2017年04月10日

レフリー基本メモ

先日、我がチームのスタッフ対象に、レフリー研修会を行いまいした。

練習試合を使って、ベテランから初心者それと、小学生で4級取得した選手も含め、実践を中心に簡単な講習。
我チームスタッフ、概ね普段から言われていることをある程度は実践できてました。

この研修でつかった、試合の進め方の基本ポイント的なメモをアップしておきます。
印刷用ファイルも同時に。 A4で裏表1枚なので、保管して、試合前に参照していただけると便利かもしれません。



以下 メモ・マニュアル

        試合の進め方


o   ボールの空気圧チェック 0.70.8 ボールによって

o   用具のチェックスパイクはつま先。 ポイントはほとんど問題ない

o   必ずコイントスでキックオフを決める。じゃんけんはだめです。

§  コイントスは試合開始時、延長戦開始時、PMK戦のゴールを決める(新)、PMK戦の蹴る順番。

o   キックオフ

§  センターサークルの監視(ラインを踏んでいないか)、ポジション

§  時計を押し、動きを確認して、笛を吹く

o   ファウルの時

§  アドバンテージを判断する。

§  クイックリスタートを監視、推奨。ボールの停止を確認。

o   主審のポジションと副審との連携は必須

§  対角線審判法で副審とプレーを挟んで見る。周り込む。

§  カウンターなどのプレーにはスプリントをかけ、近くに寄る。センターサークル内にずっと留まっていたりしない。

o   オフサイド

§  プレーに干渉、相手競技者に干渉を理解する。

§  副審のフラッグアップが早い。副審のフラッグアップをキャンセルする時の合図(プレーに干渉していない、明らかにゴールキックになるとか)

§  再開場所はオフサイドが成立したところ(プレーに干渉したところ:戻りの時なども) 1m 2mレベルの厳密なポイント指示はいらない。

§  間接フリーキックであることを手をまっすぐ挙げて示す。

o   警告・退場

§  カードはホルダーから出しておき、事象が発生した時は素早くよる。笛は通常のファウルより大きく。対象の競技者を明確化する。 (背番号を呼び、集団から離す) カードは中途半端に挙げないまっすぐ上に。

§  退場の場合はベンチに留まらせない。事前に決めてある域外へ。

o   得点

§  すぐに得点を認めない。ゴール近くにより、副審とアイコンタクト後に合図する。

o   PK(試合中)

§  主審・副審のポジション確認、キックをする競技者を特定させる。(何番が蹴ります)キッカーとGK以外の競技者がエリア内やアーク内にいない事、各エリアのラインを踏んでいない事を注意する。

§  競技者の侵入とキッカー、インプレーを主審は監視、副審がゴールキーパーのインプレー前のゴールラインから離れるのを監視

§  得点となることを前提としない。様々な事が怒る事を想定する。

       インプレー前に競技者がエリア内・アーク内に侵入する

       ゴールキーパーの前への移動でノーゴールはGKにイエローでやりなおし。

       ポストに弾かれたボールを再びキッカーが蹴るなど・・

o   PMK(ペナルティマークからのキック)

§  キックする人数を開始時もその後も両チーム合わせる(新)ゴールキーパーの違反でイエロー2枚で退場。その時、人数をPMK中に合わせる必要がでてきている。

§  キーパーの前への飛び出しは主審が監視する、ARはセンターサークル内で監視とゴールラインをボールが割ったかどうか監視する。

§  主審のポジションはゴールエリアの角近く、副審はゴールエリアとラインとの交点

o   副審

§  オフサイドラインの徹底キープ。出来る限りサイドステップ(フィールドに正対)

§  フラッグは左手で持つ、オフサイド、コーナー、ゴールはその位置で右手で挙げる。ゴールラインからハーフウェイに戻る時は右手に持ちレフリ−に見せる

§  オフサイドの監視はウエイト&シー ゆっくり見ること。プレーへの干渉まで待つ。11でオフサイドが成立しそうな時は早めに。ゴールキックやゴールキーパーがボールを保持できそうな時はフラッグアップしない。

§  主審が気づかない時はフラッグを振る、主審を呼ぶ、明らかにクリア後は下げる。

§  オフサイドの開始位置は12mレベルは厳密化せず、早いリスタートをさせる。

§  ゴールキックの時はゴールラインまで完走し、右手でフラッグアップ

§  ゴールキック再開時はボールがゴールエリアに静止していることを確認し、つぎにペナルティエリアからボールが出るのを確認できる位置、その後オフサイドライン

§  フラッグ上げる手はまっすぐにして上げる。§  どちらがスローインするかゴールキックかコーナーかが解らない時はフラッグを上にあげたまま、主審とのアイコンタクト後に合図を合わせる。

posted by zutto4q at 07:24| Comment(3) | 試合の進め方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

初心者・副審で気を付ける事

審判初心者の頃は「副審」からスタートすることが多いと思います。

そこで副審をやったときに気を付けるべきことをニ、三、取り上げてみます。

副審の役割で最も試合中に多いのはいわゆる「タッチジャッジ」の合図です。

競技規則には「ボール全体がフィールドの外に出た時」とあります。

特にタッチラインの監視はラインのすぐ上に視線がくるように、斜めから見ないで監視することです。ラインから離れて見ていると、フィールド側の競技者から観るとボールが出たようにみえるのに、副審はタッチラインから離れて観ているとまだ、フィールドにボールの一部が掛かっているように見えたりします。

ボールがタッチラインギリギリから出てフラッグアップした時に、よくベンチから

「ボール、まだ、出てない」

という声があがる事があると思います。

これは、タッチラインから離れて見ているベンチはボールがラインに掛かっているように見えてしまうからです。
この様な時も、焦らず、ベンチの声に惑わされずにジャッジするようにしましょう。
当然、副審自身がタッチラインから離れた位置から見てしまうとボールが残っているよに見えてしまうので、フィールド内の競技者や主審と異なった見え方になってしまいます。

できるだけ、タッチラインの真横からボールを見るようにすることが重要です。

しっかり見てはいても、副審サイドの近いところではなく、レフリーサイドといって、副審が位置しているサイドではない反対側のハーフでは、どちらのチームの競技者に最後ボールに触れてボールが外に出たのか解らない事が多々あります。そういう時はすぐに方向を指し示さずに、まずはボールが外にだた事を知らせるために旗を真上に挙げたままにします。
主審サイドであれば、主審が指し示した方に合わせて、後から方向を示せばいいと思います。
同様にオフサイドラインを気にしながら、その近くでのボールアウトした場合なども判断が難しい時があります。これも、やはりフラッグップしたままでも仕方ありません。

よく、適当に「バッツ」と方向を示してしまいがちですが、どちらか解りにくい時や解らない時は主審と「指し違い」とかにならないよう、上記のように対処しましょう。

少年の場合は大概が「マイボール」と判断したチームの競技者がボールを取りに行くことが多いようです。(あくまで参考ですが)


もう一つタッチジャッジで、

注意しなければならないのは、試合の前半が終わって、後半になった時です。

それぞれのチームの攻めるゴールが前半とは変わりますので、頭の切り替えが必要です。解りきっているようでミスが多発します。
後半の最初の何分かは、より集中して、ユニフォームの色と攻めるゴールが変わった事を意識しておきましょう。

「青が右のゴールに、青が右のゴールに」と意識付けします。

これは結構ベテランになっても、後半の入りをぼーっとして、開始してしまうと、見事にスローインの指し示す方向を反対にしてしまうことなどがあります。 
ボールが真横に出た時などは本当に要注意です。
(攻守の方向に蹴られたボールが外に出た時はわかりやすく、その反対に旗を上げればいいのですが。)

もちろん、タッチジャッジだけでなく、この後半の攻める方向が反対になることは、オフサイドの判定にも関係してきますので、どちらのチームが守備側なのかをしっかりと意識付けしておく必要があります。

後半の開始からわずかな時間帯は本当に注意して下さい。

posted by zutto4q at 06:00| Comment(0) | 副審 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気記事
    情熱FX大陸