2015年12月31日

審判が試合を遅らせる。遅延行為

更新大幅というかしばらくなく申し訳ありません。

実はネタがだんだん尽きてきた感じでしたので、大分更新しませんでした。
このブログの読者の方も随分減ったかなと思っていたのですが、
それがお陰様でそうでもないので、また少し気付いた点でも追加しようと。ー


この時期社会人など4種以外の審判が少し減ったので、4種をやったり、観たりする事が
多かったのですが、そこで気付いた事。

▪️リスタートを遅らせたがる?審判

 まずはフリーキックで、距離のセレモニーをすぐしたがる傾向。
しっかり壁が下がっているのに笛でストップ 歩測して、さらに下がってた壁を前にだしたり、
一人二人が少し近くても、笛で停止後にセレモニー。
中盤で獲得したのでFKなどでクイックでリスタートしたい時なども、笛で停止してしまったり、と。

要は試合コントロールでレフェリー自体が遅らせてるということ。


ペナ近くで直接狙いで壁が近い時は停止するでしょうがそれ以外の時は?

まずは近くにいる相手競技者を言葉でコントロール。

○番 離れましょう〜 と言葉をかける事が第一段階。一度では離れなくてももう一回くらいは。ー
それでも離れないようであれば この場合は遅延行為の警告も意識して、笛で停止、注意。
ーーーインプレーの前なので規定の距離を守らない。の(距)の警告ではなく。

とにかくやたら必要と思われないセレモニーをしない。
減らす事にむしろ気を使って下さい。

▪️オフサイドの時の再開位置を厳密過ぎる位置を指定

これは副審ですが、まあ再開の位置が細かく指示し過ぎの方が多過ぎる。
前後左右 それこそ 50cm 1mレベルまで、指示する。これも過度なコントロール。不用です。
だいたいの場合が実際のオフサイドの位置より後ろからリスタートが多い、
要は意図的に有利な位置から再開しようとしていないのに 
わざわざ時間かけて厳密過ぎる位置を指定している傾向が大多数何です。

2,3メーター後ろからでもなんの問題もありません。
プレーヤーズファースト 試合コントロールの基本です。

上記の事は意識がなく遅延させながら、必要な時に時間をかけないようです。

本来少し時間をかけるべき、警告に近いファウルでのプレーヤーへの注意や、
ペナルティーキックの開始時の副審位置やプレーヤーの位置 キッカーの特定などはー
無頓着というか やっていない。ー

かっこつけてFKで壁下げるセレモニー 無くしましょうよ。

posted by zutto4q at 06:34| Comment(5) | 試合の進め方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    情熱FX大陸