2012年02月14日

ファウルスロー


少年の試合で一番多い違反。それはファウルスローじゃないでしょうか。
低学年の場合は特に多い違反です。
低学年だから正しくできない、だからファウルを取らない。
ではなく、練習時のミニゲームや練習試合などなら、正しいやり方を教えながらファウルスローをとります。低学年のうちに正しいスローインを覚え、高学年ではそういうミスをおこさないようにするためです。

スローインはタッチライン及びその外のグランド上に両足がついていなければなりません。
片足が上がりグランドから離れたり、片足がタッチラインを越えていたらファウルスローとなります。
つま先が出ても、かかとはタッチライン上であればセーフ。でも、そのかかとが上がって、タッチラインに触れていなければ、NGです。

 体をひねって投げたり、ボールを両手で頭の後から通過させて投げなければなりません。

それと、結構見逃してしまうというか、間違うのが、投げる位置

投げる場所がボールが出たところから離れた所から投げた時などはよくスローインのやり直しにする場合がありますが、それは間違いです。
投げる位置が著しく違う、5メートル以上も違う場合などでゴールに意図的に近づいているようなケースはファウルスローです。

投げる前に主審が位置の修正の指示をして、指示された場所から投げれば問題ありませんが、修正前の位置から投げてしまったらファウルスロー。
主審の指示がなかった場合でボールが出た場所と相当違うようであればファウルスローです。「ボールが出たところから投げる。」に違反しているからです。

正しくスローインが行われて、ボールがタッチラインにかからずインプレーにならなかった場合やり直しです。ボールがフィールドに入る前にグランドに触れた場合も同様にスローインのやり直しになります。

このやり直しと、前出の投げる位置が違った場合を混同しないようにしましょう。

ゴールやゴールネット、ラインカー、コーン・マーカー、などのサッカーチーム用品。


レフリーウェア ホイッスル フラッグなどレフリーグッズ


レフェリング -Lows of the game- [DVD]





レフェリー 知られざるサッカーの舞台裏 [DVD]


posted by zutto4q at 09:18| Comment(2) | 初歩的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今月から子供がサッカーを始めた為、練習試合の審判を頼まれることになり猛勉強中です。ファウルスローとは逆ですが、スローイン時のディフェンス側ファウルについて教えて下さい。

現役時代、ロングスロー狙いの相手に対してタッチライン際でジャンプして妨害しようとしたことに関して笛を吹かれたことがありました。その時はラインから離されて、相手側スローインでリスタートしたように記憶していますが、プロの試合を見ているとタッチラインから1〜2m程度のところでジャンプしてもお咎め無しのようです。ライン際に立つのも反則にはならなかったように思いますが、ルール上はどのように規定されていますか。また少年サッカーではどのようなジャッジが適切か、アドバイスをお願いします。
Posted by 復活4Q at 2012年05月21日 02:19
体を捻ってはいけないと言うルールは書いてないのでは?
1両足が地面に着いていること。
2ラインを越えないこと。
3両手で頭の上を通過して投げること。
だったと記憶しています。
Posted by 4Q at 2017年02月13日 01:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事
    情熱FX大陸