2012年01月29日

ファウル、警告・退場の境目


昨日、わがチームが参加させていただいた5年生の招待試合で、
そのレフリーで、イエローカードを2度提示しました。

河川敷のグランドが霜で凍っており、それが溶けて、午前中の試合はどろどろ。
それに加えて、かなり激しいスタイルのチームどうしの一戦で、
試合が荒れ気味になろうという感じで、過度な危険な状況になってしまう前に
早めにイエローカードを出しました。
・・・・後半は疲れもあるのでしょうが、試合は多少落ち着いて、荒れた感じは少なくなりました。

イエローを出す基準、タイミング、一応それに沿って対応での出来事です。

たとえば、ドリブルしている競技者に足をかけて、倒してしまうタックル。
これは直接フリーキックとなるファウルです。

このファウルに関して、通常の直接FK。警告、退場との違いは
どこに境目があるのでしょうか?

警告はではない場合はファウルが不用意に行われたとされる時です。
ボールにタックルにいったが足をかけてしまった。
そういうときは直接FKのファウルはとりますが、警告は出しません。

このタックルがボールから明らかに離れた足に対して、「無謀に」に足をかけて
(無謀とは相手の危険をかえりみずにということとされている)
倒してしまった場合にはこれは反スポーツ的行為として「警告」・・・イエローカードです。

さらに、このタックルが過剰な力で行われたとした場合には
「著しく不正なファウル」として 「退場」・・・レッドカードとなります。

タックル意外にも7つの直接FKになるファウルに関していづれの場合も、
(ける、つまずかせる、飛びかかる、チャージする、打つ、押す、タックル)

不用意に ⇒ ファウル
無謀に  ⇒  警告
過剰な力で ⇒  退場

という判断基準が必要となります。

少年の試合でも高学年で、白熱した試合の場合などですと、直接FKのうちの
かなりの割合が、「無謀」に行われる 「警告」の対象となるファウルとなります。

相手競技者を抑える直接FKのファウルは、無謀かどうかは関係なく、
相手競技者をボールから遠ざける、ボールへ向かうの妨げる、といった行為であれば、
反スポーツ的な行為で、警告となります。

ですから、ゴールに向かう、相手のユニフォームをつかんで抑えてしまう場合は
これは直接FKだけでなく、戦術的な(得点への危険を回避する)という目的での
「反スポーツ的な行為」で警告となり・・・イエローカードが示されなければなりません。

直接FKとなるファウルで警告となる可能性が高いプレーは次のような状況があります。
(反スポーツ的な行為に対する警告)
■ヘディングでジャンプしている競技者を後ろから強く押す。
■ドリブルをしている競技者を明らかに倒す目的で強くチャージする。
■ジャンピングアット・・・相手にとびかかり、膝げり状態など

(後ろからなど過剰な力であれば、退場となります。)
■ドリブルをしている競技者のユニフォームをつかみ進行を妨げる。

イエロー、レッドカードは審判の権威を示すための道具ではありません。
警告・退場はルールに決められていることを適応するということも大事ですが、
少年サッカーの場合は、競技者が危険な状況にならないような試合コントールをする。
このことを最優先で対応する必要があると思います。

こども達をサッカーの危険から守る。 少年サッカーの審判の重要な役割でもあります。

[アディダス]adidas performance RefereeEliteX ADP3076 ユニセックス 【正規輸入品】




審判目線 面白くてクセになるサッカー観戦術




レフェリー 知られざるサッカーの舞台裏 [DVD]



posted by zutto4q at 16:42| Comment(3) | 警告・退場など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見させて頂いております。

本日、U-12の主審がありレッドカードを提示しました。

終了後、これで良かったのか自問自答しておりましたので、ご意見を頂ければ助かります。

状況を説明します。

Aチーム10番とBチーム7番がボールを奪い合う攻防中、Aチーム10番が斜め後ろにBチーム7番を背にした状態で体に腕を巻きつけてプレー。

ここでファールの笛、Aチーム10番にホールディングの説明中、離れ際にBチーム7番の位置を確認後、肘打ちで攻撃。

最初のファールから肘打ちによる報復行為が行われるまでのAチーム10番の一連の行為が悪質であり、主審の目の前で起きた事でしたので、レッドカードを提示しました。

上手くプレー出来ないもどかしさで、腕を振り払うような行為で相手に当たったのであれば、注意やイエローにしたと思いますが、自ら抑えてファールを取られ、相手を確認し肘打ち。

Aチーム10番の目の動きから意図が目の前で感じられたのでレッドカードとなりました。

試合終了の整列の際、選手達には、プレーが上手く出来ないからといって、報復行為による攻撃は絶対にしてはいけないよと説明させて頂きました。

4種でレッドカードは厳しいとの声もありましたが、私としましては、U-12の選手はあと1年もたたず3種になります。

今からしっかりとフェアープレー精神を持って、成長して貰いたいと思い、厳しくジャッジさせて頂きました。

分かりづらい文面ですみません。
Posted by 審判初心者 at 2013年05月11日 13:34
初心者審判さん。コメントありがとうございます。
状況とジャッジは的確ではないかと思います。
4種だから、レッド、イエローはという事自体、議論すべきことでないでしょう。
おっしゃるとうりU12の試合でも。大人同様の理解力はある年齢ですね。
今日も全日本の予選のレフェリーをしましたが、軽微なファウルであっても早めに基準を示す必要があると思います。
懲戒が必須のプレーには躊躇はいらないと思います。フリーキックのリスタートを故意に遅らせるなど、ルールで規定されている事が今日も頻繁にありましたが、何事もなかったように、注意もしないという事が多々ありちょっと、という感じが残りました。
Posted by zutto4q at 2013年05月12日 15:48
主審経験が浅い私にはとても参考にさせていただいております。

初めてコメントさせて頂きます。

今まではプレイヤーとして20年余り経験してきましたが、こどもがサッカーを始めるにあたり4級取得して約3ヶ月程経ち、4種に所属するチームの練習試合等に笛を吹いています。

先日、4年生の練習試合で主審をした時の出来事なのですが、
試合中に片方のチームの選手が
「なんでファウルじゃないんだよ!」
「ちゃんと見ろよ!」
などと、明らかに私に対する発言をしてきました。
勿論、ちゃんと反則行為であれば笛は吹いていました。

試合後の整列(挨拶)の時に
「ファウルかファウルでないかは主審が決めるのであり、笛が鳴るまではプレイを続けましょう。言い方によっては主審に対する抗議となり警告となる場合があるので気を付けてくださいね。」

と、言い終わりました。

次にまた同じ組み合わせで試合があり再び主審を務めた時でした。
こども達はサッカーに集中してプレイしていたのですが、今度は監督(コーチ)の方から
「ファウルしてんじゃん!」
「なんの為の主審なんだよ」
と、終始言われ続けました。

前の試合で戦評を述べたことを、こどもからその監督(コーチ)にどう言われたのかはわかりませんが、自信を持ってやっていただけにかなり落ち込んでいます。

こういうのはおせっかいなものなのでしょうか?
Posted by H.M at 2013年07月20日 07:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事
    情熱FX大陸