2017年04月19日

サッカー 審判「笛」の選び方

今回はブログタイトルのとおりの「笛」の話をしましょう。

新規でサッカー4級審判の資格を取得すると、競技規則の他にJFAからレフリーグッズが届けられますが、その中に試合に使う大切な「笛」があります。

公式戦から練習試合、ミニゲームまで、使用頻度がもっとも多いのがこの「笛」で、重要アイテムです。
このブログの右のサイドバーにも「笛」のバナーが色々貼ってありますが・・・

さて、どの笛がいいのか笛選びで参考になるような記事を紹介しましょう。

先程のJFAから送られていくる「笛」はプラスチックに中にコルク玉が入ったものだとおもいます。
よほど、強く吹かないと「いい音」がでる構造にはなっていません。価格も実質200円程度
そこで、

もう少し「いい音」のでる笛はないか?
上級審判やJのレフリーのいい音の「笛」は何?

ということになるかと。

まず、代表的なレフリーホイッスルはというと

molten製の「バルキーン」
IMG_5600.jpg

写真左の黒とシルバーの笛です。

価格は4000円程度かと(ホルダーとかついてると申込しアップ)

Jリーグ審判 西村裕一さんW杯ブラジルの前に、モルテン社が共同開発したモデルです。
コルクではなく二つの細い溝が空気を震動させ、高周波数の音と低周波数の音がミックスして出ます。
比較的軽く吹いても、かすれる様なことはありません。「ピー」というより「ビー」の方がイメージかもしれません。

ですから、笛の強弱「ファウルの質」「キックオフ」「プレー再開」「懲戒罰」のケースで吹き分けられるようになってます。

いい音がでるので、やたら強く吹くと、少しうるさすぎるかと思います。
価格帯も少し高価な部類なので、4種の試合での審判が使われるのでは少し悩みどころですね。
お薦めという点で「中」ですかね。

(写真右はmolten社 チタン製で中はコルク 10000円くらいしました。 試合の前のセレモニーなどの時に使っています。試合中の使う笛はバルキーの時)

さて次の写真は
IMG_5601.jpg

一番左が ドルフィンF で 一番右が ドルフィンプロKPマウスグリップ付き
私が通常使っているのは 右のドルフィンプロマウスグリップ付きです。

モルテンのドルフィンシリーズにはこの他にも
マウスグリップのない ドルフィンプロがあります。音の高さが若干違うように感じます。
マウスグリップ付きのKPと、溝の幅が若干違うように感じます。

音の高さの順で言うと ドルフィンF → ドルフィンプロ → ドルフィンプロKP
という感じです。 

価格はどのモデルもあまり変わらなくて、だいたい2000円前後かと


ドルフィンプロKPマウスグリップ付きは 「ビー」っていう野太い音で、
バルキーンより少し低めの音ですがバルキーンにちょっと似た感じの「響き」があります。

それと比較するとマウスグリップのないドルフィンプロはその「響き」がなく、強く吹かないと「ボー」っていう
ちょっとにぶい感じで間が抜けた音や「ピー」と響きのない音がでてしまったりします。

歯でしっかりホールドし、スタッカート的に吹かないと間が抜けた音が出る傾向にあります。
吹き方も事もあり、マウスグリップ付きの ドルフィンプロKPはお薦めです。
マウスグリップがあるので、歯でしっかりホーロドできるのがさらに「いい音」に関係しているかと思います。

最後に中央下のがこれもモルテン社の FOX40マウスグリップです。
これは上記3種のドルフィンシリーズより、高い音です。響きという点では「ビー」っていうイメージはなく
「ピーッ」と鋭い、 細め、高めという音です。

少年の試合などで隣接するフィールドで試合が行われる時に、隣のレフリーがドルフィンやバルキーンを使用している時など、
音色の傾向の違うこのFOX40を使用することがあります。
このシリーズにもマウスグリップのないものがありますが、やはりお薦めはマウスグリップ付きです。
これも価格はドルフィンと同様の2000円程度。

予備の笛をもっておくときなどにはお薦めです。

全体的ににみて、4種類のホイッスルでは少年の試合などでお薦めなのは、価格面なども考えると、やはり・・・

ドルフィンプロKPマウスグリップ付き が一押しです。 参考にしてください。



molten(モルテン)【WDFPKPBK】ドルフィンプロKP 各種審判員用ホイッスル

molten(モルテン) レフェリーグッズ ホイッスル ドルフィンプロKP シルバー WDFPKPSL

新品価格
¥1,512から
(2017/4/19 12:15時点)

posted by zutto4q at 12:05| Comment(5) | 初歩的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

ラインはエリアの一部だということ。

久しぶりの投稿になってしまいました。


今回は今まであまり語られていない、フィールドに書かれるラインとエリアの関係を書きます。

ラインで囲まれたエリアでラインもそのエリアに含まれると言う事です。


フィールドは当然、ライン上はフィールド内です。

ですから、皆さんがご存知なようにボールがラインの全てを超えてフィールドの外に出た事になります。

ゴールも同じです。ゴールラインをボールが完全に超えた場合だけが、得点となります。


さて、そこでです。

キックオフの時、PKの時のラインとエリアの関係を確認しましょう。

キックオフ時にセンターサークルにキックオフではない相手側の競技者は入る事が出来ません。

そうです。ラインも踏んではいけないのです。(かなりの頻度で踏んでいる子供お多いですよ)

ハーフウェイラインは双方のエリアを囲うのラインであるとも捉えられます。

(ハーフハーフウェイラインのまた半分が自陣という規定は不可能だから)

ですからハーフウェイラインを踏んでいる事自体に問題はないと思います。

しかしセンターサークルはダメです。


同様にペナルティーキックの時はどうでしょう?

関連するのはペナルティーエリアのラインとペナルティーアークです。

前出のようにラインはそのエリアの一部です。

ペナルティーキックを行なう特定された競技者以外はこれらのラインを踏むと言う事は????

そうです。エリアに侵入していることになります。


ですので、キックオフのセンターサークルのラインを踏む相手競技者。

ペナルティーキックの時のエリアやアークのラインを踏むキッカー以外の競技者。

これらはそのエリアに侵入していることになるのです。


特にペナルティーキックの場合は少し、厳密に見たほうが言いでしょう。

ボールが蹴られ前に動き、インプレーになる前にラインを踏んでいれば厳密には反則となります。

ですから笛を前に選手に注意を促していくといいでしょう。

主審は笛でプレーの再開をする時、細かいようですがその辺もしっかり見ていてほしいですね。

ペナルティーキックの場合の主審の監視対象はこのエリアの侵入がポイントですから。


ただ、ボールがゴールに入るかどうかだけで漫然と笛を吹いてしまわないで、

インプレー前のエリアへの侵入とゴールキーパーのゴールラインからの飛び出しを予測するくらい気をつけると言う事。

ラインを踏まない、侵入しないように注意する、そのわずかな時間で、主審自身が落ち着きます。

反則時の再開方法なども思い起こすのです。そのちょっとした注意により時間を持つことでPKを的確に見て、判定する事が出来ます。

SC_web_cr.png
posted by zutto4q at 14:57| Comment(2) | 初歩的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    情熱FX大陸