2013年09月27日

競技規則:オフサイドの解釈

今年の6月にオフサイドの競技規則の改正、その解釈が示されました。

オフサイドはオフサイドポジションにいる競技者が(オフサイドポジションについてはここでは解説しません)下記のいづれかのプレーにかかわった時に罰せられます。

・プレーに干渉する。
・相手競技者に干渉する。
・その位置にいることによって利益を得る。

この中で今回 競技規則で 「相手競技者に干渉する」「その位置にいることによって利益を得る」の解釈が新たな文章追加、修正されました。

相手競技者に干渉するは 従来の表現は視線を遮るは理解しやすいのですが、「しぐさや動きで相手競技者を惑わす、混乱させる」などはちょっと曖昧な表現で具体的な状況としては解りにくいものでした。
今回はそれが・・・相手競技者の視線を遮る、 またはボールへ向かう相手競技者にチャレンジすることによって、相手競技者がボールをプレーするまたはプレーする可能性を妨げることを意味する。
と明記されました。
ですので、オフサイドポジションにいて、プレーに干渉する前に相手競技者と競り合いながらボールに向かう段階で、「相手競技者に干渉する」という状況になったと明確化されました。

また、もっと大きな改正となるのが、
「その位置にいることによって利益を得る」です。

ゴールポストやクロスバーから跳ね返ったボールをオフサイドポジションにいる競技者がプレーする。
相手競技者が意図的にセーブしてはね返ったボールをオフサイドポジションにいる競技者がプレーする。 これらは今までの解釈とほぼ同じです。オフサイドポジションにいて、GKがセーブしてはね返ったボールをプレーすればオフサイドになります。
これに加え、解釈が追加されました。
相手競技者が意図的にプレーした(意図的なセーブは除く)ボールをオフサイドポジションにいる競技者が受けたとしてもその位置にいることによって利益を得たとは判断しない。つまりオフサイドとはならない。と解釈が加えられました。

これはディフェンスがクリアしようとしたキックやヘディングがたとえ思いどおりの結果にならないとしてというのが協会の解説でされています。 クリアのためのキックやヘディングが「意図的にプレーした」ということであり、そのボールがオフサイドポジションにいる方向に行きプレーしてもという事になります。・・・・従来で言えば、意図的ににゴールキーパーにバックパスしたボールをオフサイドポジションにいた競技者がプレーをすることがオフサイドとならなかったのと同じ解釈ではと思われます。
あくまで「意図的にプレーした」がポイントです。 ですので、攻撃側競技者のパスが守備側の競技者に触れただけではやはりオフサイドとなります。「意図的にプレーした」ことにはならないからです。

・・・・実際の競技者ではクリアのための「ヘディング」を意図的にプレーして、それが思いどおりにいかず、ボールが後ろにいくようなケースが圧倒的に増えてくると思います。
プロの試合よりも、アマチュア、特に少年やJrユースなどでは起こる可能性の多いプレーになるでしょうね。
JFAのサイトにも動画で解説されています。
http://www.jfa.or.jp/match/topics/2013/78.html

(アディダス)adidas レフリー ベーシックジャージーS/S




(アディダス)adidas レフリー ベーシックショーツ



posted by zutto4q at 12:16| Comment(15) | オフサイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    情熱FX大陸