2014年05月19日

審判もコーチングも 子供は見てます。

昨日は全日本の神奈川予選で、会場担当として、準決勝、決勝の3試合を運営しました。
試合の内容はやはり準決勝以上になると、いいチームがそろってましたが、残念なのは「審判」
本部としてで4thではなかったので、決勝の試合の審判をされた方には試合終了後にちょっとだけ今後に生かしていただくためにご忠告しました。

◇まずは試合前から
打ち合わせをしている方がほとんどいない。ちゃんとやりましょね
試合前に試合ボールのチェックをしない。第2条に適用させるのですね。 
審判自らの装身具。指輪をされている方が数名。毎試合、当然のこととして気をつける。

◇そして大事な試合のコントロール ジャッジでは
手のファウル、ホールディング プッッシングがほとんどとれない。
ファウルを取らなかったが為に、試合を決めた得点のシーンを審判が作ってしまった。
競り合い時に背中を肩でチャージする。レフリーが競技者と「串刺し」で見えてない事が多い。
これはポジションの問題もありますが、副審とレフリーチームとして機能してないからです。
真横から見えている副審がサポートしてあげれすむことです。そもそもサポートの意識が希薄ですね。
スロワーの交代時に交代する競技者がフィールドに入らなまま、スローインをした。それを意識してない。
ベンチがジャッジに関する不満、双方のチームが相手のファウルには敏感になってる。
自分のチームの子供たちもファウルがたくさん。それでレフリーに異議。
ファウルの基準をしっかり持たない為に、試合もベンチコントロールもダッジロール状態に。
副審はベンチが騒ぎだしているのを注意しない。・そもそもその役割の認識がないのでしょうが。
この状態で再三のさし違い。なおさら、審判団に帯する不満が拡大。
さらに負傷者の対応と再開方法が間違い、倒れた負傷者がいて、笛で止めたのはいいのですが、
痛がって倒れているその負傷者をフィールドから出さない。さらに再開の方法でドロップボールを間違える。
オフサイドラインのキープやゴールラインをボールが出る確認動作もいい加減。
フラッグだけはバタバタあげてましたが。

こういう試合コントロール、どうですか?
みなさんも 審判をやる前にこういう事も想定して気をつけていますか。
それと、この予選の十数試合でほとんどが4級で3級の方は一人だけ。
級はともかくとして、経験のなさや意識の低さが目立ってしまったように思います。
アセッサーと一緒に見た試合も含め、全試合で、警告0 アドバンテージ0 公式戦では考えれない状態。
試合をする子供たちにサッカーというスポーツをキチンと学ばせる。
レフリーも指導者と同様にそういう役割を担っています。
子供たちの為にボランティアで審判やってると思います。どうせなら、素晴らしいジャッジで
いい試合をコントロールし、子供たちのいいサッカー環境を作ってあげたいですね。

レフリーの意識次第で変わってしましいますから、サッカーの試合は。

試合後にベンチの指導者の方にもちょっと助言しておきました。
レフリーへの異議は何があっても、いいことではない事。
ベンチコントロールがされてないからって、何を言ってもいいのではないですよね。
たぶん中央大会で素晴らしいレフリーに出会えば、そういう行動はないでしょうが、
ベンチが注意や退席などは絶対避けたいですからね。

レフリーもベンチも大人。 プレーヤーは子供。

素晴らしい大人が  子供達にいいサッカーの場をあたえてください。  

posted by zutto4q at 13:11| Comment(2) | 少年サッカーのレフェリーとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    情熱FX大陸