2011年10月03日

審判のケガ、リスク


気温もだいぶ下がって、秋らしくなってきました。

サッカーの指導や、レフリーをやっていても、暑苦しい時期と違い、だいぶ楽に。

でも、気温が下がり、楽になったからといって油断は大敵です。
4種少年の審判をするのでも、まだまだ、水分補給とウォーミングアップは十分に。

試合前のウォーミングアップですが、これは実際の体験もありつくづく大事だと。

10年前、何を隠そう、主審をしていて、「アキレス腱断裂」という痛い目にあってます。
試合中で方向転換をしたときです。

急にストップし反対方向にターンしたときに、「バッキ」。

最初は子供が後ろから思いきり蹴ってきたのかと思いました。
でも、すぐ近くには誰ももいません。

かかとが痛いので、ちょっと触るとと、そこにあるべき堅いものがありません。
「あー」 痛みも相当でしたが、血の気が引く思いで、ホイッスルを吹き試合中断。

本部の方に主審を変わってもらい、救急車で病院搬送です。
前回するまではなんと3ヶ月以上かかりました。

この時のフィールドは芝がもう草のように長くなった(芝じゃない雑草もたくさん)グランドで
そこで、おろしたてのおNEWのスパイクをはき、ターンの瞬間に引っかかったような圧力が。

いまだに、左足ですが、アキレス腱のところは違和感があり、十分な角度に甲側に曲がりません。

ちょっといやな話になってしまいましたが、運動と同様、審判をやっていてもリスクがあります。
ということです。

夏場の脱水症状、熱射病も命にかかわることですが、涼しくなったからと言って油断は大敵。

ストレッチ、特に、肉離れやアキレス腱、靭帯などの予防を考慮して入念に両脚はした方がいいでしょう。

ちなみにアキレス腱を切ったら、もう応急処置どころではありませんが、
ちょっとした肉離れでしたら・・・・・

すぐにアイシングです。感覚がなくなるくらいアイシングで冷やし(30分)とかその後感覚がもどるまで少し安静。痛みを感じだしたら、また、アイシング。
これをずっと繰り返すと。回復が断然、早いです。
何もせずに、湿布を貼るなどせず。必ず、アイシングを徹底的にすることです。

ふくらはぎや太ももなどにピリピリした痛みがきたら・・・・要注意です。
すぐに安静にして、冷やす。冷やす。 冷やす。 冷やす。

アシックス カラーシグナルアイシングキットM TJ2211 F











レフリーウェア ホイッスル フラッグなどレフリーグッズ


サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法 (edu book)



親子で学ぼう!サッカーアカデミー Vol.1 ドリブルとショートパス [DVD]



サッカー戦術とは何か?が誰でも簡単に分かるようになる本



posted by zutto4q at 12:46| Comment(0) | 初歩的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事
    情熱FX大陸