2014年06月09日

審判団チームワーク

サッカーの試合は通常、主審と二人の副審、それに第4の審判の4名でコントロールされます。

少年の試合ですと。主審1 副審2名の3名でチームを組んで行なう事が多いはずです。


たいがいの場合、混成の急造審判チームです。

だからなおさらチームワークが必要で、その為にも試合前の打ち合わせが重要になります。


昨日起きた、市4年生リーグでの出来事。

この試合はたまたま、同一チームの指導者が帯同で3名の審判団。

後半に起きた現象で、皆さんの場合でもあることが発生。


まず、キーパーが相手のキックを保持。

パントキックをペナルティーエリアぎりぎりで蹴る。

主審はハーフウェイライン近くに落ちたボールを目で追い、争点を見ている。

副審がキーパーがパントキックをした瞬間にフラッグアップ。

   ・・・・エリアを踏み越え、ハンドだな。

すぐに主審は気付かない。副審は自信を持ってフラッグアップのまま。

そこにベンチから「レフリー、レフリー」の声。

主審は顔をふり、副審がフラッグアップしているのを確認。笛。

ペナルティーエリアの外からフリーキック。を指示。でも    んんん。

手を挙げたぞ。間接FK????

子供達、それを見事に察して??ボールを横に少し蹴り、次にシュート。

無事にボールはゴールに。


この一連のプレー、ジャッジ、再開法、ここにいくつか審判として課題が生じてます。


まず、副審のフラッグアップに気付かなかった主審にベンチからの声。

この場合ですが、すぐに気付かないようなら、副審が「レフリー」と声をかければいいのですよ。

ベンチに試合をコントロールされているようなイメージになりかねません。

これを試合前にも主審は気付かない場合に声をかけるなどのお願いをしておけばすむ事。


次、パントキックの踏み越え。ハンド。

勿論、ボールを意図的に手または腕で触れる。なのだから、直接フリーキック。

レフリーは手をあげて、間接FKであることを表している。なんと子供がそれ見て、間接FK。

この時も、副審は直接フリーキックであることは解っているはず。

おかしいな???     でそのまま間接FK。

ゴールにはいったので、得点となったが、本来なら直接FKなので、もし間接FKが入らなかったら?

何か非常に損をした感じ?


なのでこういう時 主審がプレーの再開方法を間違っている。それも明らかに。であるならば。

ここも、副審が「レフリー」と声。「ハンドのファウルなので直接FKです」と助言すべきです。

それで誰も損をしません。間違いはプレーが再開される前であれば、訂正することもあるのです。


主審の決定は「最終」ですが、レフリングはチームで行うのですから、無言でなければいけない理由はありません。副審が積極的にそして、出しゃばらない形でサポートします。

試合中、主審は副審ともそうですが、競技者とももっと積極的にコミニュケーションを取っていいのです。

無言で笛を吹くだけ、でなくてもいいのです。

試合前の打ち合わせで、こういうケースの時どうするかをしっかり決めておく事が重要です。


よくあるケースとしてはファウルがペナルティーエリア内か外か?、主審は縦位置からみて、串刺し的になる事が多いので、真横から見る副審がそれを助ける動作をします。ペナルティーの外であれば、ペナルティーエリアのラインの所にそのままいる。中であれば当然PKなので、コーナーを回り、副審がPKの監視をする低位置である、語ゴールラインとペナルティーのラインの交点に移動する。

この補助的動作だけで、ペナルティーの内外を審判チームで共有できます。


審判講習会であるインストラクターからの教え。

副審はオフサイドラインをキープすることは当然だが、もっと大事な事は。?

協力して試合をコントロールし、

「主審を男にすること」

んんん。副審の理想的人間像を一言で言い表してます。  共感!

SC_web_cr.png
posted by zutto4q at 18:46| Comment(3) | 審判のやり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

少年チームのwebサイト

今までこのブログではあまり個人やチームが特定されるような記事はできるだけ控えてきました。


管理人である私はこのブログとは別に、少年サッカーチームのwebサイトを制作・管理しています。

本業がその領域なものですので、多少延長での作業ですが、本格サイトを立ち上げ1年以上が経ち、運用や公開の一定の成果が出てきたので、他の少年チームにも参考になればとご紹介する事にしました。


kkHP写真.png



このサイトはwordpressというCMSを使用して、ブログのようにコンテンツの追加修正ができるような機能を持たせています。

入会のご案内、チーム規約 年間の予定 月間予定(カレンダー)、それと各学年の練習試合や公式戦などの各予定や要項などをアップしてあります。

学年試合毎の試合結果も都度アップしてます。一定の投稿ルールを作り、IDアカウント登録したユーザーだけが情報の投稿をできるようにしてあります。各学年コーチなどでPCをある程度使えれば、簡単に結果のアップや連絡事項などもできます。

まずはサイトを見てみてください。


wordpressのCMSという性格上、脆弱生をついたサイト改ざんなどのリスクも多少ありますが、頻繁なバックアップなどでケアし、場合によってはIPアドレスの限定などFTPアクセス制限を講ずれば万全です。


ちょっと宣伝的になってしまいましたが、ぜひ少しでもこういう領域でも貢献できればと思ってご紹介いたしました。


チームのサイト構築で相談、依頼があれば下記サイトで概要をご紹介してますのでお問い合わせください。

SC_web_cr.png


(対応エリアなどもできるだけ広範囲にできる進行方法や依頼方法を取り入れたいと思います)
posted by zutto4q at 11:44| Comment(0) | 質問受付 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    情熱FX大陸