2016年05月25日

2016 競技規則が改訂されました。

先日5月19日に IFABによって改訂された 競技規則がJFAより通達されました。

7月ごろに配布される新しい競技規則・ガイドラインにはこの改訂された内容が記載されています。

JFAの審判のWebサイトにビデオと共に掲載されていますのでぜひ確認してください。




大きな変更点もあり、さらに細かい規定を具体的にに記載されたりで、かなりこれまでと変わっていいるうようです。

レフリーをおこなうにあたって、カテゴリー、大会などによって、今回の改訂の適用をいつからするかは異なってきますが、Jリーグは2ndステージの7月から適用で、アマチュアでも地域、都道府県レベルでも来年4月までには適用することとなっています。

少年の試合での大会規定が、この適用によって開催されるかなど、しばらくの間(来年4月まで)は確認が必要です。

主審だけが、競技規則を理解しているだけでは試合コントロールはできないので、副審などのレフリーチーム、競技者 大会関係者 少年の場合はチーム指導者も含め、この改訂の内容といつから適用するのかを理解、認知してもらう必要があります。

当然、競技者にとってもルールは重要なファクターですので、子供たちにも解りやすい、よくあるケースから解説しておく必要があるでしょう。

そのレベルで大きな変更というと、まずはキックオフです。

以前はセンターマークにボールが静止し、前方に蹴られたことでインプレーに。
ということになっていましたが、これがなんと変更になりました。

ボールを後ろに蹴ってもOKになったのです。

ただ、ボールに触れるだけとかではダメで、ボールがけられてあきらかにに動いたときインプレーとなる。
など、従来とは完全に変わっています。
これにより、ボールを前に一度蹴りバックパスする際にも、従来見過ごされがちだった、インプレー前に競技者がハーフウェイラインを超えて位置することは認められないことも明記されているようです。

この他では、守備側側競技者が相手競技者の決定的得点の機会の阻止をしてしまった場合、従来はその位置がどこであっても退場=レッドカードの懲戒で罰せられていたものが変更になりました。
ペナルティーエリア内でボールに挑んだ結果として、決定的得点の機会を阻止した場合に限り、退場ではなく、警告となることが規定されました。ペナルティーエリア内では当然、PKが与えられますので、従来であれば退場、次試合の出場停止など過度とも言える懲罰となっていたということから、「ボールに挑んでいる」とい状況の時のみ退場ではなく、警告されるとことに変更されたようです。
ペナルティーエリア内であってもその他 手で得点を阻止するなど 上記以外の決定的得点の機会の阻止は従来どおり退場となります。

決定的得点の機会の阻止=退場 ではなくなったということですので十分意識づけを。

もう一つ子供達が 競技者とし犯してしまう可能性のある反則でペナルティーキックのゴールキーパーの反則が代表的なものでしょう。

ペナルティーキックの時ゴールキーパーがボールがインプレーになる前(今回の改訂で言えば、けられて明らかに動く前→ペナルティーキックは従来どおりボールを前方にけらなければなりません。後方に蹴ったら間接フリーキック反則です。)ゴールラインから離れた場合に、従来はゴールであれば得点を認め、ゴールにならなければ、ペナルティーキックのやり直し(前回のエントリーで書いた)になってましたが、ゴールキーパーに懲戒罰はあたえられませんでした。
今回の改訂では、ペナルティーキックのやり直しになるだけでなく、ゴールキーパーには「警告」が与えられることになっています。ゴールキーパーが反則し、ゴールキーパー以外の競技者がゴールキーパーと同時に侵入の反則などをおかした場合でも、ゴールとならなかった場合はゴールキーパーに限り警告が与えれます。

この他にも改訂はかなりの量になります。
従来は曖昧にされていたことも明記されている事項が増えました。例えば
・ハーフウェイラインはどちらのチームのエリアなのかとか?
・ペナルティキックが完了するということ

来年の4月までには確実に浸透させ、運用しなければならないのでしばらくは競技規則の適用でいろいろありそうです。
まずは、競技規則全般を十分理解しなおす必要がでてきました。チーム、大会運営、指導者間などでも十分コミュニケケーションを取って対処していきましょう。


posted by zutto4q at 17:36| Comment(2) | 競技規則に書いてある | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
−管理者様−

キックオフの改正は、少年でのやり直しは少なくなるでしょうね。
ただ、インプレー前にハーフウェイラインを超えている選手は、どのカテゴリーを見ても相変わらず多いですねー。テレビ放映で写っているプロ選手でさえ良く見られます。この辺は、見られてる意識を持ってもらいたいものですね。

PK時のキーパーに対する飛び出しの警告もレフェリーはしっかり覚えておかないと・・・
例えば、ペナ内でのキーパーのトリップで警告(1枚目)→PKで先に飛び出し警告(2枚目)→警告2枚目でキーパー退場

なんて事象も多くなるかもしれませんね。
Posted by ヒラリン at 2016年05月27日 11:07
11.5フリーキックの位置によると、、
もしかして、オフサイド時のフリーキックの位置って変わりました?
Posted by sck at 2016年05月31日 16:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事
    情熱FX大陸