2012年08月20日

PK戦での審判のポジション

PK戦・・・これは正式には「ペナルティーマークからのキック」といいます。
試合中の「ペナルティキック」とは区別されているおり、それは審判のポジションも同様です。
以前のエントリーにも書いてますが、改めて復習のつもりで。

昨日も我がチーム主催の4年生の大会がありましたが、予選リーグから、勝ち点差が出るように
PK戦を実施しましたので、結構な数の試合で「ペナルティーマークからのキック」を行いました。
(10試合くらいあったかな)

主審で正しいポジションにいたの私以外、皆無で、正しい位置にはどなたも全くいませんでした。
副審の方で正しい位置にいた方は約2割。 微妙にみなさん、ズレていました。

下の図は競技規則のイラストです。 ガイドラインにも6条「副審」の位置で記載されています。
「ペナルティーキック」とは異なり、監視する対象が違うので、そのポジションも変わるのです。

PK.png

主審はゴールエリアの左の角。 
・・・・ペナルティーマークの横でペナルティエイリアの真ん中くらいの方が多い。

副審はゴールラインとゴールエリアの境界線との交点。
・・・・これも多くがペナルティーエリアとの交点にいるかか中間的な位置にいる方が非常に多い。

もうひとつ、キッカー側のゴールキーパーの位置も注意です。
ゴールラインとペナルティーエリアの境界線の交点(試合中のペナルティーキックの副審の位置です)とされてますが。正確にはペナルティーエリアの外であること。
(エリア内で待機させてしまわないこと)

ほとんどの方が定められてた場所より、遠くでPK戦を監視しているのが実態です。
副審の監視内容はゴールキーパーがキゴールライン上に正しくいるか?
ボールがゴールラインを越えたかどうかに限定されたいますので、前出の位置が合理的なのです。
なお、よく、ボールがゴールを越えた時に、フラッグを振る方がいますが、必要ありません。
明らかな時はアイコンタクトだけでOKなのです。 ウムウムと。

主審はキッカーがボールを正しくペナルティーマークにセットしたか。
ボールをキックする際にキックを行う一連の動きの終了後に認めらていないフェイントをしていないか?
を監視します。やはり、ボールがゴールラインを越えたとき都度、笛を吹く必要はありません。

まだまだ、夏休み中で、来週なども、試合でPK戦が行われるとが多いのでぜひ注意してください。
主審の方は、副審の位置、GKの位置など、間違っていたら、PK戦を始めるときに指示した方がいいでしょう。

UMBRO(アンブロ) L/S レフリーシャツ


posted by zutto4q at 11:12| Comment(4) | 競技規則に書いてある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月15日

注意と警告

注意と警告

試合を通して、主審が試合コントロールするのに重要なコミュニケーションがあります。それは、競技者に対する、適切な「注意」です。
警告を出すほどでもないが、微妙なプレーに関しては、注意を与えています。

少年の場合で特に、4球審判ですと、ファウルを取ることに精一杯で、その後の再開に専念しがちですが、警告とも取れるプレーに関しては、競技者に明確に注意すべきでしょう。競技者を呼び、次に同様のプレーがあった場合は警告となる事を告げます。競技者の集団から少し離し、注意が誰に与えられているかもはっきりさせた方がいいでしょう。
扱いとしては、まあ、イエローカード、0.5枚というところでしょうね。

警告の多くが反スポーツ的行為ですが、それ以外でも結構あります。
最近の1、2試合でも、私が警告もしくは警告に近い、注意を与えたケースをあげましょう。

キックオフの時に、インプレーになる前に笛が鳴った後、すぐに相手フィールドに入った競技者がいました。一度であれば、軽い注意。でもその後も、二度ほどやはり同様のプレーがあり、都度、注意しやり直し。そして、軽い手を使ったファウルなども、同じ競技者が。
前半終了時にその競技者に軽いファウルが多い、気をつるようにと注意。
そして、後半、そのチームが早々得点後のキックオフオフの時に、また、インプレー前に相手フィールドに。
ピッー。
プレーを停止し、警告のイエローカードを提示する。
…………キックオフで相手フィールドに入っただけで「警告」
ひょっとするとそういう見方をする人もいるかもそれませんが、解っている人は解っていますね。

これは「繰り返し競技規則に違反する」を適用したものです。
インプレー前に相手フィールドに入る違反に加え、手を使ったファウルなど、他の協議規則の違反も、同じ競技者が繰り返したことで、繰り返し協議規則に違反するということで、「警告」となります。

また、遅延行為も、プレーの再開を遅らせるという警告となるプレーです
これはゴールキックや、フリーキック、コーナーキックなどの再開時だけではありません。

この前の富士山の大会で、警告は出しませんでしたが、ギリギリのプレーとして注意を与えたケースは、オフサイドで、試合が停止された後もそのまま、プレーを続け、相手ゴールにシュート。
私の停止の笛は相当の大きさの音量で、聞こえないはずはまずありません。
(音が大きくて、となりのフィールドの試合が止まるほどです。(^^;;

これもプレーの再開を遅らせる行為となります。この時は「警告」と思いましたが、蹴った距離、ロスした時間から鑑み、「場合によると警告となるよ。注意しなさい。」
と警告は出さず、注意止まりに。

上記のような時も、あえて、笛をピピピーと吹き、競技者を呼び、注意します。プレーした当事者への注意を、まわりから見ても、よくないプレーだと解らせるためです。

警告を出さなければ、注意もせずに、何もなかった事に。
それは競技者にとっても、審判にとっても、あまりいいことではありません。
「適切な注意」は試合コントロールでも重要なポイントです。
posted by zutto4q at 09:43| Comment(0) | 反則に対するジャッジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    情熱FX大陸