもあり、自分のハーフでもあると解釈される。と解説されています。

キックオフの時はまず、自分のハーフにいなければならない。ハーフウェイラインを踏んでいる事自体は問題ないのですが、ハーフウェイラインを越えてしまうことは認められないということになります。
これを前提に記事を展開していきましょう。



そもそもキックオフを前方に明らかに動かさなければならなかった旧ルールの時、二人以上の競技者がサークルに入り、前方に蹴られたボールをもう一人の競技者がバックパスをしようとしたボールを受ける時、この競技者があきらかにハイウェイラインを越えて位置していることが多かったので


・・・改正時の 競技規則の比較解説ではキックオフの際にボールをいずれの方向にも動かせることになり、攻撃側競技者がボールを受けるために相手競技者のハーフにいるという競技規則で認められない行為を抑制できる。


と記載されいました。キックオフが一人で行えることを想定したのではなく、あくまで前方に蹴らなくてよくなったとの解釈で(二人でキックオフする。ボールを引きインプレーにして、もう一人がバックパス)相手ハーフ内に入らない事を期待した改正だと判断できます。


しかしながら、この意図どうりにはならず、今度は一人の競技者が最初から後方に蹴る意図でハーフェイラインを越えてしまう事をどう捉えるかという問題が出てきたということですね。


これは先程 この記事の前提のハーフウェイラインの扱い方で書いたように、オフサイドの判断以外の基本ではハーフウェイラインは相手のハーフであり、自分のハーフでもあるということであれば・・・。


キックオフをする場合もハーフウェイラインを越えない限りはラインを踏んでいいてもいいということになりますね。


JFAの競技規則改正の解説ビデオでは、キッカーがハーフウェイラインを半分程踏んでいますが・・・ボールを後ろに引いてキックオフするようなプレーをしています。やはりは ハーフウェイラインは超えてはいません。


それと、センターマークに置かれ静止したボールを蹴る場合にはいづれにしても、ハーフェイラインの空間上は足が超えるのはよくあることなので・・・これらも、「正しくキックオフ行う」から逸脱しているかというと全く問題の無いことだと判断できるはずです。


そもそもどの方向に蹴ってもいいのですから前に蹴れば問題はないのですが、ほとんどが後方に蹴られるので、実際には明らかに相手ハーフ内に入ってのキックオフでなければ、認めているのが現状だと思います。


インプレー以前、キックオフの合図の前に、ハーフウェイラインを超えているようであれば注意はした方がいいと思います。明らかに相手ハーフにいることを認めるわけにはいかないと思います。


キックオフ合図の後、自分のハーフ内にいた競技者が体を反転した時などに、一時的、部分的に相手のハーフに入ってしまうことはあると思いますが、著しく&明らかにでなければ、キックオフのやり直しをさせなくてもいいのではと思います。レフリーの裁量範囲ではないでしょうか。


JW杯予選などでもハーフウェイラインはもとよりサークルも踏んでいているケースは多々ありますが、原則どうりやり直しさせるかというとほとんど問題にしない感じです。(インプレー前によほど相手ハーフに入った場合などを除き)本来はNGですが・・・ということですね。 



このキックオフに関連して、昨日の中学生の試合で・・・

キックオフ時一人の選手が、ボールを引いてキックオフ、そしてすぐにそのボールに触れてバックパス。


「ピッツー」その段階で



 他の競技者が触れる前に再びボールに触れるで・・・相手チームに間接フリーキックが。


今回の改正で前方に蹴らなくてよくなったことから、従来(前方に)の正しくキックオフが行われなかった場合のやり直しではなく、「後ろに蹴っても」インプレーになることから、すぐに同じ競技者がボールに触れた場合は相手チームに関節フリーキックとなります。やり直しではありませんので、くれぐれもご注意を。



競技者もまだ、十分な理解が出来ていない段階ですので、主審としては 「正しいキックオフ」を伝えていく役割もあると思います。

posted by zutto4q at 16:02| Comment(3) | 競技規則に書いてある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

サッカー 審判「笛」の選び方

今回はブログタイトルのとおりの「笛」の話をしましょう。

新規でサッカー4級審判の資格を取得すると、競技規則の他にJFAからレフリーグッズが届けられますが、その中に試合に使う大切な「笛」があります。

公式戦から練習試合、ミニゲームまで、使用頻度がもっとも多いのがこの「笛」で、重要アイテムです。
このブログの右のサイドバーにも「笛」のバナーが色々貼ってありますが・・・

さて、どの笛がいいのか笛選びで参考になるような記事を紹介しましょう。

先程のJFAから送られていくる「笛」はプラスチックに中にコルク玉が入ったものだとおもいます。
よほど、強く吹かないと「いい音」がでる構造にはなっていません。価格も実質200円程度
そこで、

もう少し「いい音」のでる笛はないか?
上級審判やJのレフリーのいい音の「笛」は何?

ということになるかと。

まず、代表的なレフリーホイッスルはというと

molten製の「バルキーン」
IMG_5600.jpg

写真左の黒とシルバーの笛です。

価格は4000円程度かと(ホルダーとかついてると申込しアップ)

Jリーグ審判 西村裕一さんW杯ブラジルの前に、モルテン社が共同開発したモデルです。
コルクではなく二つの細い溝が空気を震動させ、高周波数の音と低周波数の音がミックスして出ます。
比較的軽く吹いても、かすれる様なことはありません。「ピー」というより「ビー」の方がイメージかもしれません。

ですから、笛の強弱「ファウルの質」「キックオフ」「プレー再開」「懲戒罰」のケースで吹き分けられるようになってます。

いい音がでるので、やたら強く吹くと、少しうるさすぎるかと思います。
価格帯も少し高価な部類なので、4種の試合での審判が使われるのでは少し悩みどころですね。
お薦めという点で「中」ですかね。

(写真右はmolten社 チタン製で中はコルク 10000円くらいしました。 試合の前のセレモニーなどの時に使っています。試合中の使う笛はバルキーの時)

さて次の写真は
IMG_5601.jpg

一番左が ドルフィンF で 一番右が ドルフィンプロKPマウスグリップ付き
私が通常使っているのは 右のドルフィンプロマウスグリップ付きです。

モルテンのドルフィンシリーズにはこの他にも
マウスグリップのない ドルフィンプロがあります。音の高さが若干違うように感じます。
マウスグリップ付きのKPと、溝の幅が若干違うように感じます。

音の高さの順で言うと ドルフィンF → ドルフィンプロ → ドルフィンプロKP
という感じです。 

価格はどのモデルもあまり変わらなくて、だいたい2000円前後かと


ドルフィンプロKPマウスグリップ付きは 「ビー」っていう野太い音で、
バルキーンより少し低めの音ですがバルキーンにちょっと似た感じの「響き」があります。

それと比較するとマウスグリップのないドルフィンプロはその「響き」がなく、強く吹かないと「ボー」っていう
ちょっとにぶい感じで間が抜けた音や「ピー」と響きのない音がでてしまったりします。

歯でしっかりホールドし、スタッカート的に吹かないと間が抜けた音が出る傾向にあります。
吹き方も事もあり、マウスグリップ付きの ドルフィンプロKPはお薦めです。
マウスグリップがあるので、歯でしっかりホーロドできるのがさらに「いい音」に関係しているかと思います。

最後に中央下のがこれもモルテン社の FOX40マウスグリップです。
これは上記3種のドルフィンシリーズより、高い音です。響きという点では「ビー」っていうイメージはなく
「ピーッ」と鋭い、 細め、高めという音です。

少年の試合などで隣接するフィールドで試合が行われる時に、隣のレフリーがドルフィンやバルキーンを使用している時など、
音色の傾向の違うこのFOX40を使用することがあります。
このシリーズにもマウスグリップのないものがありますが、やはりお薦めはマウスグリップ付きです。
これも価格はドルフィンと同様の2000円程度。

予備の笛をもっておくときなどにはお薦めです。

全体的ににみて、4種類のホイッスルでは少年の試合などでお薦めなのは、価格面なども考えると、やはり・・・

ドルフィンプロKPマウスグリップ付き が一押しです。 参考にしてください。



molten(モルテン)【WDFPKPBK】ドルフィンプロKP 各種審判員用ホイッスル

molten(モルテン) レフェリーグッズ ホイッスル ドルフィンプロKP シルバー WDFPKPSL

新品価格
¥1,512から
(2017/4/19 12:15時点)

posted by zutto4q at 12:05| Comment(5) | 初歩的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    情熱FX大陸