2014年01月20日

警告を与えるための停止。


一昨日に高校生の地区大会、公式戦の主審をしてきました。

この試合はインストラクターの方に見ていただいたのですが、私にちょっと間違いが。
試合の再開方法で、です。

後半始まって、8分で、Aチームのキーパーがボールを保持し、パント蹴ろうとした時、AR2と数人の競技者が「レフリー」と呼ぶ声。
ケガ人か?と思い、とっさにプレーを停止させるために、笛を吹きました。
するとAR2の近くのタッチラインの外にBチームの競技者が立っています。フィールドに入る承認を得ようとしている感じです。少し傷んだのかフィールドの外に出ていました。争点から離れたところだったので、ん? いつ出てたの外に。私は競技者が出ていた事に気付いていませんでした。 AR2は4級の生徒さんだったのでサポートはありません。本来なら、承認を得ずにフィールドから出たことのサポートがあれば、少し違っていたかもしれませんが。
私がタッチラインまで行き競技者に確認。主審が承認していないのにフィールドの外に出たよね。と確認。結果、この競技者に『主審の承認を得ずに意図的にフィールドを離れる』で警告を出しました。
そしてプレー再開です。私はさてどうしたでしょう?

プレーを停止した時はゴールキーパーがパントをする時でした。

私はゴールキーパーに近づき、『ドロップボール』でゴールキーパーがボールを手に。

しかし、今でもちょっとだけ疑問はあるのですが、これが間違い。

再開はゴールキーパーのところからAチームの間接フリーキックです。
反則を犯したのがBチームだったのでまだ大事ではなく済みましたが、Aチームの競技者だったら、ペナルティーエリア内の間接フリーキックになってしまいます。

まず、プレーを停止した時にボールはゴールキーパーが持っていた。ボールの位置がゴールキーパーのところ。
そして、私は結果として、警告を出すために、プレーを停止したことになります。

したがって、競技規則の間接フリーキックの項目にある、
大丸1︎第12条のこれまでに規定されていないもので、競技者を警告する、または退場させるためにプレーを停止することになる反則を犯す。に該当していたのです。

ただ、ちょっとまだ疑問と言うのは、私がプレーを停止した時点では、反則は犯されていたが、それを認識し、警告を出す為にプレーを停止したのではないこと。
なのでドロップボールにしてしまったのです。
笛を吹いた時、主審が競技者規定のどこにも規定されていない理由によって一時的にプレーを停止した時。というドロップボールの規定に基づいたつもりだったのですが、結果は警告を出すためにプレーを停止したと、立派に規定されている状況になってしまったわけです。

『レフリー』の声にとっさに笛でプレーを停止した事が原因なので、これも冷静に判断し、プレーの継続を見て、対処しなければならないと。反省。レアですが実践で起きた事なので、教訓ためにも。

(アディダス)adidas レフリー ベーシックジャージーS/S




(アディダス)adidas レフリー ベーシックショーツ


posted by zutto4q at 09:56| Comment(2) | プレーの再開方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

ゴールエリア内での再開

前回のエントリーに引き続きで、プレーが停止され、ゴールエリア内の再開方法はちょっと勘違いしやすいので。まとめてみました。

ゴールエリア内で・・・・
■ファウルではなく、プレーが停止された場合の「ドロップボール」
■守備側の間接フリーキーック、直接フリーキック
■攻撃側の間接フリーキーック

この3つに大別されるので、違いをよく理解して対処しましょう。

■ファウルではなく、プレーが停止された場合の「ドロップボール」
ゴールエリア内の場合は・・・ボールがあったところに一番近い、ゴールラインと平行なゴールエリアのライン上でドロップボールでの再開になります。

■守備側の間接フリーキーック、直接フリーキック
反則が起きたところ、停止時にボールがあったところどちらでありません。
反則が起きたところから一番近い、ゴールラインと平行なゴールエリアのライン上でもありません。
ゴールエリ内の任意の場所から再開が可能です。任意ですから・・・
・・・ゴール内ならどこでもいい。ゴールラインと並行のゴールエリアのライン上である必要もありません。

■攻撃側の間接フリーキック
違反の起きた場所にもっとも近いゴールラインと平行なゴールエリアのラインで行う。
この場合、ゴールラインと、ゴールラインに平行なゴールエリアのラインは5.5m(4m)しか離れてません。
フリーキックの離れなけらばならない規定の距離は9.15(7m)ですから、守備側はゴールポストの間のゴールライン上に限り、規定の距離内にいることが認められ、それ以外(ゴールポストの間ではないゴールライン上など)は9.15(7m)離れていなければなりません。

ゴールキーパーがバックパスをゴールエリア内で手で扱った。
守備側の競技者がヘディングする攻撃側の競技者の顔近くに足をあげた、危険なプレー。
などが代表的なケースです。

通常は守備側の競技者がゴールライン上にゴールポスト間をふさぐように位置することが多いです。


(アディダス)adidas レフリーベーシックピステトップ



(アディダス)adidas レフリーベーシックショーツ M9785 E04312 ブラック M


posted by zutto4q at 16:09| Comment(0) | プレーの再開方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    情熱FX大陸