2011年05月25日

間接フリーキック・二度蹴りや進路妨害も間接FK



間接フリーキック
ルールブックの間接フリーキックのページにはゴールキーパーに関して、

◆ゴールキーパーが6秒を超えて、ボールを手で保持する。

◆一度手からボールを離して、他の競技者が触れる前に再び手で触れる。

◆味方競技者から意図的にキックされたボールを手で触れる。

これはバックパス。『意図的』かどうかの判断が必要。
相手のキックに味方が触れたとか、ミスキックが、キーパーのところにいった
とかいうのは『意図的』とは言えない。
少年の場合はこういうことが多い。

◆味方競技者からのスローインを直接手で触れる。

以上ゴールキーパーの間接FKになる反則ですが、いづれの場合も、ペナルティエリア内でのこと。
ペナルティエリア外であれば、ハンドの反則で直接フリーキックですからね

ゴールキーパー以外での間接フリーキックは

◆危険な方法でのプレー
これはハイキックなどの相手と接触はないが危険なプレー

◆相手の進路を妨害する。
ボールと相手競技者の間に体を入れることは普通のプレーですが、
問題はボールをプレーできる範囲にいるか? どうかです。
ボールをプレーできる範囲にいなければ、『相手の進路を妨害する』という反則の適用になります。
ボールに触れることが不可能な距離では、当然、この反則で間接フリーキックとなります。

◆ゴールキーパーがボールを手から離すのを妨げる。
あくまで、『手から』ですから、ね

◆上記以外に競技者に警告、退場をさせる為にプレーを中止させる反則があった場合。
少年ではあまり、ありませんがね。

以上が間接フリーキックのページに記載されていることですが、
これ以外にも反則の再開方法として、の間接フリーキックはたくさんあります。

まずは、オフサイド。これは一番多いので。

それと多いのが二度蹴りと言われる、 フリーキック、コーナーキックの時、
キックをした競技者が他の競技者に触れる前に再びボールに触れる。
コーナーキックでゴールポストに跳ね返ったボールなども他の競技者に触れてなければ
間接フリーキックになりますから注意。

ペナルティキックの時もこの二度蹴りは間接フリーキックです。
キーパーが弾いたボールは他の競技者であるキーパーが触れているのでOKですから。

そして、PKを蹴る味方競技者がボールが蹴られてインプレーになる前に、ペナルティエリア内に入ってしまい、ゴールにならない場合(PKが止められたり、ゴールラインを割った場合)も
プレーをそのまま継続させたり、ゴールキックからの再開ではなく、間接フリーキックでの再開です。

ちなみに、PKがゴールに、入れば、PKのやり直しです。

スローインもインプレーになってたの競技者が触れる前にスロアーが触れれば間接フリーキック(手を除く)

だいたい以上が間接フリーキックでの再開です。が

前回の直接フリーと混同しないように、直接フリーキックの10項目をしっかり覚え、
それ以外の反則の大半が間接フリーキックになるという感じです。

(GKの自陣ペナルティエリア外でボールに手で触れると、競技者が手で触れるは・・・直接FKのハンドの反則)

つい先日も、『相手競技者の進路を妨害する』を直接フリーと思っていた方がいました。
直接は10個の反則に対するフリーキック
と覚えておけば比較的簡単なのですが。

あえて、10の直接フリーキック以外にあるのは『物をなげる』があります。
相手競技者に物をなげるという反則は直接フリーキックになります。
ペナルティエリア内ならばペナルティキックです。
少年サッカーではレアケースですが、物をなげるは『ボール』も含まれますので。
あり得なくはないかもしれません。

フィールド内からフィールド外の誰に対してでも物をなげた場合と、交代要員や
交代して退いた競技者がフィールドの中の相手競技者に投げた場合は
物が投げられ当たった場所から、間接フリーキックです。

ゴールやゴールネット、ラインカー、コーン・マーカー、などのサッカーチーム用品。




レフリーウェア ホイッスル フラッグなどレフリーグッズ


(アディダス)adidas レフリー ベーシックジャージーS/S LD020 P28078 ブラック/ホワイト M



サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法 (edu book)



親子で学ぼう!サッカーアカデミー Vol.1 ドリブルとショートパス [DVD]



サッカー戦術とは何か?が誰でも簡単に分かるようになる本



posted by zutto4q at 10:53| Comment(3) | フリーキック関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以下のようなケースはどのようなジャッジになりますでしょうか?

1)キーパーがペナルティエリアの外、センターサークル付近で相手のボールを奪い、自陣ペナルティエリアまでドリブルした後手でキャッチ。

OKですね?
意図的ではなく、相手に追われて・・と言う感じです。


2)キーパーがペナルティエリアの外で味方のバックパスを足で受けて、自陣ペナルティエリアまでドリブルした後手でキャッチ。

間接ですね?
バックパスでなくスローインの場合も?


3)キーパーがペナルティエリア内でボールを手でコントロールした後に、ボールを放してペナルティエリア外へドリブル、相手のチャージを受けてペナルティエリアに戻った後手でキャッチ。
*チャージした相手はボールに触れていない。

間接ですね?


少年(特に低学年)だとキーパーが大胆に前に出ることがあって、実際に起こりました。
ちょっと意見が分かれた事象もあったのでご教授いただけると助かります。
Posted by sck at 2014年12月08日 22:29
skcさんいつもコメントありがとうございます。
1)何の問題もありません。OKです。
2)相手チームの間接フリーキックになります。
3)チャージが正当なものであれば、他の競技者に触れる前に再び手で触れる。間接フリーキックです。
Posted by 管理人 at 2014年12月10日 19:23
管理人様

3)について1度ペナから出たらOK、という意見もありまして・・。
競技規則に明確に書いてなかったので疑問でした。
「ペナルティエリア内で・・・」って書いているので、取りようによってはなくはないかな??と思ったので。。ちょっと苦しいけど。


ありがとうございました。
Posted by sck at 2014年12月17日 09:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事
    情熱FX大陸