2014年09月26日

ペナルティーキック 準備と予測

ペナルティーキックは得点の絶好の機会であり、時に勝敗をも左右します。


ペナルティーエリア内で守備側のファウルが発生。

この時から、レフリーは様々な判断や準備、予測をする必要があります。

まず、ペナルティーキックとなったファウルが警告や、退場といった懲戒処置に値するかどうかを瞬時に判断します。


決定的な得点の機会の阻止。

著しく不正なファウルプレー

直接フリーキックになる反則を過剰な力で犯す。

ペナルティーエリア内なの相手の得点の機会の目をつぶすなどの反スポーツ的行為、などなど、

かなりの確率で、懲戒処置が必要の場合が多いと思います。。


警告などを的確に処置した後、

今度は競技者、副審の位置を確認します。


副審とは試合前、打ち合わせ時に位置と役割を確認しておきましょう。

ペナルティーエリアとゴールラインの交点に位置し、

ゴールキーパーがインプレーになるまで、ゴールライン上にいるか?

ボールがゴールラインを越え、ゴールとなるか、ならないのか確認する役割です。


主審は競技者がゴールキーパーや他の競技者が規定の位置の範囲にいるかを確認。

エリア内にいるとか、ゴールキーパーがライン上にいないとかであれば、修正します。笛を吹いてはいけません。


競技者の位置確認後、ペナルティーキックを蹴るキッカーを特定していることを確認します。

準備はこれでいいのですが、インプレー前後の状況を整理して予測します。

これが非常に重要です。


キッカーの味方競技者がインプレー前にエリアに侵入。ゴール→PKやり直し。

キッカーの相手競技者がインプレー前にエリアに侵入。ゴール→ゴール

ゴールキーパーがインプレー前にゴールラインから離れる。阻止ゴールならず→PKやり直し。

ここまでは比較的間違えは少ないですね。さて、間違いやすいのとうっかりがあるのが次。

これも、笛を吹く時からあるだろう事を予測して準備します。


キッカーの味方競技者がインプレー前にエリアに侵入。ゴールにならず→反則のあった所から間接フリーキック

キッカーが蹴ったボールがキーパーが弾き、キッカーが再び蹴りゴール→ゴール

キッカーが蹴ったボールがゴールポストやクロスバーにあたり跳ね返ったボールをキッカーが再び蹴りゴール→反則。蹴った場所から間接フリーキック。


少なくとも以上の事は確実にあると予測してペナルティーキックに臨んでください。


大半の4級の方は普通にゴールになり得点。というイメージのようです。

ペナルティーキックの反則はかなりの頻度で発生する事を認識しておいてください。


SC_web_cr.png
posted by zutto4q at 05:00| Comment(9) | ペナルティキック関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

アドバンテージ宣言

だいぶ投稿をサボったので、少しアップ頻度をあげます。


少年の試合でアドバンテージで「プレーオン」と声をかけると、競技者のプレーが止まってしまう事があります。

4年生くらいだと、結構な比率で起きてしまいます。

予期したアドバンテージが継続しなかった場合、直前のファウルを数秒以内であれば、採用する。

いわゆる「ロールバック」をします。


痛感しているのは、いかに少年の試合でアドバンテージを取らないか、取れていないか?

それによって、その事によって、

子供達がアドバンテージ自体を知らない事が多いという事にが解ります。


試合によって異なりますが、アドバンテージを採用するケースは1試合でも何度も起きる事もあります。


そこで少年の試合で取り組みたいことを一つ。

試合前のセレモニー前にでも、選手である子供達に声をかけておくということ。


試合中にファウルがあっても、例えば手で押さえるとかの・・・その後プレーが続いてチャンスにつながるようなときは「アドバンテージ」というのを取って「プレーオン」と声をかけますので、その時は、ファウルはあるんだけれどもプレーは続いていると思って、そのままプレーしてください。


と「アドバンテージ宣言」をするのです。


よく、子供はわからないから「続けて、続けて」でという方もいますが。

それは、ファウルがなく、プレーを継続させる時であり、やはりファウル行為を正しく理解させるには「アドバンテージ」の理解が必要ですから。


この「アドバンテージ宣言」によって、子供達だけでなく、審判自らもその事を意識するはずです。


次の試合、やって見てください。

笛で寸断する流れのスムースではない試合コントロールから脱出しましょう。


SC_web_cr.png



ボール空気圧チェックしてますか? 思ったより、規定の空気圧になってませんよ。

1.0気圧以上も計れるデジタル空気圧計

ミカサ デジタルエアーゲージ ボール用内圧計 デジタル式 針を外さず収納可能 AG1000

新品価格
¥2,352から
(2014/9/18 11:50時点)




フィンタ(FINTA) レフリー4点セット 005 FT5722 L

新品価格
¥6,999から
(2014/9/18 11:46時点)




posted by zutto4q at 06:00| Comment(3) | 審判のやり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    情熱FX大陸