2011年11月21日

8人制、キックオフでゴール得点?


コメントに daidaidaiさんから質問をいただきました。 ありがとうございます。
これにお答えする形で記事いたします。

はじめまして、U-10でお父さん審判をしている者です。
色々参考になることばかりで、楽しく勉強させて頂いております。

早速ですが、下記にご質問をさせて頂きますので宜しくお願い致します。

@8人制での大会でキックオフゴール(最初の蹴りだしはなく、いきなりシュート)を決めたチームがいました。個人的な考えは、このシュートはサッカーでなくただの玉蹴りにしか思えないので、嫌いです。がルール上は何か規定はあるのでしょうか?8人制と11人制で規定が異なることはあるのでしょうか?


@A
8人制ではキックオフでのゴールは得点を認められません。
ゴールキックからの再開となります。
 (このキックオフのゴールと、交代方法。レッドカードで退場後などが規則として違います。
  試合前に、選手、ベンチに伝えておくといいと思います。

Aキックオフ時の規則、例えば前方に蹴るは"一転がり(1回転)"などという規定はあるのでしょうか?最初に蹴った人が他の人が触れる前に再度触った場合は、2度蹴りで間接フリーキックでの再開でしょうか。やり直しでしょうか。

AA
かなり以前はボールが1回転という時期もありましたが、現状では「前方」に蹴られ移動すれば
インプレーとなります。少しの移動でOKです。
最初に蹴った競技者が、他の競技者に触れる前に、再び触れた場合は、相手の間接フリーキックとなります。(2度蹴りですね)

BPK戦で、キーパーがゴールライン上で横行していました。キッカーが蹴る前に主審が止まりなさい(横行をやめなさい)と制止しました。キーパーが静止しなければならないという規則はあるのでしょうか。

BA
競技規則では、ペナルティーキックで、ゴールキーパーは
ボールが蹴られるまで、キッカーに面して、両ゴールポストの間のゴールライン上にいなければならない。
とあります。
ということは、ゴールライン上であれば、ライン上を横に動いても問題ありません。・・・キッカーに面していれば。
(ライン上であることが必須です。)
ゴールラインから前に動いたりした場合は、ペナルティーキックの合図の前であれば、ゴールライン上にいるように注意します。
主審はゴールキーパーがラインの上、他の競技者が規則どおりの位置につくまで、笛を吹きません。

合図の笛の後、ボールが蹴られるまでの間にラインから動いた場合は、そのままPKを蹴らせます。(副審は旗を挙げ、ゴールであれば得点。ゴールに入らない場合はペナルティキックのやりなおしになります。)

Cペナルティエリアのすぐ外側で間接フリーキックがありました。主審は手を上げて間接フリーキックを明示しました。それでもキッカーは直接ゴールを狙い、キーパーがはじいてゴールラインを越えました。ゴールは認められました。確かに一度キーパーに触れているので、とは思いましたが、何か腑に落ちません。規則上は問題ないのでしょうか。

CA
間接フリーキックが他の競技者に触れずにゴールに入った場合は、ゴールキックでの再開です。
今回はゴールキーパーが触れていることから。得点は認められます。
規則上まったく問題ありません。 ゴールキーパーが触れなければ、ノーゴールでしたね。
そして、前にも書きましたが、主審が間接FKを示す手を上げずに、FKが蹴られ、誰にも触れずに、直接ゴールにはいれば?。
これは、ゴールキックではなく。間接FKのやり直しになります。
…手を上げ忘れる主審がこの再開方法を解っているか、ちょっと疑問ですが。

多くの質問で申し訳ありません、試合で疑問に思っていたことをまとめて質問させていただきました。宜しくお願い致します。

単純ですが、頻繁におきる事で、そして、みなさんがちょっと解らない?
そういうご質問でしたので、参考にどうぞ

ゴールやゴールネット、ラインカー、コーン・マーカー、などのサッカーチーム用品。


レフリーウェア ホイッスル フラッグなどレフリーグッズ


レフェリング -Lows of the game- [DVD]





レフェリー 知られざるサッカーの舞台裏 [DVD]


posted by zutto4q at 15:05| Comment(5) | FAQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、川崎市で息子(U-12)のチームの帯同審判をしています。
レフェリングはまだまだ未熟で、いつも参考にさせていただいてます。

8人制のキックオフゴールですが、川崎市の大会では認められています。
8人制大会時の大会役員から聞いた話ですが、川崎市ではピッチサイズ(および競技人数)以外は、11人制(通常の競技規則)に準ずるという方針で競技規則を決めているそうです。

ピッチサイズは縦8メートル、横10メートル短くなっています。
選手交代は、アウトオブプレーで行われます。
ちなみに、グリーンカードは、採用していないそうです。

チームから何も聞かされていなく、大会当日に競技規則を知って、ちょっとあわててしまいました。

8人制の大会規則は、11人制以上に事前の確認が必要ですね。

これからも記事を参考にさせていただきます。
よろしくお願いします。
Posted by Keshi at 2011年11月22日 00:49
Keshiさん コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、8人制ですと、まだまだ、競技規則が浸透していないことから、ローカルルールがそこかしこであります。競技規則としてはJFAのサイトでも公表しています。
競技規則では上記の記事とおり、キックオフゴールは認められず、ゴールキックの再開です。
こちらでは、市の大会などでも、8人制の場合はキックオフゴールは認めていません。
先日も、当チーム主催で、8人制の大会をおこないましたが、キックオフゴールは認めず、交代など、他は11人制で行いました。8人制の標準サイズの68を取れず、タッチラインが60mでしたので、なおさら、キックオフゴールがしやすいことから、これだけは、8人制ルールを適用しました。
これも、完全にローカルルールです。審判の事前の確認。チームへの告知は必須ですね。
Posted by Zutto4Q at 2011年11月22日 08:59
いつも勉強させていただいております。
この間8人制の大会でキックオフシュートにからむいやらしいプレーがあったので質問させて下さい。

キックオフのチームがキックオフシュートを試みました。その際に、チョン蹴りをしたような、しないような状態でボールから離れたので、相手チームの選手はボールが動いたかどうかはっきり解からないような感じでした。そこで、相手チームの選手はボールに猛ダッシュしたのですが、相手チームのチョン蹴りした選手は触っていないとアピール。キックオフもやり直しとなりました。

その後、また同じ事をしたあと、長い助走をとって悠々とキックオフシュート?をしました。ボールは枠に行きましたがキーパーが辛うじてキャッチ。

もしも、チョン蹴りが無効であれば、キーパーは無理せず触らなければ良いと思いますが、チョン蹴りがが有効であれば頑張って取らなければなりません。でも、チョン蹴りが触っていれば、チョン蹴りの後すぐにボールに寄れば悠々とシュートを打たすことが無いと思うのですが、そうすればまたやり直しになります。

この場合、善意の主審であればキックオフシュートの前のチョン蹴りが仮に少し動いていたとしても、チョン蹴りが無かったものとして裁定するのが良いのかなぁと考えましたがどうでしょうか。最初にやった時に非紳士的ということで警告でも良いような気がしますがどうなんでしょうか。

相手チームとしてはしょうがないので怪しいチョン蹴りのたびに毎回ボールに寄せていくという手段も取ることは可能かもしれません。(でも、キックオフされていないのにセンターサークルに頻繁に侵入するということで、これも度が過ぎると警告になるのでしょうか。受け手が不利ですね。)

これをやったのはJリーグの下部組織のチーム(関西の結構な人気チーム)なんです。ルールに反してはないと言われればそうですが、なんか非紳士的でスポーツマンシップに反するようなきがするのですが、私の感覚の方が問題なのでしょうか。

長文すみません。お暇なときにコメント頂ければ幸いです。



Posted by yutaka at 2012年10月10日 21:51
yutakaさんコメントありがとうございます。
チョン蹴り、要はボールが少しでも前方に移動し、インプレーになったかを主審はキチンと監視します。
インプレーになったかどうかだけが、その後のジャッジの基準になります。
インプレー前にセンターサークル内や相手フィールドに侵入、これを何度も行うということであれば、警告です。理由:繰り返し反則を犯す。
まずはインプレーの事実を主審が監視し、明確に判断する事が必須です。
Posted by zutto4q at 2012年10月13日 06:50
お忙しいところご丁寧なご回答ありがとうございます。
審判として大事なことは、主審がインプレーの事実を確認するということ理解いたしました。

ただ、この件では最初のチョン蹴りを主審がインプレーと判断したかどうかは選手にはわからないと思うので、上のような完全にキックオフ側が有利なトリックプレーができてしまうと思うのです。

ここからは選手としての質問になるかと思うのですが、主審がインプレーになったと判断したことを選手はどのように知ることができるのでしょうか。
例えば、ボールの上に足を乗せたのでインプレーと思って相手選手がボールにプレスするにも、もしもインプレーになっていない状態と判断されていれば、繰り返すと警告となりますが、キックオフ側は仮にチョン蹴り成立しない判定でゴールに入っても相手のゴールキックになるだけ、キーパーにかすりでもしたらゴールインとなるので、警告のリスクは全くなく、相手側だけにリスクが生じる不公平な状態になると思うのですがいかがでしょうか。

個人的にはこのようなトリックプレーは出来ないように、というよりもどちらに判断されているかがいつも明確なジャッジをしないといけないと感じているのですがその方法が思いつきません(インプレー!と叫ぶのもおかしいですよね)。避けられないのであれば、逆にどのチームも積極的にこれをすべき(蹴れる選手がいればですが・・・)なのかとも思い悩んでおります。

つまらない質問を重ねてしまい恐縮ですが、悩みを解消していただけると助かります。
Posted by yutaka at 2012年10月17日 09:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事
    情熱FX大陸