2011年02月16日

ペナルティマークからのキック


PK戦は

ルールブックには ペナルティマークからのキックと書いてある。

試合時間内のペナルティキックとは当然違う。

審判として、ケアしなければならいことがあります。


まず、副審の立つ位置からして違う…

試合中の『ペナルティキック』は副審はペナルティエリアとゴールラインの交点にたつ。
『ペナルティマークからのキック』はゴールエリアとゴールラインの交点にたつ。

『ペナルティキック』はキックの前にキッカー以外のプレイヤーがエリアやペナルティアークの中に入っていないか?
ゴールキーパーがゴールラインから前に動いていないかを確認するため。そのための位置どりが必用になる。

『ペナルティマークからのキック』
キッカーとゴールキーパー以外は当然だが、センターサークル内にいなければならない。

だから、ゴールエリアとゴールラインの交点で、ゴールキーパーの動きと、ボールがゴールラインを越えたかどうかに集中すればいいからだ。

よく、これより、遠いペナルティエリアとの交点に立っている事が多いので、注意。

他、注意すべき点をいくつかあげよう。

■キックをする事ができる人数。(人数が少ないチームに合わせる。主将に蹴らないプレイヤーを決めさせる)

■試合中にフィールドにいた競技者がキックを行う資格があり、その資格者は途中で、キーパーと交代する事ができる。

■ペナルティマークからのキックの途中で、キーパーが負傷し、プレイを続けられない場合は最大数の交代を完了していなければ、交代要員と交代できる。(試合終了時にフィールドにいた競技者でなくても、いいという例外)

■全てのの資格のある競技者がけり、2回目のキックは最初の順番とは違ってもいい。

みんなルールブックに書いてあるとおり。


ゴールやゴールネット、ラインカー、コーン・マーカー、ビブスなどのサッカーチーム用品。

サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法 (edu book)



親子で学ぼう!サッカーアカデミー Vol.1 ドリブルとショートパス [DVD]



サッカー戦術とは何か?が誰でも簡単に分かるようになる本



posted by zutto4q at 21:23| Comment(2) | ペナルティキック関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
試合中にフィールドにいた競技者がキックを行う資格があり、その資格者は途中で、キーパーと交代する事ができる

の場合  

服装はどのような規定になっているのでしょうか?
フィールドの競技者がキーパーをやる場合 いちいち着替えたり、ビブスなどで対応してますが、そのままの服装で着替えなくても良いと思うのですが、いかがでしょうか? 途中でGKを変えるたびに着替えていたのでは時間がいくらあっても足りないと思います。
Posted by hayakawa at 2016年11月14日 05:08
基本的にはフィールドプレーヤーとは違うジャージを着ることが必須。少年8人制の場合であれば、ビブス対応でいいと思います。
Posted by 管理人 at 2016年11月15日 10:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事
    情熱FX大陸