2017年03月15日

ビギナー4級審判の方に まず準備

実際の試合と競技規則の解釈に関しての記事がこれまで中心でしたが、3月も中旬になり、いよいよ4月からの新年度で新たにサッカーの審判活動を開始される方の参考になるような記事を少し連載していこうと思います。

まず実際に審判をやる前の準備と心構えから。

審判をやるにあたって、必須なのが、競技規則を覚える事ですが、初心者が1条から順番にすべて覚えのは無理があるかと思います。

フィールドの大きさや規定、ボールの空気圧など、主審の役割など、確かに重要ではありますが、練習試合やミニゲームから最初は審判を始めめる事が多いと思いますので、その辺のところから。

11、12条のファウル、オフサイドを覚える事が必須です。
直接フリーキックとなるファウルにはどういうものがあるのか? 同様に関節フリーキックになるのはどういう場合か?。これは競技規則を施行する上で欠く事のできない重要規定です。
それぞれのファウルがどのようなものかは実際の試合やゲームなどの経験で積み上げて行かなければなりません。
蹴る。 つまずかせる。の足によるファウルは比較的わかりやすいのですが「チャージする」「抑える」などはどれがファウルなのか判断するのが最初は難しいと思います。チャージなどは上級審判であっても、正当なチャージなのか? ファウルなのか迷う事もあるくらいです。

練習試合で審判をやるときですが、そういう時こそファウルの見極めの練習になるのですから口に笛が行った時は迷わず吹いてしまいましょう。

それと最初が肝心なので言っておきますがファウルをしっかり見るには争点の近くで副審と挟んでプレーを監視する事を気にして下さい。まずは動く事が重要だという事です。センターサークルの近くだけで判定する事は無理があります。


さて、最初のころは主審ではなく、副審からスタートする事が多いので、オフサイドに関する条文や図はしっかり覚えておきましょう。
オフサイドは試合の結果に大きく影響する要因ですので、徹底的に頭に入れておく事です。実際副審を担当した場合にはまずはオフサイドラインのポジションを徹底的にキープして監視する事が基本となります。

最初のころはオフサイドポジションにいる競技者にボールが出ただけでパッとフラッグアップしてしまう事が多いかもしれません。オフサイドの成立がしてない場合にはある程度経験のある主審であれば、フラッグアップのキャンセルを指示してくれるので、それに従います。(4種4級だと笛を吹いてしまう主審が多いのが現状ですが)
まずはウエイト&シーといって、ゆっくり待って見極める癖をつける事が重要です。

今回は準備として競技規則をまず覚え練習試合などで経験を積む心構えを少し取り上げてみました。

次回からは初心者の実践的な事例をご紹介していきます。




posted by zutto4q at 09:36| Comment(0) | 審判のやり方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事
    情熱FX大陸