2012年01月29日

ファウル、警告・退場の境目


昨日、わがチームが参加させていただいた5年生の招待試合で、
そのレフリーで、イエローカードを2度提示しました。

河川敷のグランドが霜で凍っており、それが溶けて、午前中の試合はどろどろ。
それに加えて、かなり激しいスタイルのチームどうしの一戦で、
試合が荒れ気味になろうという感じで、過度な危険な状況になってしまう前に
早めにイエローカードを出しました。
・・・・後半は疲れもあるのでしょうが、試合は多少落ち着いて、荒れた感じは少なくなりました。

イエローを出す基準、タイミング、一応それに沿って対応での出来事です。

たとえば、ドリブルしている競技者に足をかけて、倒してしまうタックル。
これは直接フリーキックとなるファウルです。

このファウルに関して、通常の直接FK。警告、退場との違いは
どこに境目があるのでしょうか?

警告はではない場合はファウルが不用意に行われたとされる時です。
ボールにタックルにいったが足をかけてしまった。
そういうときは直接FKのファウルはとりますが、警告は出しません。

このタックルがボールから明らかに離れた足に対して、「無謀に」に足をかけて
(無謀とは相手の危険をかえりみずにということとされている)
倒してしまった場合にはこれは反スポーツ的行為として「警告」・・・イエローカードです。

さらに、このタックルが過剰な力で行われたとした場合には
「著しく不正なファウル」として 「退場」・・・レッドカードとなります。

タックル意外にも7つの直接FKになるファウルに関していづれの場合も、
(ける、つまずかせる、飛びかかる、チャージする、打つ、押す、タックル)

不用意に ⇒ ファウル
無謀に  ⇒  警告
過剰な力で ⇒  退場

という判断基準が必要となります。

少年の試合でも高学年で、白熱した試合の場合などですと、直接FKのうちの
かなりの割合が、「無謀」に行われる 「警告」の対象となるファウルとなります。

相手競技者を抑える直接FKのファウルは、無謀かどうかは関係なく、
相手競技者をボールから遠ざける、ボールへ向かうの妨げる、といった行為であれば、
反スポーツ的な行為で、警告となります。

ですから、ゴールに向かう、相手のユニフォームをつかんで抑えてしまう場合は
これは直接FKだけでなく、戦術的な(得点への危険を回避する)という目的での
「反スポーツ的な行為」で警告となり・・・イエローカードが示されなければなりません。

直接FKとなるファウルで警告となる可能性が高いプレーは次のような状況があります。
(反スポーツ的な行為に対する警告)
■ヘディングでジャンプしている競技者を後ろから強く押す。
■ドリブルをしている競技者を明らかに倒す目的で強くチャージする。
■ジャンピングアット・・・相手にとびかかり、膝げり状態など

(後ろからなど過剰な力であれば、退場となります。)
■ドリブルをしている競技者のユニフォームをつかみ進行を妨げる。

イエロー、レッドカードは審判の権威を示すための道具ではありません。
警告・退場はルールに決められていることを適応するということも大事ですが、
少年サッカーの場合は、競技者が危険な状況にならないような試合コントールをする。
このことを最優先で対応する必要があると思います。

こども達をサッカーの危険から守る。 少年サッカーの審判の重要な役割でもあります。

[アディダス]adidas performance RefereeEliteX ADP3076 ユニセックス 【正規輸入品】




審判目線 面白くてクセになるサッカー観戦術




レフェリー 知られざるサッカーの舞台裏 [DVD]



posted by zutto4q at 16:42| Comment(3) | 警告・退場など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

キックオフ:笛・時計どちらが先


審判のタイマー、時計のことについて。

練習試合などでは時計は左手ひとつでしてしまうことが多いですが、試合、公式戦ですと、2個つけます。
ひとつはランニングタイムを計るもので、途中、空費された時間があっても、止めずにそのままです。もうひとつは、負傷者への対応やその他で空位された時間(飲水タイム)などがあった場合に止める時計。
少年の試合で20分Hであれば、ランニングタイムの時計が20分になった段階で、もうひとつの時計が示すのがいわゆる「アディショナルタイム」 つい、「ロスタイム」とか言ってしまいますが、正式には追加される時間・・・「アディショナルタイム」です。 第4審判がいる場合にはその時間を前後半終了の1分程度前に、合図して伝えます。(少年の試合ではあまりしませんが)

さて、タイトルの、キックオフの時の時計

キックオフの時、笛を吹いてから時計押すのか、
時計を押して、笛を吹くのか。

人によると笛 ⇒ 蹴る(インプレー) ⇒時計 および 笛 ⇒ 時計
という人もいますが。 何か一理あるような。でも違うような。

私は時計を二つとも、先に押し、動いていることを確認し、笛を吹きます。
それはキックオフの、インプレーを注視するためです。
笛のあとに時計をスタートだと、時計に目をやり、視線をプレーからはずしてしまうことになります。


上級審判やJリーグの試合など見てるとわかると思います。 時計 ⇒ 笛 です。
Jなどですと4審と時計のスタートを確認した後、キックオフのホイッスルを吹きます。

我チーム2級のY君も言ってました。3級時代にインストラクターから指摘されたようです。
理由はやはり、インプレー時に視線をはずさないことが重要だからということ。

時計をスタートし、笛の後、インプレーにすぐにならない場合がありますが、そのくらいの多少の時間はタイマーの終了の合図があった後にちょこっと追加すればいいこと。(前にボールをけらなかったり、競技者がインプレー前にハーフウェイラインを越えた。など)
あえてまた、時計を止め、視線をはずすことはありません。
サッカーの場合、そういう意味では時間管理は少しアバウト。ということですかね。

ゴールやゴールネット、ラインカー、コーン・マーカー、などのサッカーチーム用品。


レフリーウェア ホイッスル フラッグなどレフリーグッズ


レフェリング -Lows of the game- [DVD]





レフェリー 知られざるサッカーの舞台裏 [DVD]


posted by zutto4q at 07:46| Comment(1) | 審判のやり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    情熱FX大陸