2012年02月23日

アジア最終予選 対マレーシア4点目


やはり気になる方が多いとみて、「サッカー 4点目 オフサイド」
っていうキーワードで早速このブログに来訪された方もいるので、
昨日のオリンピックアジア予選 対マレーシアの話題を取り上げましょう。

4-0と勝ち一安心で、シリアが負け首位に。

この試合でレフリー関連で感じたのが後半15分の斎藤の得点 日本の4点目となる得点です。

LIVEで見ていましたが、録画もしていたので、このシーンを何回も見直しました。
通常で見ていると明らかに3人オフサイドにみえたからです。
DSC_0141.JPG

3-扇原がシュートの瞬間の映像です。

10-東と14-原口は明らかにオフサイドポジションです。
しかし、GKのこぼれ球をゴールした15-斎藤はオフサイドポジションにはいません。
若干手がでているように見えますが、14-原口選手の前にいるDFのラインを超えていません。
(ちなみに手は出ていてもオフサイドにはなりませんから。)

国際審判は依然にも書きましたが、オフサイドの誤審に対して、フラッシュラグという脳の錯覚による判定に対しても訓練しているということでしたが、AFCのレフリーもたいしたものです。

スローで見ていても、その瞬間はかなり微妙で、オフサイドに見えます。

15番斎藤もオフサイドとなる、その場所にいて「利益を得る」の典型事例と思いましたが、
コマ送りで見るとこれば、セーフなのですから。すごいと思いました。

ただ、ちょっと水を注すようですが、10番の東選手のポジションです。
扇原がシュートを打ち、マレーシアのGKがはじくわけですが、シュートコースに非常に近く、見ようによってはGKの視線をさえぎっているのではないかとも思われます。
ゴール裏からの映像を見るとかなり微妙です、コースにほぼ入ってますので。

GKの視線をさえぎっているとすれば、15−斎藤はオフサイドではありませんが、10-東はオフサイドの反則となる・・・

相手競技者に干渉する。
となり、オフサイドとなります。

ただ、主審は扇原のすぐ横で見てますから、それもジャッジの対象にし、さえぎっていないとしたら、・・
さすが国際審判だと。感心・感動ものかもしれないと思った次第です。

でも、ゴール裏、DFライン、二つの映像を見ると。ちょっと疑問がでしたね。
ただ、一人の審判が複数の視点からみることなど不可能ですから・・・・それは無理を承知で、テレビでみた4級Rのジャッジは・・・

私は「東選手」が・・・・相手競技者に干渉する。のオフサイドだと思えるのですが。いかがですか?
みなさん。

追加:シュート打つ瞬間のゴール裏からの映像です。
oli01.jpg

シュートを打つ瞬間に東選手はGKの視線をさえぎってはいませんでした。
シュートのコースが彼のすぐ横を通りすぎたといえます。

ですから・・・ちょこちょこ変わってすいません。これは東選手は「相手競技者に干渉する」に該当せず。
当然、斎藤選手はそもそもオフサイドポジションにはいませんから。

ノットオフサイドって。結論ですかね。
posted by zutto4q at 11:32| Comment(1) | オフサイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日テレビを見ていて気になったので検索したら出てきたので見させてもらいました!!

オフサイドって難しいですね^^;
Posted by ryo at 2012年02月23日 16:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事
    情熱FX大陸