2017年06月02日

オフサイドの合図のタイミング

主審を題材にした記事はやはり多いのですが、今回は副審です。
それも、副審の最大の役割である「オフサイドの合図」オフサイド時の副審のフラッグアップのタイミングについてです。

まず、試合前の打合せの時などにも交わされる内容で、主審からは
「ゆっくり目で、プレーに干渉、相手競技者に干渉したら、フラッグアップお願いします。」
というような指示があります。

オフサイドのポジションにいるだけでは競技者は罰せられるませんので、

・オフサイドポジションではない競技者がプレーをする可能性、よくいわれる「2列目」のプレーヤーがプレーする可能性

この状況があり、相手競技者に挑んでいいない限り、オフサイドポジションにいた競技者がやはりプレーに干渉するまではフラッグアップを待たなければなりません。

「ウェイト アンド シー」という状況です。

しかし、実際の試合ではオフサイドポジションにいた競技者がボールに触れる、プレーに干渉する前にオフサイドの合図をした方がいいが場合があります。

・オフサイドポジションにいた競技者のみがボールに向かい、明らかにプレーに干渉しようとしている。
・オフサイドポジションにいた競技者がボールをプレーするために相手競技者に挑んでいる。

これに加えて、オフサイドポジションにいた競技者がゴールキーパーや守備側競技者と1対1になり、接触の恐れがある場合などはプレーに干渉する前であっても、早めにフラッグアップするほうがいい場合があります。
競技者を危険な状態から回避させる・・・これは得点の機会の重視以上に重要なポイントだからです。

ボールとオフサイドのポジションにいた競技者、ゴールキーパー 守備側競技者の距離を見極め、早めの判断が必要になります。

2列目からのプレーの可能性がある場合などは難しい状態なる時がありますが、

 オフサイドポジションの競技者のみ 

という場合は「プレーの先を読む」ことが重要となります。

またこれとは別に、オフサイドポジションにいた競技者が動き出したものの、ボールに遠く及ばず、ゴールキックになりそうな時や、ゴールキーパーが安全にボールを確保できそうな場合は当然この限りではありませんので、じっくり旗を上げずにウエイトです。(オフサイドとはならない)
全くプレーに干渉できそうもない、しそうもないのに。「パッツー」とフラッグアップをしてはいけませんね。

こういう場合もですが、オフサイドにいた競技者がまだプレーに干渉しておらず、オフサイドの合図(フラッグアップ)をしないのであれば。副審は当然、タッチラインにステイ(留まって)していてはいけません。オフサイドの反則が成立するまでは今度は「ボール」がオフサイドポジションとなりますので、速やかにポジションを移動し、オフサイドの成立段階で合図をします。

以上
オフサイドの合図一つでも結構難しいものですね。いづれの場合も主審とのアイコンタクト、協調が必須です。
posted by zutto4q at 18:54| Comment(1) | オフサイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

オフサイドと「意図的なプレー」

ご質問に関しての回答をエントリーとして掲載します。


いつも参考にさせていただいております。

少学生サッカーの保護者審判をしていますが、解らないことがあり質問させてください。

ブログの内容とはかけ離れますが…

先日紅白試合をしたときの事

サイドラインからボールが出て、スローイング再開したとき攻撃側が、オフサイドポジションにいる見方競技者にスローインでインプレーにしました。

これはオフサイドの適用ではないのはわかりますが、

スローインされたボールを守備側がヘディングで阻止しようとジャンプしボールにあたまが当たり結果オフサイドポジションに居た攻撃側がボールを再度支配できました。

ルールブックにはスローインやコーナーキックやゴールキックは直接渡ればオフサイドにはならないと書かれていますが、意図していない間接はオフサイドだと解釈でよろしいのでしょうか?

もし今回の例がオフサイドならコーナーやゴールキックも間接ならオフサイド適用と思います。

間違ってますでしょうか?


ご質問内容ですが、これは守備側競技者のプレーがポイントになります。

攻撃側競技者がスローインにしろ、CK,GKを味方である攻撃側競技者が間接的にプレーして、オフサイドポジションの競技者にボールが行きプレーに干渉すれば、もちろん「オフサイド」となります。

今回はこれが守備側競技者のヘディングであったわけです。


質問内容で重要なのは、直接か間接かということ以上に、守備側競技者が「意図的にプレー」したかどうかです。

これは、昨年に競技規則が変更された、「その位置にいて利益を得る」の解釈・注釈と関係します。

もともとスローインは直接のプレーであれば、オフサイドではありませんが、通常のパスの場合などで、守備側競技者が「意図したプレーではなく、ただ触れただけとか」でオフサイドポジションの競技者にボールが渡った場合などは「オフサイド」となりますね。これは当然ですが。

しかし、守備側競技者が「意図的ににプレー」したボールがオフサイドポジションにいた、攻撃側競技者に渡った場合はオフサイドとはならなくなったのです。

ですので・・・・

今回の場合スローインですが、 守備側競技者がヘディングという「意図したプレー」を行った結果ですので、オフサイドとはなりません。 前出のようにパスでも同様です。 ヘディングはほとんど「意図」しない限りありえませんので「意図したプレー」と扱います。


ゴール前でGKやDFが、シュートを防ぐため「セーブ」した場合は従来どうりオフサイドというのが紛らわしいのですが、その他のミスキックなども含め「意図したプレー」であればオフサイドにならないと言うことを認識してください。ボールが至近距離で当たったり、かすっただけというのは当然「意図したプレー」にはなりませんので注意してください。


先週も実はパスのプレーですが、中学の試合で、上記のプレーがあり、副審がフラッグアップしてしまい、合図で降ろさせたのですが守備側競技者は「オフサイド」と判断し、笛が吹かれないのに自分で判断し、プレーを中断。ペナルティーエリアでボールを手で触ってしましました。・・・・・副審のフラッグアップが招いたアクシデント的ですが、PKとなりました。

実は試合前にこれは打ち合わせしていたのですが、それでもオフサイドラインを意識して、オフサイドポジションにいる競技者にボールが行くと、とっさに「オフサイド」という見方をしまい、フラッグアップしてしまったようです。

その位置にいて利益を得るの解釈「意図的にプレー」は4種、4級ですと、まだ、十分な機会がなく、認識されていないことが多いので、注意が必要です。

SC_web_cr.png
続きを読む
posted by zutto4q at 12:28| Comment(20) | オフサイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    情熱FX大陸