2015年04月06日

決定的得点の機会でファウルから「得点」

このブログのテーマの「少年サッカー」でよく起きるレフリングの事象っていうことで、昨日の市の6年生リーグであったことを例にあげておきます。

20分ハーフの 後半で、リードするAチームがキーパーと2:1の状況を作り、ペナルティーエリアでBチームのGKがゴールに向かってドリブルするAチームの競技者@をトラッピング。ボールは前に転がり、並走していたAチームの球技者Aがシュートでゴールとなりました。

ここで主審・・・・ピーッと笛。 PKマークをさしています。

さて、こういう時どうします。

ん、ん、このままだとペナルティキックを与える事になってしまいます。

状況からして、明らかに「アドバンテージ」です。

こういう時は副審のサポート・助言が必要です。主審を呼ぶ、関心を引く、「アドバンテージ」の意思を伝えることは必須です。
上記の状況のままPKをやったととすると、もし、PKが入らなければ、ファウルをされたAチームの著しい不利益となります。

副審の助言を採用、主審はアドバンテージとして、得点を認めました。
が、しかし、得点後のキックオフですぐ再開してしまいそうに。
副審はレフリーワッペンに手をあて、前半にも行っていた、「懲戒(カード)が必要」ですのジェスチャー。
しかし、主審はブッキングをし、キックオフの笛を。

この場合ですが、「警告」 イエローカードを提示する必要はあると思われます。ちょっと歯切れは悪いですが、それはなぜか?
状況を整理すると 本来ならば、「決定的得点の機会の阻止」に該当するファウルをBチームのGKは犯してしまいました。
ですから、それを適用すれば「退場」レッドカードとなります。しかし、今回は反則が起きた後、アドバンテージが採用され、
決定的得点の機会が阻止された状況から、「得点」となりました。・・・・・

これは競技規則のガイドライン130Pに記載されている「得点、または決定決定的得点の機会の阻止」の項目であろうかと。
アドバンテージを適用しその後、直接得点となった場合、その競技者は退場は命じられないが、警告されることがある。とあります。 

警告される事ことがある。という微妙な記載ですが・・・
上記で状況ではどうかとなると・・・・ 私としては、懲戒は「警告」だと思います。理由は・・・・

ゴールに向かう競技者をPA内でトラッピングして相手を倒したという、ファウルの状況から、
「反スポーツ的行為に対する警告」の例としてガイドラインに書かれている2項目
・相手の大きなチャンスとなる攻撃のじゃまをする、または阻止するという戦術的な目的でファウルを犯す。というジャッジをすると思います。

現象からして決定的得点の機会の阻止ではなくなった事から、「退場」という懲戒ではなくなっていますが、ファウルそのものは反スポーツ的行為を犯しているといえ、「警告」あるのではないでしょうか。

このケースですが、少年の試合でも意外と起こり得る現象だと思います。しっかり競技規則の把握と状況予測をしておき、準備しておきましょう。ー








posted by zutto4q at 12:09| Comment(14) | 反則に対するジャッジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

相手競技者の進行を妨げる

これまで、様々な実際の試合でのケースを取りあげながら、このブログを書いてきました。
毎週のように練習試合や、試合でいろいろなことが起きるので。

しかし、すでに相当のケースを取り上げて、だんだんと題材にも限度が。
みなさんのコメントなどからの質問や、ヒントから今後も「題材を」と思っております。

今回は、ときどき「オブストラクション」とか言ってしまう。・・・「相手競技者の進行を妨げる。」について

前にも書いたかもしれませんが、実は現在、サッカーでは「オブストラクション」とは言いません。
野球の場合は「走塁妨害」がこのオブストラクションで、主にラクビーなどでボールに無関係で相手の進路を妨害する反則が「オブストラクション」といわれています。

「キーパーチャージ」同様(これはルール適用上なくなったのですが)、現在は正式には「オブストクション」は使わない用語だということです。(ルール上はインピードというの正式らしい)

・・・・先日の招待試合で、私がこのファウルを取った時に、同チームの副審が「オブストラクション」と言っていましたが、経験のある審判や、昔からのプレーヤーである方がつい、言ってしまうようです。でも、100%間違いっていうわけではないので、上級でもつい「オブストラクション」といってしまう審判もいるようので。

さて、ではこのファウルは実際、どういうことが起きた時に適用されるのでしょうか?

選手が、ボールと相手競技者との間に体を入れる事はよくあることで、正当で、必要不可欠なプレーです。
ただこの際、審判はファウルが起りやすい事を想定に入れて監視します。
体を入れた競技者が、競技者に後ろから押されるファウルがまずあげられます。(直接FK)
そして、体を入れた競技者自身がボールをプレーできない距離で相手の進行を妨げた場合には間接フリーキックの反則となります。 ボールから2m以上離れてしまうような場合には、ボールがプレイングディスタンスにないことから、この反則を適用することとなります。再開は間接フリーキックです。

相手の進行を妨げる。このファウルの多くのケースが上記の状況が多いのですが、当然ボールがないところでも起きるのが、このファウルです。しかし、ほとんどの場合、そのファウルが取られることはないでしょう。
まず、今回のケースのような時に的確に判定できるようにしておきましょう


adidas(アディダス) レフリー 2012 ジャージーL/S




posted by zutto4q at 11:55| Comment(8) | 反則に対するジャッジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    情熱FX大陸