2014年09月19日

ゴールキックの時どこ見てます?

ゴールキックは試合中何度も行われる再開方法です。


主審、副審ともにこの時のポジションは競技規則に書かれているのでわかるとも思いますが、ではどこを見ていますか?


先日、市の少年リーグの時です。

私副審、主審は結構経験はある方。


ゴールキックを行う、キッカーはディフェンスの最終ラインの競技者。

それで、主審はどこを見ているかというと、ずっとそのキッカーを見ている。

その位置もペナルティーアークとセンターサークルの間くらい。


何が起きたと思います。


ゴールキックを受けようとする守備側競技者と攻撃側が主審の左後ろでいつも競り合っている。

守備側競技者が押さえたりして、接触もある。


主審はゴールキックのキッカーの方を見ているので、自分より斜め後方を見ていません。


一度ならずとも、だったので、次のゴールキックの時に少し主審がペナルティーエリアに近づいた時にアイコンタクトとこちらに呼びたいという素振りで「ディフェンス33と11がずっと競り合ってるよ」と一声かけました。


これはどういう事かというと、

次の争点の予想や、ボールがあるところだけでなく、それもインプレーでなくても、争うことは起きていると言う事を意識づけてほしいと言う事です。


コーナーキックの時はもちろん、ペナルティーエリアの争点となりうるエリアを中心にキッカー付近からすべてチェックしていると思います。

ゴールキックとなると、油断ですか? キッカーを見つめると言う状態が多いのではないですか?


次の試合ちょっと気をつけて、やってみてください。


posted by zutto4q at 08:31| Comment(1) | 審判のやり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3審制ならゴールキックでない方の副審のサポートが大事ではないかと思います。
Posted by black at 2014年09月23日 01:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事
    情熱FX大陸