2011年09月18日

審判のちょっとしたコツ


主審を担当する上でのちょっとしたコツを紹介します。
でも、4 種、4級レベルですので。

まず、試合前の準備。
レフリーショーツの右ポケットにイエローカード、
左ポケットにグリーンカード。レッドじゃないところがいいでしょ。
カードを出す状況が起きた後、速やかに対応ができます。
ホルダーにいれたままではない方がいいです。
そして胸のポケットのカードホルダーに、レフリーカードとレッド。

ワッペンホルダーの中にトスコイン入れてくと忘れないし、
試合中もなくさない。

そして、試合に、
選手達とは積極的コミュニケーションを図りましょう。
飲水の時、もしくは飲水タイムのlことや、注意すべきルールのこと、
交代時のスムーズな退き方など。

そして、キックオフ。

◆ランニングタイム用と、都度時間を止めるタイマーを。
確実にタイマーがスタートした事を確認して笛を吹きましょう。力強く長く。
ほんと思いっきりくらいです。手はまっすぐ指し示します。

◆ボールが確実に前に蹴られるたか、蹴られ、インプレーになる前に
相手陣や、キックオフではないチームがサークル内に入ってないかをチェック。
とくに、インプレー前の、動きをチェックしましょう。

◆前半の5分くらいまでで、両チームのプレーをよく観察し、
ファウルの基準を決めておきます。
強いチャージングや、手を使うとか。
そして、もし、最初のファウルがあったら、これも、力強く笛を吹きます。
弱くはダメです。

◆できる限り、ボールのある局面に近く位置し、早い動きには
早い動きで、対応します。
遠くで見ていてはいけません。少なくとも15メートル前後にはいたいものです。

◆スローインの方向。
副審サイドで、副審が見やすい状況であれば、副審に合わせ、指し示します。
密集、ワンタッチなどで副審が判断をためらっている場合は、主審がいち早く
指し示し、副審がフラッグを合わせるなどします。試合前に打ち合わせましょう。
どちらか判断しづらい時は、競技者の反応を見ます。大概、すぐボールを取りに
行く方のスローインか、近くの競技者が反応しない場合の反対チームのスローインに。

◆ゴールキックかコーナーキックの判定も副審と主審の距離感、見やすさ、などで、確実な判定が可能な方に、合わせる。それでも、あやふやな時は主審が、流れや、競技者の反応を見て、素早く、判断します。

◆笛はためらわない。口まで笛がきたら勢いよく吹く。
ファウルだと反応しているから、口まで笛がくる、だいたいそれが正解。

   今、私が使っっている、モルテンの『バルキーン』は音色がイイし、強弱によって、コミュニケーションできるような音の高低も可能。さすが、南アW杯でも、使われたいいホイッスルです。

◆経験を積んだら、予測し、アドバンテージを。
ドリブルに対する、守備側競技者のチャージングなどは双方のファウルがあることを想定、予測する。ただ、試合を流すなどせず、『プレーオン』のコールと両手を前に出すポーズをして、アドバンテージがあることを明確にしましょう。

◆方向指し示す手、関節フリーキックの時の手はヒジを曲げずにまっすぐあげる。ゴールキックの時は手の平を下向きにあい、コーナーキックの時は若干上向きでさす。

落ち着いた、自信を持ったレフリーのジャッジであることを競技者、ベンチにも、理解してもらえるちょっとしたコツでした。


ゴールやゴールネット、ラインカー、コーン・マーカー、などのサッカーチーム用品。


レフリーウェア ホイッスル フラッグなどレフリーグッズ


レフェリング -Lows of the game- [DVD]





レフェリー 知られざるサッカーの舞台裏 [DVD]



posted by zutto4q at 09:45| Comment(3) | 審判のやり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも参考にさせていただいてます。
子供のチームで帯同で審判をしています。これから夏場にかけて、飲水タイムをとる機会が多くなりますが、飲水タイムをとるタイミングについてご教示ください。20分ハーフなので、10分前後を目安にとりますが、極力ベンチサイドでアウトオブプレーになったときにと思っていますが、時間を気にするあまり、逆サイドやゴールキックでとることが多いような気がします。この場合、サイドを気にせず時間でとるべきか、前後2〜3分を見てベンチサイドでとるべきか、どちらがいいのでしょうか?
Posted by N.K at 2016年05月19日 22:11
飲水タイム重要ですね。ご質問のとおりで、全くいいと思います。だいたい10分を目安で2分前後くらいズレてもいいと思います。今回予定されている競技規則の改訂ではアディショナルタイムに
・競技既定で認められる、飲水やその他の医療上の理由による停止。
という記載で明確化されました。 
ですので、空費された時間として追加しますが、従来でいけばおよそ1分の時間程度ですので、できればベンtにサイドで迅速に取れるようにしたほうが望ましいと思います。時間の経過によってやもうえない場合はゴールキックからとかでも仕方ないですね。
Posted by 管理人 at 2016年05月20日 15:09
ありがとうございました。参考にさせていただきます。
Posted by N.K at 2016年05月20日 20:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事
    情熱FX大陸