2012年08月20日

PK戦での審判のポジション

PK戦・・・これは正式には「ペナルティーマークからのキック」といいます。
試合中の「ペナルティキック」とは区別されているおり、それは審判のポジションも同様です。
以前のエントリーにも書いてますが、改めて復習のつもりで。

昨日も我がチーム主催の4年生の大会がありましたが、予選リーグから、勝ち点差が出るように
PK戦を実施しましたので、結構な数の試合で「ペナルティーマークからのキック」を行いました。
(10試合くらいあったかな)

主審で正しいポジションにいたの私以外、皆無で、正しい位置にはどなたも全くいませんでした。
副審の方で正しい位置にいた方は約2割。 微妙にみなさん、ズレていました。

下の図は競技規則のイラストです。 ガイドラインにも6条「副審」の位置で記載されています。
「ペナルティーキック」とは異なり、監視する対象が違うので、そのポジションも変わるのです。

PK.png

主審はゴールエリアの左の角。 
・・・・ペナルティーマークの横でペナルティエイリアの真ん中くらいの方が多い。

副審はゴールラインとゴールエリアの境界線との交点。
・・・・これも多くがペナルティーエリアとの交点にいるかか中間的な位置にいる方が非常に多い。

もうひとつ、キッカー側のゴールキーパーの位置も注意です。
ゴールラインとペナルティーエリアの境界線の交点(試合中のペナルティーキックの副審の位置です)とされてますが。正確にはペナルティーエリアの外であること。
(エリア内で待機させてしまわないこと)

ほとんどの方が定められてた場所より、遠くでPK戦を監視しているのが実態です。
副審の監視内容はゴールキーパーがキゴールライン上に正しくいるか?
ボールがゴールラインを越えたかどうかに限定されたいますので、前出の位置が合理的なのです。
なお、よく、ボールがゴールを越えた時に、フラッグを振る方がいますが、必要ありません。
明らかな時はアイコンタクトだけでOKなのです。 ウムウムと。

主審はキッカーがボールを正しくペナルティーマークにセットしたか。
ボールをキックする際にキックを行う一連の動きの終了後に認めらていないフェイントをしていないか?
を監視します。やはり、ボールがゴールラインを越えたとき都度、笛を吹く必要はありません。

まだまだ、夏休み中で、来週なども、試合でPK戦が行われるとが多いのでぜひ注意してください。
主審の方は、副審の位置、GKの位置など、間違っていたら、PK戦を始めるときに指示した方がいいでしょう。

UMBRO(アンブロ) L/S レフリーシャツ


posted by zutto4q at 11:12| Comment(4) | 競技規則に書いてある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
少年団に帯同で審判をやっています。このページをいつも参考にさせてもらっています。

ところで8人制、一人審判のときは、どこにポジションを取るのがよいのでしょうか?

監視する優先順位は、どうお考えですか?
Posted by お父さん審判 at 2012年08月29日 07:01
8人制で実際1人審判というのはオフサイドの厳密な管理は不可能です。
基本的には主審ですので、ボールの争点をしっかり監視できるとこに居る必要があると思います
視野を広く保つためにはハーフウェイから少しボールが展開されているエリアに入り、多少タッチラインよりに位置し、争点を含む広い範囲を監視するようにした方がいいと思います。
センターサークル付近できょろきょろしているのではだめですね。

まずはボールの争点。次にボールが蹴られるところの予想。オフサイドの確認。ボールがフィールドに出たかどうか・・・・こんな順ですかね。
Posted by zutto4Q at 2012年08月31日 11:31
回答ありがとうございます。

質問が漠然とし過ぎました。すいません。

PKの記事でしたので、試合中も含めPK時のポジションと
監視する点に付いて、ご意見をいただけますか?

よろしくお願いします。
Posted by お父さん審判 at 2012年08月31日 21:47
何度も申し訳ありません。
また舌足らずでした。

お聞きしたいのは、8人制、一人審判でのPKについてです。
どこのポジションにいるのがよいのか、
監視する点がたくさんあり、優先順位をどうつければよいか
迷っています。

是非、ご意見を伺いたいです。
よろしくお願いします。

Posted by お父さん審判 at 2012年08月31日 21:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

    情熱FX大陸