2016年09月06日

新ルール  2016、2017の適用はいつから。

 5/19 IFABの通達により2016/2017競技規則の改正が通達されました。

その後のEUROの試合や2ndステージのJリーグなどで既にこのルールが適用されています。



まず、キックオフのボールを前方に蹴らず、ダイレクトで後ろに蹴っていることから「新ルール」が適用されていることが一目瞭然で分かります。しかし、これは改正された競技規則のごくごく一部で、今回は大幅なルール改正で、運用の難しい改正部分もかなりの量あります。

ではこの改正されたルールはいつから適用されるのという問題??
Jリーグとはもう変わっているんだから、もう変わっているんじゃないのかな???


さて・・それでは 私達が関係する少年の試合などはどうでしょう?

やはり既に新ルールでしょうか?


・・・ある地域の比較的大きな大会が夏休みにありました。

キックオフを後ろに蹴ってます・・・・もう新ルール適用しているんだ???と


本部にこの大会は「2016/2017」の競技規則に準じますか?と尋ねると・・・

もう、新しい、「ルールブックが審判のところに来ているので、それが競技規則で、新ルールでしょ?」

なんとも、直球なお答えでした。 本当ですか? そっれ?? (間違いではないのですが、かなり無茶ですね)


さて、実際のところどうでしょう、新ルールの適用は。

JFAはJFL Jリーグ なでしこリーグは各2ndステージからのの適用開始日とし、、全国大会は7/23が原則開始日で・・以下引用

現競技規則(2015/2016年)・ 新競技規則(2016/2017年) のどちらを適用するかを各競技会毎 に確認し、競技会規程等に明記す る。また、代表者会議や監督会 議、マッチコーディネーションミーティン グの都度確認する。

 



地域、都道府県の主管の試合に関しては大会は

遅くとも、2017年4月1日 (土)



となっています。


ということは4種 少年の都道府県以下レベルの試合は来年4月以降は新ルールでそれまでは大会主催者が適用開始日を大会規定に期すということになっているということです。

前年の大会要項のままなどの大会は「日本サッカー協会 サッカー競技規則に準ずる」といった記載のままだと、要注意です。
都道府県 群市町村 の各主催の大会であれば、主催者が 2015/2016か 2016 /2017競技規則の適用かを明記、公表する必要があることを認識し、審判はどちらの規則なのかを試合開始時に確認しておく必要があります。

都道府県 郡市町村サッカー 協会もまだ、明確化できてないところ多いのが現実ですの、試合前の確認は必須ですね。
それと、これは審判だけの問題ではないので、チーム関係者、競技者が、改正ルールを十分理解する必要があります。


新しいルールブック届いたら ・・・・さあ 新ルールだ。


今回はそう単純にはいきそうもありません。周知期間が必要と都道府県サッカー協会レベルは考え、上級審判への改正の運用説明、各種委員会への講習実施などを経て、ようやく「周知」され、来年の通常運用へと移行していくものと思われます。
・・・・実際 8月にこの適用日のことをネットで調べてもほとんど検索結果にあらわれてきませんでしたね。


協会が関与しない、大会主催者の主管試合は 当然、新ルールを適用してもなんら問題はないのでしょうが、それはそれで、キックオフだけではないので、審判、競技者、チーム関係者に改正ルールが周知されるまで、まだまだ混乱するものと思われます。
少なくとも大会規定に適用の有無(年度)明記してさらなる混乱を避けなけばなりません。


ただ、既にルールは新しい競技規則となっているということは肝に命じ、それがどの試合からなのか、かなり神経を使う必要があります。
ルールは改正された競技規則を全て同時に適用する必要があるので、ローカルルールにありがちな部分適用はNGです。
審判をする方は既に改正されたすべての条項覚えておく必要があり、いつから適用されてもいいようにしておかなければなりませんね。
かなり大変ですよ。

決定得点の機会の阻止、負傷者(FP)のフィールド内での治療、PK時のGK キッカーの反則、ペナルティーマークからのキック(以下PNK)のコイントス、PMKの途中での人数調整の必要性、オフサイドの再開位置、ボールインプレーの概念等々 
しばらくはルールブックを手放せないと思います。

ちなみにですが(まだ公表はされてませんが)私の所属の都道府県・市ではしばらくは新ルールの適用はなさそうです。9月に行われる試合は2015 2016競技規則です。

今回の競技規則の改正点の背景には「公平性」「単純化」があると思われますが、リーグ戦など年度途中から変更することで、改正の目的自体との矛盾が生じることになるなど、各協会がナイーブに扱っているのではないでしょうか? たぶん。

半年間は2つの競技規則を頭に・・・なんで、 審判は結構つらいものがありますね。 !!!



posted by zutto4q at 19:34| Comment(4) | ルール改訂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめての質問です。よろしくお願いします。
先日、6年生8人制1人審判の笛を吹きました。
6年生ということもあり縦に大きなボールをつかう場面も多々ありました。
そんなプレーのひとつですが、自陣ペナ前方あたりより
相手最終ラインにいるFWに長いボールが蹴られました。
1人審判ということでオフサイドの判断をするため
すぐに視線を最終ラインに移しました。
その直後、先ほどボールを蹴った選手が倒れているのを
確認しましたが争点を観ていないためファールはとれませんでした。
状況と試合後の話ではアフターファールだったようです。
試合後に場面を思い返して、どのようなポジショニングを
すれば最終ラインのオフサイド判定と長いボールを蹴った選手への
アフタファールの判定ができたのか考えました。
両方をみるにはかなり遠方にポジショニングする。と考えましたが
争点から離れすぎると思いますのでいい答えではないなとおもいます。
なにか解決できるようなアドバイスがあればお願します。
Posted by M at 2016年09月23日 15:54
Mさん コメント有難うございました。
返信遅れ、すいませんです。
私もU13などで一人審判の公式戦を時々対応します。
ポジションはかなりプレーの展開を見て、偏らない感じにし、必要な時はスピードアップでダッシュで争点を監視するようにしてます。
オフサイドのラインのみにはとらわれず、広い視野の確保と視点を変えています。
実は最近もやりましたが、そういう方法で、やはりアフターで少しアドバンテージ、でファウル・ 十分監視は出来ました。それにはプレーの流れから完全に視点を切ってしまわないようにすることも必要かと思います。
広い視野の確保 バックステップなどで自分の真後ろにプレーする可能性のある競技者を置かないなどを気をつけています。 アシスタントレフリーがいる時よりは 争点を中心に広く見ることが必須ですね。
Posted by 管理人 at 2016年09月30日 12:01
初めまして!最近このブログを拝見させていただいている者です。ユース3級審判資格を所持しています。
今回の改正について、質問というより次の場面についてお考えを聞かせていただきたいのですが、

競技者が退場の対象となる反則を犯したが、主審はアドバンテージを適用した。だがその後に反則を犯した競技者がボールに再び触れたため、主審はプレーを停止し、その競技者に退場を命じ、相手チームにその競技者が二度目に触れた地点から行われる間接フリーキックを与えた。

今回の改正に則れば上記の主審の行動に間違いは無いと思います。(たぶん)
質問なのですが、
この状況で「二度目に触れた地点から行われる間接フリーキック」を与えるという規定は妥当だと思われますか?本来であれば直接フリーキックを得ることができたはずの相手チームにとって不利益では無いでしょうか?
これがコートの中盤くらいの地点であれば問題になるほどでは無いでしょうが、ゴール前−−特に、もしペナルティエリア内でアドバンテージを適用したとしたら、ペナルティキックを得られるはずが間接フリーッキックになってしまって、あまりにも不利益が大きすぎませんか?
私は、この場合「二度目に触れた地点から行われる間接フリーキック」では無く、「最初に反則を犯した地点からの直接フリーキック」を与えるべきだと思います。どう思われますか?
退場の対象になる反則を犯したときは原則アドバンテージを取るべきで無いことは理解しているのですが、どうしても気になってしまい、ここに書かせていただきました。
拙い文章で読みにくいこととは思いますが、ご返信お待ちしています。
よろしくお願いいたします!!
Posted by sunlight at 2016年12月30日 20:34
Posted by 丸山孝治 at 2017年04月01日 06:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事
    情熱FX大陸