2011年06月17日

オフサイドの時、再開の位置・もどりオフサイド


前回副審のポジショニングで、オフサイドの時の再開位置を解説しました。

今回復習のために図解にしました。

offside01.jpg

まずは一般的なオフサイドですが青のラインが後方二人目の位置です。

Aの競技者から2の位置に向け、パスが出ました。
パスが出た時にはBの競技者はオフサイドポジションの1にいました。
ボールに向かって走りだしました。

しかし、ここでオンサイドにいるCの競技者も動き出しました。
ですから、ここではすぐにフラッグをあげません。
Bの競技者が2の位置でボールに触れました。(プレーに干渉する)

この段階でオフサイドの反則になります。

ですが、再開の位置は前回説明したように後方二人目のところではありません。
そして、オフサイドの反則となった、2の位置でもありません。

競技者Aがパスを出した時にBのいた1の位置が「間接フリーキック」の再開場所です。

同様によくいわれる「戻りオフサイド」だとよくわかります。
offside02.jpg

競技者Aがパスを出した時Bは1のオフサイドポジションにいました。
ボールに触れるために2の位置までもどり、プレーに干渉しました。

これも、再開場所は1の位置です。 
2の場所は反則を犯した場所ですが、再開場所ではありません。

極端な話、Bがゴールキーパーの近くにいたとすれば、2の位置でプレーに干渉しても
再開場所はゴールキーパーの近くということになります。

競技規則のガイドラインを引用すれば

オフサイドの反則を犯した競技者Bに対して最後に
味方競技者であるAがプレーしたとき、オフサイドの反則となったBがいた場所

ということになるので。

間接フリーキックによる再開はいづれの場合も Bがいた 1の位置になります。

やはり図を用いて説明したほうが分かりやすいですね。

これから少し手間でも図でも説明します。


amazonで格安に買えるレフリーウェア ホイッスル フラッグなどレフリーグッズ

DVDでうまくなる!少年サッカー―基本・練習・指導法



ジュニアサッカー クーバー・コーチング キッズのトレーニングメニュー集 ボールマスタリー34



松井大輔のサッカー ドリブルバイブル DVD抜き技&魅せ技スペシャル(DVD付)


posted by zutto4q at 14:11| Comment(6) | オフサイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも勉強させてもらっています。
ありがとうございます。

先週この文章を読ませてもらい、フムフムとうなずいていました。

先日8人制の一人審判で試合を行いました。
オフサイドは判定し、笛を吹きましたが、
"さてオフサイドのあなたはパスが出たときどこにいましたか?"
という感じでボールをセットする場所ははっきりとわかりませんでした。
結局上の図(戻りオフサイドでない方)の2の位置の手前辺りからけってもらいました。

一人審判で、オフサイドの際のボールのセット位置までしっかり覚えておくのはかなり厳しいですよね。

これからも楽しみにしています。
よろしくお願いします。


Posted by はっとり at 2011年06月27日 18:59
副審でのオフサイドについて質問させてください。
攻撃側の一人がオフサイドポジションにいてボールが前方へパスされた時は
ボールに干渉していなかったのですが数メートルいったところでボールにふれた場合フラッグを上げるタイミングは、ボールに触れた時になると思いますが、再開位置は最初にオフサイドポジションにいたところになると思いますが、副審は数メートルフラッグを上げたまま数メートルオフサイドポジションに戻ってフラッグをグラウンドにむけるのでしょうか?よろしくお願いします。
Posted by 金坂雅樹 at 2011年09月05日 14:48
オフサイドでの再開位置のご質問ですが、副審のポジションについては
その 認識でいいと思います。
副審は通常、後方二人目の守備側競技者をオフサイドラインとてその位置にいることを維持します。
まず、ボールがオフサイドポジションにいる味方競技者から蹴られた瞬間の位置が重要です。
オフサイドポジションにいた競技者がプレーに干渉していない場合は、ボールがオフサイドラインになります。 ですから、 ボールが味方競技者からパスされた時にいた位置で立ち止まりません。 オフサイドの反則となっていないからです。
そのまま、ボールをオフサイドラインとして位置を移動し、競技者がプレーに干渉した時にフラッグをあげ、味方競技者からパスが蹴られた時にいたラインまで戻り、 位置を指し示します。
Posted by zotto4q at 2011年09月05日 21:28
いつも拝見し勉強させて頂いております。
さてオフサイドの位置について質問致します。
攻撃側Aがオンサイド位置からのシュートがポストに当たり跳ね返ったボールをオフサイド位置にいた攻撃側Bがシュートすると当然利益を得た事によりオフサイドになりますが、この場合のオフサイドによる再開位置はポストに当たった時のBの位置なのか? またはシュートを打った時のBの位置なのか?
宜しくお願い致します。
Posted by 初心者 at 2012年01月12日 15:39
初心者さん コメントありがとうございます。
今回の質問は「その位置にいることによって利益を得る」でのオフサイドですが、「プレーに干渉」「相手競技者への干渉」と同様に、

味方競技者によってプレーされた瞬間にですので。

ボールがポストに跳ね返った時の位置は関係ありません。
シュートを打った時のBの位置ということになります。
Posted by zutto4Q at 2012年01月13日 14:04
ご回答有難うございました。
今後も拝見し勉強させて頂きます。

少年サッカールール、簡単な様で難しいですね。
こうして勉強する事がとても楽しいです。
Posted by 初心者 at 2012年01月14日 17:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事
    情熱FX大陸