2012年06月12日

審判目線でW杯予選観戦。


ヨルダン戦 6-0 の圧勝。すごいですね。
日本サッカーのいいところが発揮され、結果に出ました。
後半の始まりのうち10分はちょっと抜いた感じがしましたが。・・・・

アジアで圧倒する、実力がなければ、世界には通用しないですから。
このくらいは当たり前ですかね。
ぜひ、次のオーストラリアにも 圧倒してほしいです。

さて、タイトルのとおり、
審判目線で、レフェリーのチェックなどもしてみると面白いですね。
ヨルダン戦は韓国審判団でした、イエローの基準やアドバンテージのとるところなど
われわれとそう変わらず、実にオーソドックスというか。
・・・・ちょっと、倒れるとファウル的なジャッジが多かったと思います。

長谷部が顔面にひじ打ち食らったプレーなどはイエロー2枚目のレッドでしたが、
一発レッドともちょっと微妙な感じがしました。

それとこれは審判のジャッジではないですが、前田がペナルティーエリアで倒され、
本田がPKを蹴って、ハットトリックになりましたが、そのシーンよく見てましたか?

ちょっと前のエントリーで書いた、まさしく、PKの監視のことのです。
副審の位置はペナルティーエリアとゴールラインの交点。
そして、本田がボールを蹴る瞬間まで、引き気味の映像だったのでエリア全体がよく映ってました。

さて、なにがあったかって。

あのPK、本田がきれいに決めましたが、もし、GKにはじかれたり、ゴールを外したりしたら・・・
PKのやりなおしになったはずです
このシーン実は私が指導している子供たち(6年)でもわかってましたよ。

ヨルダンの9番が、本田がまだPKの助走を始めたばかりの時すでに、エリア内に侵入してますから。
インプレーになる1.5秒くらい前に入ってしまってます。

だから、万が一外したとしても、もう一度PKのやりなおしだったのです。
ね。これ、本当に子供だろうが、W杯予選だろうが、しょっちゅう起きることなので。
PKの時は、PKが入る入らないだけじゃなく、しっかり監視しなければという実例でした。
posted by zutto4q at 19:34| Comment(0) | 競技規則に書いてある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

    情熱FX大陸