2011年09月11日

オフサイドの旗はゆっくりめ。


オフサイドの旗は少しゆっくりめ、で。

昨日レフリーをした際ですが、副審の旗が少し早いことがありました。
オフサイドポジションにいただけで、パッとあげてしまった。

守備側競技者がボールをコントロールし、プレーに干渉していない
(ボールに触れてない、その位置にいない。)のに上げてしまった。

そして、相手競技者がプレーすることを妨げずに、相手競技者のボールとなった。
副審に対して、フラッグを降ろすことをジェスチャーしたが、
だが、まだフラッグをあげ、シグナルしている。
その後、少しして、オフィスポジションにいた競技者が、
相手競技者に挑もうとしましたが、オフサイドを認定しないとした、少し後だったので、
副審がまだ上げている、フラッグを降ろさせました。
副審は私の一度めのジェスチャーが解らず、こちら(主審)がオフサイドの旗を見逃していると思ったようです。

市のリーグ戦での出来事でしたが、試合の、時間が詰まってるので、事前打ち合わせがほとんどない。
こういうことがあるから、試合前の審判の打ち合わせが重要だとつくづく思いました。

オフサイドの3つのポイントの確認。
プレーに干渉するということ。
相手競技者に干渉するということ。を特に再確認した方がいいです。
  
その他、ペナルティエリア内でのファウルで、主審のいる場所、視野などでの副審のジャッジや、
主審がアドバンテージをとる可能性、ファウルスローの分担など、事前打ち合わせで、ぜひ。


レフリーウェア ホイッスル フラッグなどレフリーグッズ


サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法 (edu book)



親子で学ぼう!サッカーアカデミー Vol.1 ドリブルとショートパス [DVD]



サッカー戦術とは何か?が誰でも簡単に分かるようになる本



posted by zutto4q at 17:52| Comment(0) | オフサイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事
    情熱FX大陸