2012年04月29日

主審の所作とポジション、今日の日記


今日市内、6年生のリーグ戦。

チームの審判リーダーというより、今や地域を超え、活動する2級 Y 君が一緒。
1試合目は、わがチームが主審と 1St 副審。
大方の2級主審で 4級副審という常識を超え???? 

逆で私が主審で Y が副審。 実際はあまりないコンビでやりましたが、
息はやはりあってましたよ。

試合自体もあまり難しい試合でもなく、ごくごく普通に。
Y君によれば、ジャッジ自体も、「グッド」との評価で、「ありがとう・・・」

でもちょっとした所作でアドバイスが・・・・
私は結構、手の上げ方や・・・たとえば間接の時の片手をあげる事とかいつも意識して
真っすぐ、耳に手が当たるようにぐらいしてやっていたのですが。

ゴールキックの時の腕の角度は斜めちょっと下に向けゴールエリアを指す。
これは前にも、コーナーキックとの違いなど含め、書いていますが、
自分でもちょっと気付かない、所作の間違いが・・・・

「腕の角度はいいのですが、手首が曲がり少し上を向いている。」
・・・・・んん、コマケエ・・・・確かにちょっと気付かないうちに癖になっていたようだ。

こんなこと・・・・どうでもいいようだが、実は一事が万時。
なかなか、副審からアドバイスをいただくことが少ない今日この頃なので。
頂きました。ご忠告。

それともうひとつ。これは大事なポジション
少年の試合ばかり、やっていることからかもしれないが、
ゴールキックの時の、位置。
少年の試合だと、どうしても、ゴールキックがハーフウェイまで飛ばない。
だから、ペナルティーエリアから10m程度のエリアの、比較的近い位置に居がちに。
私も、次のプレーの争点を予測して、ポジションをとっているつもりでいたが。
これも、本来だと、ハーフウェイライン近くまで一回下がりそして、キックのサイドにより、
の争点となるポジションを予測して、監視する位置にいる。・・・これが基本。

でも、今回のように、副審を上級にやってもらい、4級が主審をする。
たまにこういうふうに、上級に副審をやってもらうことも。いいなと思った次第で。
4級にはイントラクターとかいないしね。

Y君には悪いけど、これからも、他チームの時などでも、主審だけでなく、
そういう審判シフトで勉強させてもらうといいのではと思った次第で。

今日の試合でのわがチームの試合で。開始5分で、相手がディフエンスを突破し、
キーパーと 1対1に それもまっすぐ、ゴールに向かっている。
キーパーがペナルエィエリアでチャージし、倒す。
20年近い経験の主審の方・・・・ PK 。
これ当たり前。 でも、 「決定的得点の機会の阻止」を適用せず。カードなし。
こちらは助かりましたが・・・・・ 
ディフェンスが抜かれ、追いかけてはいましたが。完全にこれは「決定的得点の機会」。
まだディフェンスを抜き切ってなく、決定的な得点の機会でないと判断すれば
セーフ・・・なのですが。今回はアウトだったと思います。

少年の試合でも・・・・これは、ルールですからね。 
(ちなみに私は、1対1で、抜けた瞬間などは、こういうことが起きることを予測します。
決定的な機会となる、競技者がゴールに向かっているか。いないか。など。)

ね。だからサッカー 審判、難しいし、奥が深いのですね。・・・・
posted by zutto4q at 15:46| Comment(2) | 審判のやり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

間違いやすいオフサイドのジャッジ

間違いやすいジャッジ オフサイドがやはり多いですね。


オフサイドポジションに攻撃側、競技者がいて、近くをボールを持った競技者がドリブルをしている。
このケースでボールがパスとは言えないがちょっとドリブルのタッチが長く、ボールがオフサイドポジションの競技者の方向に。

オフサイドポジションにいる競技者はボールに触れないでいる。ドリブルをした競技者が再びボールをタッチ。そのままドリブルとなったが、サイドから見ていた副審は一見して、オフサイドポジションにいる競技者へのパスとして判断し、オフサイドのフラッグを挙げた。


もちろんこれは微妙な部分はありますが、オフサイドにはなりません。

こういう状況ではすぐに旗をあげないこと、確実にオフサイドポジションにいる競技者がプレーに干渉する(ボールに触れる)、オフサイドの違反となるまでは待つことが必要。

オフサイドポジションにいる競技者が、守備側の競技者の動きを邪魔したりする、「相手競技者に干渉する」がない限りはこのプレーは

単なるドリブルをした競技者が、オフサイドポジションにいた見方競技者の近くを通過した



少年サッカーでは結構頻繁に起きる現象です。

得点のチャンスへの場面から、・・・反対にオフサイド。ってならないようにね。
先日も練習のときのミニゲームでこのプレーがありました。 主審はパスと見てオフサイド。
でも実は違うですね。

やはりオフサイドの判断はゆっくり、よく見て。
ウェイトアンドシーは必須です。・・・待って、良く見て。
ゴールやゴールネット、ラインカー、コーン・マーカー、などのサッカーチーム用品。


レフリーウェア ホイッスル フラッグなどレフリーグッズ


レフェリング -Lows of the game- [DVD]





レフェリー 知られざるサッカーの舞台裏 [DVD]


posted by zutto4q at 15:52| Comment(3) | オフサイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    情熱FX大陸