2011年11月02日

ファウルの笛が吹けない・主審の笛の吹き方


前々回の話はかなり、高尚というか、W杯や国際審判でもという話で、
4種 少年、4級、のサッカー審判の話題のブログとしてはちょっと難解でしたか。

でもW杯でも4種の試合でも、基本的に同じルールなのがサッカーです。
ちょっとでも参考になれば。

レベルを4種にもどす。初歩的な話題に。

「笛が口にきたら」・・・・前回のオフサイドの脳の反応ではないですが

それは脳が「ファウル」を感じた証拠。
私でも、時々ありますが、初心者のうちはほとんど、そういうときってファウルです。

あっつ ファウル!・・・そういう認識が笛を口にもってこさせる。
でも、吹かない。・・・吹けない。

試合後に周りからも、「さっきのあれはファウルだから・・・・」とか言われる。
たぶん、審判初心者で主審の経験が少ないと、本当に痛感していることだと思います。
競技規則の理解も十分ではないと思いますが、それ以上に、この「笛を吹けない」が悩み。
それと「笛の音が小さい」・・・・これも初心者にありがち。

なぜ、そうなるのか????  

簡単です。自信がないからです。
だから、吹けない、小さい。となります。

それではまず、比較的簡単な「笛の音が小さい」これの改善方法。
キックオフの時、まず、思い切り、笛を吹く。
前半、後半の試合の終了時に、思い切り笛を吹く。

自分の笛のポテンシャルを最大に出し、思い切り吹くのです。
(音のよく出る、いいホイッスルも必要ですが)
ファウルの適用や、規則の判断とは関わらず、必ず笛を吹かなければならない場面ですから。
最低でも1試合にこの4回は・・・思い切り。それに選手交代時の試合の試合の再開時、
得点の後の試合再開のキックオフ。こういう落ち着いて吹けるときにまずは

思い切り、大きく吹く

笛を強く吹くことになれたら、試合の停止時、距離を守らせる時、などは
短く、強く複数吹くように 「ピッツ、ピピッツー」

これができるようになれば、だいぶ笛で試合のコントロール、コミュニケーションが取れるようになりますから。

さて、ちょっと深刻な「笛が吹けない」はどうするか。

ちょっと遅れたタイミングでも決して遅くないから、笛が口まできたら、吹く。
ファウルだと思ったら、吹く。これの繰り返しです。

(アドバンテージも相当重要ですが、こういう症状にアドバンテージ云々は逆効果ですから。)

笛を吹けない大きな理由は自分の中でのファウルの基準がはっきりしていないことが原因です。

試合前から、こういうファウルは取ると決めておくのです。
今日はひじから先の手を使って相手抑えたら、必ず吹く。とか決めておきます。

そして、試合が始まり、漫然と試合を見つめるのではなく、最初のファウル、笛の基準を
5分くらいで決めておくのです。あとはその基準を試合をとおして徹底させます。

もちろん、5分間笛を吹かない場合もあります。そのまま、前半が終わるケースもあります。
そういう、フェアな試合も当然あるのですから。
・・・自信を持って笛を吹かなかったといえる試合だってあるのですから。

何回も書いてますが、「自信」と「予測・準備」です。
ここでファウルが起きそうだ。そういう見方をして、準備をしていると、反則もアドバンテージも対応できます。
そして、今回ファウルの「自分の中での具体的な基準を作る」こと。

これでだいぶ解決していくと思います。

モルテン バルキーン サッカープロセット ブラック




モルテン バルキーン ブラック



モルテン ドルフィンプロ ブラック



ADIDAS(アディダス) ホイッスル E37372 ブラック KQ760


posted by zutto4q at 08:35| Comment(0) | 初歩的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事
    情熱FX大陸