2017年07月08日

201718 競技規則 改訂 その@

またまた 競技規則改訂です。

昨年の競技規則改訂は、昨今では大幅な改訂であったために、今年はその影響からの改訂(昨年の改訂との整合性を取るため)が多いようで、それほど大きな改訂ではなく、一安心ですね。
でも、昨年の改訂内容とお関連するので昨年競技規則も復習が必要かもしれません。

改訂の内容の浸透は審判だけでなく、競技者にもお周知してもらう必要があるので十分理解して必要があります。
では、改訂のないようを具体的に取り上げてみます。

昨年の規則の改訂で決定的得点得点の機会の阻止において、属にいう「三重罰」を回避するがありました。
  ・・・PK 退場 次節出場停止ですね。

改訂となったのはペナルティーエリア内の決定的得点の機会の阻止で、ボールにプレーしようとしている場合で、ペナルティーキックが与えられる場合は競技者に「警告」が与えられることになりました。 決定的得点の機会の阻止で「退場」ならないのはあくまで、上記の条件の場合のみです。
これに関する条文が13場の「反スポーツ行為」の部分に追記されています。

さて、これと関連して、決定的得点の機会の阻止に該当しないプレーでボールをプレーしようと試みたが 相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害、または阻止するためにファウルを犯して、ペナルティーキックが与えられた場合は従来「警告」が与えられていたが、今回の改訂では「警告とはならない」となっています。  
ボールをプレーしようと試みたが決定的な得点の機会を阻止する反則を犯して、ペナルティーキックが与えられた場合、退場(レッドカード)ではなく警告(イエローカード)となった。この考え方との整合性をとるために、ボールをプレーしようと試みたが反則を犯して、大きなチャンスとなる攻撃を阻止した結果、ペナルティーキックが与えられた場合、警告(イエローカード)とならないようにした。

競技者技が反スポーツ的行為で警告されなければならない状況は様々である。例えば:
• 相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害、または阻止するためにボールを手または腕で扱う。
• 相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害、または阻止するためにファウルを犯す。ただし、ボールをプレーしようと 試みて反則を犯し、主審がペナルティーキックを与えた場合を除く。


整理すると

条件:ペナルティーエリアでの反則 ボールにプレーしようとした結果の反則
決定的得点の機会の阻止の場合
「退場」→「警告」 (昨年の競技規則改訂)
大きなチャンスとなる攻撃の妨害・阻止
「警告」→「警告なし」
 
あくまで、「ボールにプレーしようとした結果の反則」であることを頭に入れておきましょう。
「ボールを手または腕で扱う」「押さえる」「押す」「引っ張る」 「ボールいプレーしようとしていない」
「ペナルティーエリアがのどこでも「警告」となる行為 などの反則は従来どうりの「退場」「警告」です。



これと少し関連して、「決定的得点の機会の阻止」の適用が少し変わりました。

「プレーの方向性」という項目で解釈が変わってます。
従来はゴールに向かっていることがこの「プレーの方向性」とされており、たとえば、決定機でゴールキーパーを交わすためにゴールに対して斜めの方向に方向転換した もしくはゴールから外れた動きの場合は決定的得点の機会の阻止とはならないとされていましたが、

「ゴールに向かっている」という表現に「全体的に・・・動いている」という解釈が追加されています。


競技者が最後尾の競技者または最後尾のゴールキーパーを抜き去るために斜めに動いて反則を受けた場合も、全体的にその反則を犯した競技者のゴールに向かって動いているのであれば、決定的な得点の機会の阻止となり得る

この他 12条以外の「警告」「退場がらみでは

14条 ペナルティーキックに追加記載がされています。

競技者がより重大な反則(例えば不正なフェイント)を犯した場合を除き、両チームの競技者が競技規則に反則した場合、キックが再び行われる。ただし、ゴールキーパーとキッカーが同時に反則を犯した場合:
ボールがゴールに入らなかった場合、キックをやり直し、両方の競技者は警告される。
ボールがゴールに入った場合、得点は認められず、キッカーは警告され、守備側チームの間接フリーキックでプレーを再開する。


ボールがゴールに入った場合は・・・が少し違和感を感じる方がるかもしれません。ボールがゴールに入ったのになぜ??

解釈としてはですね。・・・


 ゴールに入った場合は

   ゴールキーパーは反則を罰せられずに、 「警告もされない」

   キッカーはゴールに入っても(ゴールとならない場合でも)反則となり、間接フリーキックの再開となる。


これは  「より重い」反則(第5条を参照)を罰する考え方に基づき、キッカーを罰することになる。 という解釈によるものです。


PKで キッカーの味方競技者の反則の場合では ゴールであれば、「やり直し」 ゴールとならなければ「間接FK」。

というのとは逆の再開方法となりますので、混同しないようにしばらくは注意が必要ですね。

ゴールキーパーとキッカー同時の反則が前提であることを頭に入れておきましょう。



posted by zutto4q at 05:59| Comment(0) | 警告・退場など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

警告の懲戒罰の実際

4種 少年でも高学年になると、試合によっては身体的接触も多くなり、ファウルも次第に激しさをましてきます。

そこで、試合をコントロールしていく事、公正なジャッジという点からも「警告」「退場」の懲戒罰は的確に与えることが必要となってきます。過去にも数回「警告・退場」について取り上げていますが、再度今回は「警告」について確認しましょう。

よく、試合で「あれはイエローだな」 「カード出るかな微妙だな」といった事がありますが、「警告」「退場」は4級の皆さんが思っているほど、曖昧なものではなく、明確に規定された事象に適合し、的確に懲戒罰を与える必要があります。

例えば、ペナルティーエリア内でトリピッングして、PKを与えてしまったような場合は、ほとんどが「警告」となります。
ペナルティーエリアの端で、例えば、ゴールから逃げるような方向でターンしようとした攻撃側競技者を足がかかり、トリップしてしまった。
・・・こういうケースではどうでしょう??
ペナルティーエリア内であっても、「警告」の対象とされている、「反スポーツ的行為を犯す」のに該当する・・・

直接フリーキックとなる反則を無謀に行う。

相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害、または阻止するためにファウルを犯す、あるいは、ボールを手又は腕で扱う。

のでなければ「警告」とはなりません。

例にあげたような「不用意」であって、かつ、相手の大きなチャンスとなる攻撃の妨害、阻止でなければ「警告」とはならないのです。

反対に、ペナルティーエリアだけでなく、エリア付近であっても、上記の「反スポーツ的行為」であれば、「警告」が与えられなければなりません。(決定的得点の機会の阻止は除く)

「不用意」「無謀」をどう区分するかも競技規則に明記されています。

不用意とは、競技者が相手に挑むとき注意や配慮に欠けていると判断される、または、慎重さを欠いてプレー行うことである。懲戒処置は必要ない。
無謀とは、相手競技者が危険にさらせれていることを無視して、または、結果的に危険となるプレーを行うことであり、このようにプレーする競技者は警告されなけらばならない



では、どういケースが競技規則の「警告」に示されていることに該当するのか、具体的に挙げてみます。

オフサイドで罰せられるために、笛がなったが、そのまま、ボールをドリブルし、シュートをした。

ゴールキーパーがゴールキックを行う時に、20秒くらい、蹴らないでいた。・

フリーキックで再開されるとき、相手競技者が蹴ったボールをすぐ近くにいた競技者が足で妨害した。

これらはプレーの再開を遅らせるの典型的事例です。


フリーキックが行われる時に一度話されたいわゆる「壁」から、インプレー前に競技者が飛び出した。

これはプレーの再開時に「規定の距離を守らない」に該当します。


足がつって痛かったので治療するために、アウトオブプレーになった時にフィールドの外にでた。

アウトオブプレーであっても、フィールドの外に出るときには主審の承認を得なければなりません。主審の承認を得ず、フィールドに入ったり、復帰したり、意図的にフィールドから離れる。に該当します。(インプレー・アウトオブプレーにかかわらず)

手でユニフォームを引っ張り相手を抑えよとしたが アドバンテージでプレーが続いた。その後のプレーでもユニフォームを掴んだりした。相手をおさえる反則を頻繁に犯している。

繰り返し競技規則に違反する。に該当すると思われます。

反スポーツ的行為は様々であるが・・と競技規則にも記されていますが・・

ゴールキーパーがフィールドに目印になるように、足で線を引いた。
・フィールドに認められないマークを描く

手でユニフォームを掴み、チャンスになろうとした、相手の進行を止めようとした。これは・・ユニフォーム掴んだことだけでなく、「相手のチャンスとなる攻撃を妨害した。」に該当します。

意味のない大声を出したりして騒ぐ、相手のプレーを嘲笑したりする。相手競技者や審判に対してふざけた態度を取る。
これはそう多くはないですが、「サッカーに対するリスペクトに欠ける行為を行う」に該当するとおもわれます。(地域の社会人リーグに参加した有力高校の卒業生がこのような・・リスペクトに欠ける行為をしたことがあります。)「言葉」や身振りが、
・・・攻撃的・侮辱的 下品と捉えられれば、「退場」の懲戒罰となります。

以上、警告に値する具体的な反則をとりあげましたが、それでは「警告」を与える時の主審の進め方、所作はどうしたらいいでしょう。

まずはプレーを停止した笛ですが、これも通常の反則より、強く・長く吹きます。 「ピー」 「ピピー」 続けて吹く場合も多いです。

警告する競技者を明確にするために、複数の競技者が居る場所から離れさせ、主審の方に呼びます。可能であれば、ユニフォームの背番号が正面、4thやARに見えやすように向きを返させながら、「◯番・・・こちらに」にと声を懸け、引き離すような感じにします。

「警告」をパブリックな状態にする。という感じです。

イエローカードは必ずレフリーフォルダーから出して、例えば、イエローはレフリーショーツの右側のポケットに、レッドは胸ポケットにすぐ出せる状態で入れておく必要があります。フォルダーには予備のカードを入れておけばいいでしょう。

警告のブッキングですが、反則を犯した競技者の背番号、時間、そしてその理由を記号で書きます。

時間の記録

時間はすべて、切り上げで記録することになっていますので注意してくださいね。
例えば。開始30秒で「警告」であれば、記録には「1分」とします。
5分10秒で 警告を出しているのであれば、6分と記載します。 5分01秒から6分までが6分と記録します。
得点の記録や交代の記録も同様に、切り上げ表示となってます。

理由の記録は

プレーの再開を遅らせるは「遅」  言葉また行動による異議は「異」 主審の承認を得ずにフィールドの出入りは「入」「去」規定の距離を守らないは 「距」 繰り返し競技規則に違反するは「繰」 反スポは「反」

反スポーツ行為のうち、直接フリーキックとなる反則を無謀に行うはラフプレーの「ラ」というふうに区分して記録します。
これらは審判報告書を記入する場合に必要な 懲戒理由です。適応を区分しましょう。







posted by zutto4q at 00:00| Comment(0) | 警告・退場など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    情熱FX大陸