2012年09月10日

相手競技者の進行を妨げる

これまで、様々な実際の試合でのケースを取りあげながら、このブログを書いてきました。
毎週のように練習試合や、試合でいろいろなことが起きるので。

しかし、すでに相当のケースを取り上げて、だんだんと題材にも限度が。
みなさんのコメントなどからの質問や、ヒントから今後も「題材を」と思っております。

今回は、ときどき「オブストラクション」とか言ってしまう。・・・「相手競技者の進行を妨げる。」について

前にも書いたかもしれませんが、実は現在、サッカーでは「オブストラクション」とは言いません。
野球の場合は「走塁妨害」がこのオブストラクションで、主にラクビーなどでボールに無関係で相手の進路を妨害する反則が「オブストラクション」といわれています。

「キーパーチャージ」同様(これはルール適用上なくなったのですが)、現在は正式には「オブストクション」は使わない用語だということです。(ルール上はインピードというの正式らしい)

・・・・先日の招待試合で、私がこのファウルを取った時に、同チームの副審が「オブストラクション」と言っていましたが、経験のある審判や、昔からのプレーヤーである方がつい、言ってしまうようです。でも、100%間違いっていうわけではないので、上級でもつい「オブストラクション」といってしまう審判もいるようので。

さて、ではこのファウルは実際、どういうことが起きた時に適用されるのでしょうか?

選手が、ボールと相手競技者との間に体を入れる事はよくあることで、正当で、必要不可欠なプレーです。
ただこの際、審判はファウルが起りやすい事を想定に入れて監視します。
体を入れた競技者が、競技者に後ろから押されるファウルがまずあげられます。(直接FK)
そして、体を入れた競技者自身がボールをプレーできない距離で相手の進行を妨げた場合には間接フリーキックの反則となります。 ボールから2m以上離れてしまうような場合には、ボールがプレイングディスタンスにないことから、この反則を適用することとなります。再開は間接フリーキックです。

相手の進行を妨げる。このファウルの多くのケースが上記の状況が多いのですが、当然ボールがないところでも起きるのが、このファウルです。しかし、ほとんどの場合、そのファウルが取られることはないでしょう。
まず、今回のケースのような時に的確に判定できるようにしておきましょう


adidas(アディダス) レフリー 2012 ジャージーL/S




posted by zutto4q at 11:55| Comment(8) | 反則に対するジャッジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
四種のサッカー審判をするようになってから、ブログを参考にさせていただいております。

いわゆるオブストラクションについての質問ですが、審判をしていて、時折以下のような場面に出会います。
1)攻撃側競技者がゴール前に走り込んだ味方にパスを出す。
2)相手競技者がキーパーにボールを処理させるために走りこんだ攻撃側競技者の進路上に入り込む(ボールをコントロールできない距離)。
3)キーパーがボールを処理する。

このとき体の接触を用いて攻撃側競技者の進行を止めた場合(走りこんだ攻撃側競技者と並走しているとき等)、オブストラクション(間接FK)ではなく、ホールディング(直接FK)のファウルを取っていますが、間違いでしょうか?

基準として、身体的接触あり(ホールディング)、なし(オブストラクション)としております。ガイドラインでは「手、腕、または体を用いて…、相手競技者を押さえることである」とあり、「相手競技者の進行を妨げる」には、身体的接触については記載されておりません。

間違いであれば、「体を用いてのホールディング」とはどのような状況を指すのでしょうか?

よろしくお願いいたします。
Posted by 審判初心者 at 2012年10月08日 21:19
審判初心者さん コメントありがとうございます.
今はオブストラクションと言わない「相手競技者の進行を妨げる。」ですが、体の接触だけで「相手を押さえる」という直接FKをとるかどうか疑問です。
接触があっても、たとえば背中だけで、後ろ手で相手を抑えるようなことがなければ「相手を押さえる」には該当しないと追います。

審判の見方という点でいけば、ファウルを犯した競技者の意図がどこにあったか? 押さえる目的であったのか?相手の進路を妨害するつもりだったのか?その状況で体をどういう使い方をしたのかが、判断の分かれ道であると思います。
Posted by zutto4Q at 2012年10月09日 14:33
こんにちわ。
このケースの反則ですが、味方が所持しているボールに向かおうとする相手選手の進路を明らかに腕を使う等の行為で、進路を妨げた場合も適用ですよね?
その場合はどこからリスタートでしょうか?
ボールの位置?
妨害した位置?
Posted by at 2013年01月14日 17:18
最近になってこのブログを見つけて以来、毎日見させていただき、とても参考にさせていただいている4級審判の者です。

先日、主審をしていた際に判定したオフサイドのジャッジについて、ちょっとした物議をチーム内でかもしだしてしまったので、正しいジャッジはどうだったのか教えていただければと思い、初めて投稿しました。

コーナーキックをÅチームが得、キッカーが蹴ったところ、相手BチームのDFに当たり、ゴールラインに向かってボールが転がっていったのですが、そのボールをコーナーアークから直接走ってきたコーナーキックのキッカーがトラップしました。

私は、オフサイドと判断し、プレーを停止させましたが、試合終了後、ベンチに戻ってきた際、「さっきのプレーは味方からのパスに触れたわけではないのでオフサイドではないのではないか。」という議論になっていました。

私としては、その位置に移動したことにより、利益を得たと判断したわけですが、正しくはオフサイドなのかそうでないのか、どちらでしょうか?
Posted by たけぞう at 2013年01月20日 21:11
たけぞうさん。コメントありがとうございます。
対応遅くなっってすいません。

コメントの内容ですが、結論から言えば、オフサイドではありませんね。
ベンチの方々の判断どうり、オフサイドとしての基本的な要件である、「ボールが味方競技者によって触れられるかプレーされた瞬間にオフサイドポジションに いる」ではないからです。
たけぞうさんの論旨だと、コーナーキックをのキッカーが味方競技者という事になってしまいますし、コーナーキックはもちろんオフサイドはありませんし。
この件は普通に難しく考えずにオフサイドではないう、というジャッジで。
Posted by zutto4q at 2013年01月23日 15:14
14日の進路妨害に関してですが、プレーの再開は反則があった場所が基本となります。
(ゴールエリア内など一部の場合を除き)
ですので妨害があったところです。通常の進路妨害であれば関節FKですが、場合により手を使って抑えるような事があれば直接FK、警告の対象にもなることも。
Posted by zutto4q at 2013年01月23日 15:21
回答いただいて、ありがとうございました。勉強になりました。ミスジャッジですね・・・

また疑問があればどんどん投稿させていただきたいと思います。よろしくお願いします。
Posted by たけぞう at 2013年01月23日 23:06
回答ありがとうございました。
ボールが前に進んでいても、後方で進路妨害があると
後ろに戻ってしまうのですね。
参考になりました!
Posted by at 2013年01月27日 07:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

    情熱FX大陸