2016年01月13日

県大会近いので 副審のやり方 のおさらい

主に主審の内容で書く事が多くなってしまってましたので、県大会(神奈川 日産カップ)も近いので公式戦での副審の注意点をおさらいしておきしましょう。少年 4種ですと、普段上級審判がやっている副審などあまり見る機会がないと思いますので、競技規則に記載されていない基本的なことも押さえておきます。

まず、あくまでも「副審」ですので「線審」ではありません。
主審を的確にサポートしなければなりません。
ですから ただオフサイドやスローインのフラッグを示すだけでないということを認識し注力しましょう。

準備
時計 ブッキングのための記録用紙は必ず持ちます。
時間も計測しますし、得点や懲戒罰の記録もしますので。
少年の試合あたりだと副審が記録してないことなどありますが、絶対必要です。警告の対象者なども記録します。
時計も必ず持ち時間を計測します。タームキーパーは主審ですが、負傷などで主審が例えば時計を止め、再開時に作動せず時間がわからなくなった時など副審のフォローが必要になりますから。
(事前にそういう時もどういう合図をするか打合せをしましょう)
(私はトスコインは予備のカードももっています。)

試合開始
試合開始のセレモニーのあと、もう一度必ず、ゴールの位置がずれていないか? ネットに穴などないか?をチェックして所定の位置にツキます(オフサイドライン)

試合中
フラッグは基本的に左手で持つ事。
大半が、オフサイドやゴールキックなどの合図のためのフラッグアップを右手で行うため、フラッグを持っている手も「右」と思っている方が多いようです。基本はむしろ左手で持つです。それは、フラッグを下ろしている状態でも主審から常にフラッグが見えるようには左手の場合の方が多いからです。
そして、出来る限り徹底して、サイドステップで常にフィールドに対して真正面、正対しているように立つ。
ハーフウェイラインのところでは足を揃え、左手にフラッグ。
サイドステップではなくスピードを出してダッシュで走らなければならない時
ゴールラインに向かって走る時は左手でフラッグはバタバタしない位置でしっかりおろしておく。
反対にコーナーからハーフウェイ向かって走るときは右手に持ち替えて同様にバタバタしない。
(フラッグアップ以外に右手で持つのはこの時くらいですね)

コーナーキックの時も左手でフラッグを持ち ゴールラインに合わせて邪魔にならないように。

・・・しかし ゴールキックの合図や、コーナーキックの合図は腰の下で持ち替え、必ず右手で合図する。

ゴールキック
ゴールラインを割って、ゴールキックを指し示す時もかならず、ゴールラインまで走り、指し示す。
ゴールキックでの位置はまずゴールエリアのラインのところでボールが確実にエリアに静止してるか確認。
次にペナルティエリアをボールが確実出たかを見れるようにペナルティーエリアのラインのとこで、さらにオフサイドラインが上がっていれば、それをキープするために移動する。

オフサイドの時
プレーに干渉 その位置にいて利益を得るなどの状況を見極め、2列目の飛び出しなども注意し、ウェイトアンドシーで少し「ゆっくり目」にフラッグアップ。
主審が気付かない時は 守備側のボールに明確になるまで、フラッグを上げ、場合によっては主審を呼ぶ。
主審がオフサイドを適用しない場合で、キャンセルの合図をした時はすみやかにフラッグを下ろし、オフサイドラインに戻る。
オフサイドの再開時は僅かな位置の違いまでは指示しない。ある程度の近いエリアからであれば再開させる。
指し示す時の基本は体の向きフィールドに正対する。ファーサイドなどは体を横向きや斜めにしてフラッグを上げる方が多いが、真正面を向いて指し示すように。

スローインの方向
レフリーサイドなどでどちらがスローインかわからない時などはフラッグアップを真上に上げたままで、主審の指し示す方向に合わせ合図する。(コーナーやゴールも同様で分からないのに適当にさ示さない。主審に委ねる)
ボールアウトがはっきりしていてスローインの方向を示す場合はフラッグは上に挙げずに斜め横にスローインの方向をすぐに指し示します。フラッグと腕はまっすぐ。 手首を曲げフラッグだけ上になったいしないように、腕とフラッグが一本になるよう水平より少し上目に上げます。 

ペナルティキックの監視は ゴールラインとペナルティーエリアの交点で、ゴールキーパーばインプレー前にゴールラインから前に出ないかを監視します。
ペナルティーマークからのキック(PK戦)はゴールラインとゴールエリアの交点で、ボールがゴールラインを越えたかどうかを関しします。

得点の時
まずはゴールラインまで確実に走りボールがゴールラインを越えた事を確認。
通常はフラッグで合図はなにもしません。主審とアイコンタクトした上でハーフウェイラインに向かって走ります。
ゴールラインを割ったが、まだプレーが続き、インプレーのように見える時やゴールラインを越えたボールをかき出してプレーが続いているときなどはフラッグアップして主審に合図。その後ハーフウェイラインに向かって走る。

副審AR1
ベンチのあるフィールド側をレフリングする「副審1」
4審がいない場合は 交代の手続きをします。ゴールライン近くの位置で交代手続きをする時は主審が変わりハーフウェイのところで交代要員のチェックなどをしてください。(試合前にチェックはしても、交代要員が入る時はできるだけ)
ベンチコントロールも重要な役目、 判定に対する異議や、指示なども含め責任ある行動をとらないチーム関係者や交代要員、交代して退いた競技者などの行動も監視します。注意が必要な場合は副審が口頭で注意し、場合によっては主審に合図、報告し、退席処分や懲戒の必要な処置をとります。

競技規則にもしっかり頭にいれておきましょう。

posted by zutto4q at 14:15| Comment(4) | 副審 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
副審の行動規範有難う御座います。
差し違いなどを防ぐためにされていることがあればご教示ください。
因みに 私は、正対を維持してボールを触っているチームの方にフラッグを持つようにしながら最終タッチを判別する様にしています。
これはやめた方が良いでしょうか?
また 副審の私と1m近辺程度しか聞こえない声で侮辱・暴言を聞いた場合はすぐにフラッグアップするべきでしょうか? 
例えば「クソが」だとか「足かけんなボケ」といったぼそっと言った場合です。(言葉が悪くて申し訳ありません) 
Posted by 宮崎新米 at 2016年02月15日 15:26
タッチラインに近い状態ボールを奪い合う「争点」になった場合など、煩雑ですし、持ち替えでバタバタしているようになるので フラッグを持つ手はこのページの主審に対して見やすい事を優先した方がいいでしょう。
「独り言のような」侮辱、暴言ということで、この現象が当てはまるかどうかですね? 近いAR1が判断する必要はあると思いますが、審判としての良識を持ち判断する他はないと思います。 
たぶん、聞こえない程度では暴言とは言えないでしょうが、内容によっては明らかに「侮辱」に当てはまる内容であれば、主審への助言は必要ですね。
Posted by 管理人 at 2016年02月15日 16:45
ご多忙の中でのコメント有り難うございます❗
「争点」では仰る通りになりそうです❗
基本通りの癖をつけるようにします。
また 侮辱に関してのご指導有り難うございます。
先輩審判の方々に聞きながら、どう判断したら良いかを身に付けていきたいと思います。
これからも参考にさせていただきます!
有り難うございました!
Posted by 宮崎新米 at 2016年02月22日 13:29
いつも参考にさせていただいてます。
先日4種の試合で副審A1を担当した際に、4審を担当していた3級の方にアドバイスをいただきました。競技者が手前側のライン際でプレーをする際に、どうしてもラインから離れる癖があるとのことでした。確かに、私はオフサイドラインを意識しながら、かつ競技者が勢い余って私にぶつからないように無意識に距離をとっていたのという自覚もあります。指摘を受けて、確かにラインの境界を確認するためにはラインから離れてはいけないと思いますが、オフサイドラインから外れることになるのもどうかと思いました。そのような状況ではどのような対応が良いのでしょうか。
ご教示ください。
Posted by N.K at 2016年05月20日 23:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事
    情熱FX大陸