2015年04月15日

8人制での負傷者の交代

6年生のリーグ戦で実際あり、試合を見ていた私に副審1の方から質問あった件です。
なかなか鋭い所での疑問を持たれたので、紹介しておきます。

8人制のリーグ戦で、負傷者が出て、一度フィールドから出ました。
その選手は再出場できない状態だったので、インプレー中に交代選手が交代ゾーンから入りました。
負傷者した選手はフィールドプレヤーなので、インプレー中でも自由な交代は認められてます。
しかし、ゴールラインからフィールドに出ており、交代ゾーンからではありませんでした。

ここで問題なのは
負傷して退く競技者は交代ゾーンからフィールドを出なくていいのか?
また、交代して入る交代要員は主審の承認を得る必要があるか?
の二つの疑問が出て来きました。

捉え方によって負傷した競技者も交代する時は交代ゾーンからフィールドを出る。
負傷者に替わり交代する交代要員は承認を得る必要がある。
そんなように思われます。
実は、私の見解では、この負傷交代に関しては8人制競技規則に付記すべき事かもしれないと思った次第です。
なぜなら、8人制では交代は交代ゾーンで行うになっています。

通常の11人制では交代して退く競技者は必ずしもハーフウェイラインの所からフィールドを離れる必要はない事になっています。
ですので、負傷した競技者は主審の承認後にフィールドを離れた事として、復帰が出来ない場合はそのまま交代で退いた競技者として扱われなります。

しかし、8人制では交代して退く競技者は交代ゾーンからとなっているので、前出のように負傷交代時フィールドに戻れない場合はどうするのかが規定されてません。

負傷の場合は、フィールドに復帰する時に、主審の承認が必要です。これは、11人制も8人制も同じですが。
負傷からそのままフィールドに復帰できない場合は? さて?

現行の8人制ルールですと、負傷した競技者が主審の承認を得て復帰し、交代ゾーンで交代しなければなりません。
負傷での退場などで交代によって退く競技者が交代ゾーン以外から出ても認めるという規定が必要だと思ったのですが、何か違う解釈はないか一応調べつつ、規定すれば解りやすいのにと思った次第です。

例:
負傷で主審の承認を得てフィールド外に出た競技者が、復帰できない場合のみ、交代ゾーン以外でフィールドを退く事を認める。
負傷者に変わり交代する交代要員は交代ゾーンから主審の承認を得てフィールドに入る(負傷した競技者に変わったとして)。

いかがでしょうか?

posted by zutto4q at 09:44| Comment(6) | 8人制サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

全国少年サッカー8人制。選手の交代。JFA確認


来週から、全日本少年サッカー選手権の神奈川県予選です。
8人制もようやく、定着してきており、だいぶ競技規則にもなれてきているのではないですか。
でも、少し気になっていたことがあります。

11人制との大きな違いで、選手交代があります。
JFAの8人制の協議規定によると、フィールドプレーヤーはインプレー中でも、ハーフウェイラインをはさんで、6mの交代ゾーンから交代することになってます。さらに主審の承認を得る必要はない。とされています。

さらに、交代により退く競技者は交代ゾーンからフィールドの外にでる。と明記されています。

実は、これはインプレー中に限ってのことなのかがずっと気になってました。
アウトオブプレーの時の交代はどうなのか?
11人制、というか、サッカー協議規則に準じて、アウトオブプレー時にフィールドプレーヤーを交代させる場合に、主審の承認を得て、交代する場合は、退く競技者はフィールドのどこからでも、外にでることができる。
そして、交代によって入る競技者は・・・・ハーフウェイラインから入る。

8人制の選手交代の規定がインプレー中に限ってのことなのか・・・・・

ですので、確認しました。JFA。 KFAに
キーパーはアウトオブプレーでもハーフウェイラインのところからと明記されているので、アウトオブプレー時のフィールドプレーヤーの交代はどうなのと???。

両方とも、ちょっとちゃんと親切に教えてくれましたよ。

答えは・・・・インプレー同様、交代ゾーンから出入りしなければならいない。ということです。

競技規則
Bの(3)交代はボールがインプレー中、アウトオブプレー中にかかわらず行うことができる。

と、なんかポジティブに書かれているのですが・・・これが根拠だそうです。
「行うことができる」というより、「行わなければならない」というのが実態のようです。
インプレー中の選手交代は競技者の交代を円滑にというねらいがあるのでしょうが・・・・

通常のサッカー競技規則で「交代して退く競技者はハーフウェイラインのところでフィールドから出る必要はない。」とされてます。
これを全く忘れなくてはなりません。 8人制では適用されないのです。
ですから、アオウトオブプレー時であろうと。
「主審----」とか、言って、承認を得て、反対のタッチラインから出たり、交代ゾーン以外から絶対出入りをしないように。
選手も、ベンチもそして、当然、審判も要注意です。

アウトオブプレーとはいっても主審はプレーを停止するわけではないので、交代ゾーンと反対側のポジションの競技者を交代させる場合迅速に交代しなければリスクがありますね。インプレー中はもとよりです。

予選を前にいつも練習試合などで、インプレー中での交代にリスクを感じていたので。念のために確認してみた次第で、確認してよかったです。・・・

でも、フィールドが小さくなったことにより、と回答にありましたが、8人制はフィールドが小さくなったとはいえ、それはタッチラインが通常の少年のフィールドから12m、ペナルティエリア分少ない68mになっただけで、ゴールラインは同じ50mが推奨サイズとされてます。
フットサルと比べれば完全に、見た目も、実態も11人サッカーサイズの若干の小型版ですよね。
このルールだと、インプレー時の交代が可能になった。という、いわば、プラスの要因にとらえられず、むしろ制約になってしまったのではと思わなくも。(個人的に本音では、少し競技規則自体に課題があるのではと思ってますが?・・・)

まあ、競技規則に記載され、そのとおりに適用しなければならなのがサッカーです。
この規則をキチンと受け入れ、間違った対応のないように注意したいものです。

モルテン バルキーン ブラック



モルテン ドルフィンプロ ブラック



ADIDAS(アディダス) ホイッスル E37372 ブラック KQ760


posted by zutto4q at 18:31| Comment(14) | 8人制サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    情熱FX大陸