2017年03月13日

同時に二つの反則が起きた時も変わってます。 競技規則改訂。


同時に二つのファウルが起きた時で、異なったチームの競技者間で起きたときにはどうするべきか

以前その題材で



という記事を書いています。
同じチームの競技者が同時に2つの反則を起こした場合
・・・・二人の守備側の競技者が攻撃側に同時に足を上げ、ハイキックをしたが、
  一人は相手の体に触れ、一人は触れなかった。危険なプレーとキッキングの違いです。
  こういう場合は、直接フリーキックの反則を取るということでしょう。

今回は・・・・攻守、違うチームの競技者が同時に反則を犯した。
   ガイドラインには「異なったチームの競技者」という表記、要は両チームのということ。
   
そこには

主審はプレーを停止し、(ファウルを取らないというのも正しくない)
その位置でのドロップボールでの再開
となっている。(ゴール内は別記載)

だから、今回のように、同時に反則がおきた場合は・・・違うチームであれば、どちらか重い反則を取るということではなく。ドロッップボールでの再開であるということ。

と書いています。

これも昨年の競技規則の改訂で、全く異なる再開方法に変わっているの、修正・加筆が必要と思った次第です。

同一のチームの競技者、異なるチームの競技者にかかわらず、競技規則には

同時に2 つ以上の反則が起きたときは、罰則、負傷のひどさ、戦術的影響の面から、

より重いものを罰する。


と記載されいてます。

これは感覚的にいって、従来の競技規則の感覚的になじまないところを改善したという状況であると思います。

間接フリーキックとなる反則より、直接フリーキックとなる反則の方を罰する。・・・ということで、ことさら、取り上げる程のこともなく、当たリ前の扱いのようになっています。


このブログも大分古い記事も残っていますので、既に競技規則が変わっている記事も増えてきております。


ブログにこう書いてあったから・・・・ってなるとまずいので、できるかぎり、記事でとりあげた解説などがも競技規則の改訂に伴い、修正や加筆が必要な記事などは比較しながら解説の必要があるかと思っいます。


まずは今回は明らかに、逆の再開方法であったことがこの事例なのでまずはアップしておくことにいたしました。


同時に二つの反則を異なったチームの競技者が犯した → ドロップボール


同時に二つ以上の反則が起きた(異なったチームの競技者でも) → 罰則、負傷のひどさ、戦術影響の面

からより思いものを罰する。

続きを読む
posted by zutto4q at 15:20| Comment(1) | ルール改訂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

新ルール PKについて 競技規則改訂ポイントA

昨日の新ルールのポイント@の決定的得点の機会の阻止は試合の勝敗を決める重要なポイントですので、競技規則改訂のポイント@としてご紹介しました。

さて、やはりそういう意味で試合結果に大きな影響を及ぼす事で言えば、ポイント@とも関係した 「PK」 ペナルティキックですね。

結論からいうと、今回の改訂ではペナルティーキックを行う際のゴールキーパーの反則

ボールが前方に蹴られ、インプレーになる前にゴールキーパーがゴールラインから前方への動いてしまう。

に関しては厳しい懲戒罰が与えられるということになります。
従来の競技規則でしたら、ペナルティーキックが行われる際に、ゴールキーパーがボールがインプレーになる前にゴールラインから前方に動き キックがゴールとならなかった場合には

「ペナルティーキックのやり直し」という再開方法になっていましたが、

今回の球技規則の改訂では 上記のペナルティーキックのやり直しに加えて

ゴールキーパーに対して、「警告」を与えることになりました。

もちろん、これはペナルティーキックが成功とならなかった場合だけですが・・・

ですから、ボールインプレー前のゴールキーパーの前方への動きを厳しく監視していくと、一度目に「警告」を出しやり直しとなり、二度目のやり直しも同様に「警告」という事が考えられ、一度の「PKの場面」でゴールキーパーが2度の「警告」→「退場」となることも可能性として十分に出てきたということです。

キッカーがペナルティーキックの助走の際に「正当なフェイント」を入れたりする場合にゴールキーパーが我慢しきれずに動き出してしまう事が多い事も念頭にいれるべきですね。
(注:助走後のフェイントはキッカーの反則となり、ゴールの成否にかかわらず「警告」が与えられること。間接フリーキックによる再開。)



ペナルティーキックは決定的得点の機会同様、少年の試合でも頻繁に発生する事象です。
まず、慣れないと、「PK」を取ったことで、安心して、ポイント@の場合の「退場」「警告」の懲戒罰を与えなかった。・・ということがよくあります。さらに、ペナルティーキックが行われる時に、ゴールが決まる事を前提にして万全と監視しているケースも多々あります。

その結果 反則を見逃し 
ゴールとしたり、 やり直しをさせなかったりと

レフリーとしては大きな「ミス」を犯してしまう事になってしまいます。

副審はゴールキーパーのゴールラインから前方への動きを監視する。(ポジションもPエリアとゴールラインの交点でしっかりと)主審は両チームのペナルティーエリア、アーク内への侵入の反則を意識して監視する事をもう一度、肝に命じておきましょう。
少年の試合でも、私がレフリーをした場合では侵入の反則はかなりの頻度で起きていた事から実感しています。

試合の結果に大きな影響を及ぼす「ペナルティーキック」ですから、競技規則14条は頭に叩き込んでおかなければなりません。


ちなみにですが、試合の結果を決める「ペナルティーマークからのキック」(以下PMK)でも同様の処置が取られます。
ですから、PMKの際にゴールキーパーが2度めの「警告」を与えられ「退場」となる場合も出てきます。

さて、それによって、また競技規則の改訂が関係してきます。PMKが開始され、途中で PMKを行う競技者の数が変わったしまうという現象です。以前の競技規則ではPMKが開始される時に両チームのPMKに参加する競技者の数をあわせる必要があり、開始された後、競技者の数が減った場合には、合わせる必要がありませんでした。
今回の改訂では・・・PMKが開始された後で、PMKの途中であっても 競技者の数が減った場合には主審はそれを両チーム同じに合わせなければならなくなっています。 このあたりも14条と同様に重要ですので、改訂があった事を意識しておいてください。



posted by zutto4q at 11:07| Comment(1) | ルール改訂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    情熱FX大陸