2014年10月28日

オフサイドと「意図的なプレー」

ご質問に関しての回答をエントリーとして掲載します。


いつも参考にさせていただいております。

少学生サッカーの保護者審判をしていますが、解らないことがあり質問させてください。

ブログの内容とはかけ離れますが…

先日紅白試合をしたときの事

サイドラインからボールが出て、スローイング再開したとき攻撃側が、オフサイドポジションにいる見方競技者にスローインでインプレーにしました。

これはオフサイドの適用ではないのはわかりますが、

スローインされたボールを守備側がヘディングで阻止しようとジャンプしボールにあたまが当たり結果オフサイドポジションに居た攻撃側がボールを再度支配できました。

ルールブックにはスローインやコーナーキックやゴールキックは直接渡ればオフサイドにはならないと書かれていますが、意図していない間接はオフサイドだと解釈でよろしいのでしょうか?

もし今回の例がオフサイドならコーナーやゴールキックも間接ならオフサイド適用と思います。

間違ってますでしょうか?


ご質問内容ですが、これは守備側競技者のプレーがポイントになります。

攻撃側競技者がスローインにしろ、CK,GKを味方である攻撃側競技者が間接的にプレーして、オフサイドポジションの競技者にボールが行きプレーに干渉すれば、もちろん「オフサイド」となります。

今回はこれが守備側競技者のヘディングであったわけです。


質問内容で重要なのは、直接か間接かということ以上に、守備側競技者が「意図的にプレー」したかどうかです。

これは、昨年に競技規則が変更された、「その位置にいて利益を得る」の解釈・注釈と関係します。

もともとスローインは直接のプレーであれば、オフサイドではありませんが、通常のパスの場合などで、守備側競技者が「意図したプレーではなく、ただ触れただけとか」でオフサイドポジションの競技者にボールが渡った場合などは「オフサイド」となりますね。これは当然ですが。

しかし、守備側競技者が「意図的ににプレー」したボールがオフサイドポジションにいた、攻撃側競技者に渡った場合はオフサイドとはならなくなったのです。

ですので・・・・

今回の場合スローインですが、 守備側競技者がヘディングという「意図したプレー」を行った結果ですので、オフサイドとはなりません。 前出のようにパスでも同様です。 ヘディングはほとんど「意図」しない限りありえませんので「意図したプレー」と扱います。


ゴール前でGKやDFが、シュートを防ぐため「セーブ」した場合は従来どうりオフサイドというのが紛らわしいのですが、その他のミスキックなども含め「意図したプレー」であればオフサイドにならないと言うことを認識してください。ボールが至近距離で当たったり、かすっただけというのは当然「意図したプレー」にはなりませんので注意してください。


先週も実はパスのプレーですが、中学の試合で、上記のプレーがあり、副審がフラッグアップしてしまい、合図で降ろさせたのですが守備側競技者は「オフサイド」と判断し、笛が吹かれないのに自分で判断し、プレーを中断。ペナルティーエリアでボールを手で触ってしましました。・・・・・副審のフラッグアップが招いたアクシデント的ですが、PKとなりました。

実は試合前にこれは打ち合わせしていたのですが、それでもオフサイドラインを意識して、オフサイドポジションにいる競技者にボールが行くと、とっさに「オフサイド」という見方をしまい、フラッグアップしてしまったようです。

その位置にいて利益を得るの解釈「意図的にプレー」は4種、4級ですと、まだ、十分な機会がなく、認識されていないことが多いので、注意が必要です。

SC_web_cr.png
続きを読む
posted by zutto4q at 12:28| Comment(20) | オフサイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

競技規則:オフサイドの解釈

今年の6月にオフサイドの競技規則の改正、その解釈が示されました。

オフサイドはオフサイドポジションにいる競技者が(オフサイドポジションについてはここでは解説しません)下記のいづれかのプレーにかかわった時に罰せられます。

・プレーに干渉する。
・相手競技者に干渉する。
・その位置にいることによって利益を得る。

この中で今回 競技規則で 「相手競技者に干渉する」「その位置にいることによって利益を得る」の解釈が新たな文章追加、修正されました。

相手競技者に干渉するは 従来の表現は視線を遮るは理解しやすいのですが、「しぐさや動きで相手競技者を惑わす、混乱させる」などはちょっと曖昧な表現で具体的な状況としては解りにくいものでした。
今回はそれが・・・相手競技者の視線を遮る、 またはボールへ向かう相手競技者にチャレンジすることによって、相手競技者がボールをプレーするまたはプレーする可能性を妨げることを意味する。
と明記されました。
ですので、オフサイドポジションにいて、プレーに干渉する前に相手競技者と競り合いながらボールに向かう段階で、「相手競技者に干渉する」という状況になったと明確化されました。

また、もっと大きな改正となるのが、
「その位置にいることによって利益を得る」です。

ゴールポストやクロスバーから跳ね返ったボールをオフサイドポジションにいる競技者がプレーする。
相手競技者が意図的にセーブしてはね返ったボールをオフサイドポジションにいる競技者がプレーする。 これらは今までの解釈とほぼ同じです。オフサイドポジションにいて、GKがセーブしてはね返ったボールをプレーすればオフサイドになります。
これに加え、解釈が追加されました。
相手競技者が意図的にプレーした(意図的なセーブは除く)ボールをオフサイドポジションにいる競技者が受けたとしてもその位置にいることによって利益を得たとは判断しない。つまりオフサイドとはならない。と解釈が加えられました。

これはディフェンスがクリアしようとしたキックやヘディングがたとえ思いどおりの結果にならないとしてというのが協会の解説でされています。 クリアのためのキックやヘディングが「意図的にプレーした」ということであり、そのボールがオフサイドポジションにいる方向に行きプレーしてもという事になります。・・・・従来で言えば、意図的ににゴールキーパーにバックパスしたボールをオフサイドポジションにいた競技者がプレーをすることがオフサイドとならなかったのと同じ解釈ではと思われます。
あくまで「意図的にプレーした」がポイントです。 ですので、攻撃側競技者のパスが守備側の競技者に触れただけではやはりオフサイドとなります。「意図的にプレーした」ことにはならないからです。

・・・・実際の競技者ではクリアのための「ヘディング」を意図的にプレーして、それが思いどおりにいかず、ボールが後ろにいくようなケースが圧倒的に増えてくると思います。
プロの試合よりも、アマチュア、特に少年やJrユースなどでは起こる可能性の多いプレーになるでしょうね。
JFAのサイトにも動画で解説されています。
http://www.jfa.or.jp/match/topics/2013/78.html

(アディダス)adidas レフリー ベーシックジャージーS/S




(アディダス)adidas レフリー ベーシックショーツ



posted by zutto4q at 12:16| Comment(15) | オフサイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    情熱FX大陸