2017年04月19日

サッカー 審判「笛」の選び方

今回はブログタイトルのとおりの「笛」の話をしましょう。

新規でサッカー4級審判の資格を取得すると、競技規則の他にJFAからレフリーグッズが届けられますが、その中に試合に使う大切な「笛」があります。

公式戦から練習試合、ミニゲームまで、使用頻度がもっとも多いのがこの「笛」で、重要アイテムです。
このブログの右のサイドバーにも「笛」のバナーが色々貼ってありますが・・・

さて、どの笛がいいのか笛選びで参考になるような記事を紹介しましょう。

先程のJFAから送られていくる「笛」はプラスチックに中にコルク玉が入ったものだとおもいます。
よほど、強く吹かないと「いい音」がでる構造にはなっていません。価格も実質200円程度
そこで、

もう少し「いい音」のでる笛はないか?
上級審判やJのレフリーのいい音の「笛」は何?

ということになるかと。

まず、代表的なレフリーホイッスルはというと

molten製の「バルキーン」
IMG_5600.jpg

写真左の黒とシルバーの笛です。

価格は4000円程度かと(ホルダーとかついてると申込しアップ)

Jリーグ審判 西村裕一さんW杯ブラジルの前に、モルテン社が共同開発したモデルです。
コルクではなく二つの細い溝が空気を震動させ、高周波数の音と低周波数の音がミックスして出ます。
比較的軽く吹いても、かすれる様なことはありません。「ピー」というより「ビー」の方がイメージかもしれません。

ですから、笛の強弱「ファウルの質」「キックオフ」「プレー再開」「懲戒罰」のケースで吹き分けられるようになってます。

いい音がでるので、やたら強く吹くと、少しうるさすぎるかと思います。
価格帯も少し高価な部類なので、4種の試合での審判が使われるのでは少し悩みどころですね。
お薦めという点で「中」ですかね。

(写真右はmolten社 チタン製で中はコルク 10000円くらいしました。 試合の前のセレモニーなどの時に使っています。試合中の使う笛はバルキーの時)

さて次の写真は
IMG_5601.jpg

一番左が ドルフィンF で 一番右が ドルフィンプロKPマウスグリップ付き
私が通常使っているのは 右のドルフィンプロマウスグリップ付きです。

モルテンのドルフィンシリーズにはこの他にも
マウスグリップのない ドルフィンプロがあります。音の高さが若干違うように感じます。
マウスグリップ付きのKPと、溝の幅が若干違うように感じます。

音の高さの順で言うと ドルフィンF → ドルフィンプロ → ドルフィンプロKP
という感じです。 

価格はどのモデルもあまり変わらなくて、だいたい2000円前後かと


ドルフィンプロKPマウスグリップ付きは 「ビー」っていう野太い音で、
バルキーンより少し低めの音ですがバルキーンにちょっと似た感じの「響き」があります。

それと比較するとマウスグリップのないドルフィンプロはその「響き」がなく、強く吹かないと「ボー」っていう
ちょっとにぶい感じで間が抜けた音や「ピー」と響きのない音がでてしまったりします。

歯でしっかりホールドし、スタッカート的に吹かないと間が抜けた音が出る傾向にあります。
吹き方も事もあり、マウスグリップ付きの ドルフィンプロKPはお薦めです。
マウスグリップがあるので、歯でしっかりホーロドできるのがさらに「いい音」に関係しているかと思います。

最後に中央下のがこれもモルテン社の FOX40マウスグリップです。
これは上記3種のドルフィンシリーズより、高い音です。響きという点では「ビー」っていうイメージはなく
「ピーッ」と鋭い、 細め、高めという音です。

少年の試合などで隣接するフィールドで試合が行われる時に、隣のレフリーがドルフィンやバルキーンを使用している時など、
音色の傾向の違うこのFOX40を使用することがあります。
このシリーズにもマウスグリップのないものがありますが、やはりお薦めはマウスグリップ付きです。
これも価格はドルフィンと同様の2000円程度。

予備の笛をもっておくときなどにはお薦めです。

全体的ににみて、4種類のホイッスルでは少年の試合などでお薦めなのは、価格面なども考えると、やはり・・・

ドルフィンプロKPマウスグリップ付き が一押しです。 参考にしてください。



molten(モルテン)【WDFPKPBK】ドルフィンプロKP 各種審判員用ホイッスル

molten(モルテン) レフェリーグッズ ホイッスル ドルフィンプロKP シルバー WDFPKPSL

新品価格
¥1,512から
(2017/4/19 12:15時点)

posted by zutto4q at 12:05| Comment(5) | 初歩的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見させていただいております。
新ルールのキックオフについて疑問があり質問させてください。
キックオフ時どの方向に蹴ってもOKとなりましたが、後方へ蹴る場合、物理的にはハーフウェイラインを越えて足を振らなければ後方へ蹴り出すのは難しいと思います。ルール上インプレーになるまでハーフウェイラインを越えてはダメですし、問題無いプレーなのは分かっていても、なんだかスッキリしません。片足がラインに掛かっていればOKという意見もありますが、そうなれば他の選手もOKになってしまいますし。自分の見解としては、ハーフウェイラインを越えて地面に体の一部が付いているのはNGで、空中でラインを超えているのはOK。蹴り足がラインを超えていても、軸足がラインを越えていなければ、ボールを蹴る(インプレーになる)瞬間は空中でのみラインを超えている状態なのでOK。この考えだと他の競技者の件も説明がつきます。頭などが空中で超えていても足がラインを超えていなければOK。空中ならばOKというのが自信ありませんが。。。
分かり難い説明で申し訳ありませんが、回答お願いします。
これからも楽しみに拝見させて頂きます。

Posted by 3級審判 at 2017年04月20日 14:21
Posted by 管理人 at 2017年04月20日 18:32
再開おめでとうございます。SI3にもなられたようでおめでとうございます。
笛、初めに何を購入するか悩みました。ドルフィンプロKPを購入し、どんどん増えていく状況です。
別で購入できないようですが、 「フリップグリップ」便利ですね。このアイテムはおすすめです。

ハーフウェイラインの件ですが、
対比表には、
「日本協会の解説
基本的にハーフウェーラインは、それぞれ相手または自分のハーフに含まれると解釈される。ただし、オフサイドの判断をする場合に限り、どちらのハーフにも含まれない(中立)と解釈する。」
となっています。
Posted by 保護者3級 at 2017年04月21日 17:55
保護者3級さん
3級審判さんコメント有難うございます。

昨日のコメント。失念してまして申し訳ございません。
間違った内容で記事がヒットすると、また他の皆さんにご迷惑をおかけしてしまいますので、コメント一度削除させていただき。改めて記事として正確を着して追加しようと思います。よろしくお願いいたします。

特に保護者3級さん有難うございました。
Posted by 管理人 at 2017年04月21日 18:23
静岡県サッカー協会では、笛は送られて来ませんでした。
地域によって、支給品が違うのでしょうか。カード類もなく、講習代金に見あわない気がしました。
Posted by 匿名希望 at 2017年04月24日 21:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気記事
    情熱FX大陸